FC2ブログ

鈴の音情報局blog

携帯関連の将来や最新の技術情報や業界の行く末などを適当に綴るblogです。 内容の信憑性は?余り信じない方がいいと思います。
本家の鈴の音情報局はこちら→http://suzunone.0g0.jp:8800/
スマホ・携帯端末アクセス[ランキング][アクセスシェア(グラフ)] (毎年10/1にログをクリア)
FC2のSSL設定を有効に変更しました。(http://⇒https://) ついでにアドレスもちょっとスッキリさせました。(suzunone.fc2.net)

クソな吐き捨て用

吐き捨てたいことがある時は、ここをご利用ください。
後で削除したい時は(したくなる可能性が有る時も)パスワードを設定しておいてください。
  1. 2037/11/11(水) 22:22:22|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:49

ノータッチ改札?アホだろ氏ねよ、海外のApple Payでの自動改札による二重課金問題に見るノータッチ改札採用の愚かさ

あったり前と言いたくて仕方がないバカシステムが生み出す問題が可視化されました。
Apple Payのタッチ&ゴー、海外では二重課金のトラブルも… ~ GIZMODO
たとえば、ニューヨークの地下鉄やバスを運営するMTA(Metropolitan Transportation Authority)は、一部の駅改札でOMNY(One Metro New York)という新改札機が運用されていますが、Apple Payでの不明な課金について苦情の申し立てが30件ほど寄せられたことを明かしています。
いわゆるタッチ&ゴーで運賃を自動的に支払えるサービスですけど、普通にメトロカードで改札を通り運賃を支払っているにもかかわらず、かざしていないのにApple Payでも同じ運賃が課金されてしまっていたんだとか。なおTwitterには、ロンドンの地下鉄でも同じような現象に遭遇したユーザーからの報告が複数寄せられているそうです。

NYの地下鉄でメトロカードで運賃を支払っているのに、何故かApplePayでも課金されるという問題。

これはApplePay側が通過するだけで自動的に課金するということが原因になっているとのこと。
Apple PayのExpress TransitがONになっていると起こることのこと。

日本でもSuicaの後続技術で行われるように研究がされているようですが、私はこれには大反対。
結局この記事と同じ問題が間違いなく起こることが始まる前から分かっているからです。
何の為にICカード機能で通信範囲を半径10cmに限っているのか、こういう技術を振りかざして便利と思い込む
技術のオナニー応用は私は全く評価しません。こまめに誤課金し、そのまま気付かない可能性も高く、
色々面倒です。

支払いではこういった自動化は事故の元でしかなく、誤課金に人間側が気付きにくい、気付いても判別しにくいものは
出来る限り自動化は避けるべきなのです。

近づけるというハードルを設けてあれば、カバンの中でも課金できる程度の無線化などはいいのですが、
設定しているだけで近づけなくても課金されてしまうのはアウト。
意識的にセンサーから離そうとしていても、課金される可能性があるものは絶対アウト。

将来の全ての課金を通して「タッチする」という動作を省くのには私は全力で反対。
それを省いたところで大したメリットもなく、皆が走って改札を通ってくれるわけでもなく、改札を通過できる
人数を数えても実際には歩くのが遅い人も混じっており、大して違いは無いと思われます。それよりも「支払う」という意思表示を何らかの動作で
表現でき、それが複数あるメディアの選択行為に反映できなければ過ぎたるは及ばざるがごとしの技術となります。

人間がどのメディアを通じて課金をするのか、意思表示して選択行動も出来ないような技術はゴミです。
この記事ではその選択行動を「Apple PayのExpress Transitをオフ設定」で行えと書いていますが、それでしか選択出来ないなんてゴミ過ぎです。
オフすることが選択スイッチなら、そんな技術は不要です。オンしっぱなしで使えて誤動作しない、それこそが重要です。

コメント欄でも触れていた方がいらっしゃしましたが、私もチェックしていました・・・これ。
タッチレス改札、発車準備 JR東 2~3年後目標 ~ 東京新聞
JR東日本がICカードのSuica(スイカ)をかばんやケースから出さず、改札機にタッチもせずに乗客が通過できる「タッチレスゲート」を二~三年後に導入する方向で検討していることが、関係者への取材で分かった。スマートフォンの専用アプリを活用する。情報の処理能力や電磁波の人体への影響に関する技術的チェックは終えており、来年にも駅などで導入に向けた実証実験をする。

「顔認証による改札や改札機自体をなくす仕組みづくりも目指す考えだ。」

これ、技術に溺れるバカの集合体。

だったら全ての施設の入り口のゲートなどを無くしてみろ。
はっきりと中と外のボーダーが分かることが大事だってことに気付いていない。

乗る意思がある人ばかりなら、ゲートを無くすのも問題は少ない。
だけど、それを知らない人は、入場の権利がないまま中に入ってしまう可能性もある。
中と外のボーダーを無くし、支払いシステムの選択行為もあやふやにしていしまう。
ブレーキの踏みどころを知らないバカの集まりです。

それよりも田舎の方までしっかり現状のSuicaやモバイルSuicaの対応をきちんと広げ切って下さい。
スマホで乗ってもスマホで降りれない駅がある方がよっぽど問題です。
ノータッチで入れなくても詰むことは無いけど、無人駅でSuica等で降りれないと完全に詰むでしょう。

何にせよ、いい加減このノータッチ改札の構想はさっさと諦めてもらいたいものです。
間違いなくトラブりますからね。

こういうノータッチをそのまま進めていった場合、何かで裁判になった時、支払いの意思が有るか無いか、
どうやって判別するのか、示してもらいたいです。そういった無用な自動化はユーザーとして非常に迷惑。
一定の支払い行動を排除する所までして欲しいなんて私は絶対に思いません。

こういうのは”ある程度”の頃合いを見極める必要があるのです。



私はこういう技術の使いどころのバランスを理解していない未来の構築が大嫌いで、ここ最近のAIフィーバーや
自動運転への期待の暴走にも辟易しています。

スマホ業界から始まって派生したのはAppleWatchに始まったスマートウオッチブーム(IT系ニュースメディアのね:-P)
私はスマホですらウザい大量の通知を、更に身に近づけるのかと、狂気の沙汰を感じたものです。
好きで使っている一部の人の存在は当然いてもいいとは思いますけどね。
スマホの使い方も人それぞれですし、スマートウオッチの使い方も人それれでいいはずですから。
電話やPCは、家から持って出れることが重要なのであり、カバンの中か腕についているのかまでは多くの人
には重要ではないのです。その距離感を図れない人が一時期将来はスマートウオッチブームがくると、
騒いだ記事を書いていたのです。私は冷めまくって冷たい目で見ていましたけど。(当時の記事参照)



AIに関しては色々思う所もあるので、また別に記事を書きたいなと思っているネタなので、温存しておくとして、
完全自動運転に関してはGoogleが諦めて延期に走った時点で私も「これはもう一般化しない技術だな」と感じました。

完全な自動運転は部分的に使われるような技術にはなれるとしても、一般化して個人向けのメインストリームになる
ような技術ではないと信じています。

事故を起こさない完璧なものは絶対にはできませんし、最終的には”責任の法の問題”が必ず立ちはだかります。
なので自動運転は人間の補助担当までが限界で、最終的な責任は運転席に座る人が持つことになると考えています。
つまりはAIによる完璧な自動運転が実現しても、運転免許証は不要な車は少なくとも日本では不可能かなと。
私の中ではそう答えを出しています。

あれだけ実走距離を重ねたGoogleが出した答えが"延期"だったので、恐らくそういうことなのだろうと思ったのです。
案の定、その後自動運転で事故が色々報告されていますよね。


東京オリンピックでは自動運転車が活躍するとのことですが、それはピストンバスや構内移動などの限られた場を
ゆっくりと走るもののみです。ようは”単純作業”の為に二種免許持ちを割りあてられないという単純なコストダウン(?)
であり、どこでも自由に運べるタクシーを代替していないのです。

取り敢えず自動運転は速くても時速30~40Km迄のゆっくりとした速度域で、決まったコースを走る用途にしか
使えないでしょう。自動運転用のマーカーなどを埋め込むという話もありますので、将来的には決まった一般道を
走る所まではいきそうです。道路や信号機にマーカーやセンサー、通信装置を埋め込んだりして、一般道でも使い物に
なる所までは持ってくるでしょうけど、運転免許が必要にならなくなる完全なる自動運転化までは無理でしょうね。

私は路線バスが無人運転化するだけで十分だと思いますよ。
コースに色々埋めたり細工したりして、それで安全性が確保できれば十分実用域です。


私はそれでいいと思っていますし、それは冒頭の記事として扱った、ノータッチ乗車のやり過ぎによる弊害と
同じ事が発生すると思っています。
それで十分ですし、それでいいんですよ。なんでもやり過ぎない所が一番おいしいのです。


そんなわけで、私はノータッチ改札はアホの極みと考えていますし、自動運転の一般化は絶対無理で、
路線バスまでがスイートスポットと考えています。スマートウオッチブームと騒がれた結果がこの有様と
見通していてその通りになった結果から、そうなるだろうと思っております。

  1. 2020/01/25(土) 15:54:05|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

関東の私鉄系のモバイルPASMOが登場へ、当然本物のモバイルオンリーなのでAndroidだけ対応です・・・ApplePayでそれらしく真似していたイカサマモバイルカードのiPhoneには当面は乗らないとのこと

やっと交通系のモバイル電子マネーの二つ目が登場することになりました。(長かった~(;´Д`))

「モバイルPASMO」はApple Pay対応? モバイルSuicaと共存は?PASMO協議会に聞いた ~ engadget
21日に突如発表された「モバイルPASMO」。モバイルSuicaと同等の機能をできる私鉄連合のモバイルICカードで、首都圏の私鉄の定期券も搭載できるという点が大きな特徴となっています。

「モバイルPASMO」、2020年春サービス開始。Androidスマホが対応 ~ engadget
首都圏の私鉄・バス事業者などが加盟するPASMO協議会は、交通系電子マネーPASMO(パスモ)のスマホ版「モバイルPASMO」のサービスを2020年春から提供すると発表しました。
従来のPASMOカードと同じように電車やバス、お店での買い物などに利用できる交通系電子マネーで、スマホからクレジットカードでチャージする機能も搭載。さらにPASMO加盟会社の一部の定期券を購入することもできます。
当初の対象機種は、Androidスマートフォンのみ。より具体的な要件として、Android 6.0以上がプリインストールされた機種かつ、おサイフケータイの対応機種であることが挙げられています。

Android™スマートフォンで、より便利に「PASMO」をご利用いただけるようになります
2020年春からAndroid™スマートフォンで、PASMOのサービスがご利用いただけるようになります。現在のサービスに加え、場所を選ばずクレジットカードでのチャージや定期券の購入ができるようになり、ますます便利になります。
※対応端末についての詳細は、2020年3月初旬にお知らせいたします。
【鉄道】
小田急電鉄株式会社
京王電鉄株式会社
京成電鉄株式会社
京浜急行電鉄株式会社
埼玉高速鉄道株式会社
相模鉄道株式会社
首都圏新都市鉄道株式会社
新京成電鉄株式会社
西武鉄道株式会社
千葉都市モノレール株式会社
東急電鉄株式会社
東京地下鉄株式会社
東京都交通局
東武鉄道株式会社
北総鉄道株式会社
株式会社ゆりかもめ
横浜高速鉄道株式会社
横浜市交通局
株式会社横浜シーサイドライン

【バス】
小田急バス株式会社
株式会社江ノ電バス
川崎市交通局
川崎鶴見臨港バス株式会社
関東バス株式会社
京王電鉄バス株式会社
京成バス株式会社
西武バス株式会社
相鉄バス株式会社
立川バス株式会社
東急バス株式会社
東京都交通局
西東京バス株式会社
日立自動車交通株式会社
横浜市交通局

※券種等のモバイルPASMO定期券の詳細については、2020年3月初旬にお知らせいたします。

と言っても関東圏なので、元々優位にある場所が更に優位になるだけの話です。
今迄関東の私鉄圏の方はちょっと不便な思いをしているというか、カード型しか選べなかったので、それがスマホ一つで
纏められるようになったのは朗報です。これで関東圏だけが国内でフルで交通系が網羅したことになります。

ちなみに既存のPASMOは交通系として、既に国内全域で使用可能です。
なのでモバイルPASMOも全国で使えるだろうと予想されます。



とは言え、我が関西圏はというと・・・。

モバイル環境は、関東圏のモバイルSuicaのみ。
関西圏のICOCAではないので、モバイル環境には定期券をスマホに入れることは出来ません。
まあコンビニとか、ファミレスとか交通以外の電子マネーとして使う時はほぼ関東圏のものでも普通に関西で
使えているので、問題は大きくは無いのですけど。でもモバイルICOCAがない以上、定期券はカード型のみ。
新幹線のチケットに至っては、券売機はモバイルSuicaの読み取りにすら対応しておらず、絶対に現金でしか買えません。
機械では買えないので、現金で機械で買うか、みどりの窓口に並んで結局そこも現金での購入となります。
新幹線にのチケット購入時は必ず現金かクレジットカードでしか払えず、ほぼ嫌がらせでしかないような状態です。


それはそうと、このモバイルPASMO、とりあえずAndroidオンリーという形での登場となります。
理由は簡単。

iPhoneのイカサマモバイルSuicaとは違い、Androidは純正のネイティブで対応された本来のモバイルSuicaであり、
ApplePayでカード型を吸い取った偽物のモバイルSuicaとは違うのです。

そしてApplePayに入り込むにはアップルの協力が必要となります。
なので対応されるとしても、恐らくはiOS14になって以降でなければ対応されないでしょう。

今からならよっぽどシャンシャンでいかないと、iOS14には間に合わないような気がします。
海外に対して宣伝効果の高い日本の市場にしがみついて、どのタイミングで対応させるのかちょっと楽しみです。
アップル的には日本の市場は譲れないですよね?ほれほれ、中国陣営に押されまくってどんどんシェア下がってるよ。


私はモバイルPASMOのプロジェクトが動き始めたのは、安倍政権の電子マネー推進の背景が有ったからだと考えています。
国のトップが「やるぞ!」と号令をかけたんだから、社内での説得もやりやすかったのではないかと思っています。

こうなると盆暗なのはICOCA陣営。
関東圏とは違い、何かにつけて非常に甘い考え方だなと感じています。
私は何度もモバイルICOCAを作ってと、色んな方にプッシュしてきたのですが、駅やみどりの窓口で言っても、完全に他人事。
キク象ボックスに意見を投函しろとどこでも言われる。それが一番効果が有るらしい。
でも効果が無かった、その最強なはずのキク象ボックスが。


ああ、あと関西には私鉄・地下鉄系のPiTaPaというポストペイ型の交通系カードが有りますが、これは全国交通系の
相互利用には入っていません。関西圏は登場時からICOCAとPiTaPaは仲が悪かったのです。
そのPiTaPaがほぼJR系の相互利用ネットワークに参加するとか考えられません。
でも結局その状態で困るのは客の方なんですよね。
関西圏以外に出る頻度の高い人でPiTaPaを利用している人は、ICOCAやモバイルSuica等も持っていく必要があるのですよね。
完全にアホです。客の事なんか二の次なのが関西の交通系の事情です。


遅ればせながら過ぎますけど、でも関東圏にはモバイルの交通系が二つ誕生するという、うらやまし過ぎる
状況になったことだけは確かです。JR西日本・・・氏ねよ!

  1. 2020/01/23(木) 01:50:12|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

クアルコムがAnTuTu v8で9万~21万点帯のミドル域プロセッサを一挙に底上げの発表、もはやミドルが市場を引っ張る時代に

【ReaMEIZU】
 ●Qualcomm Snapdragon 720G Mobile Platformを発表
 ●Qualcomm Snapdragon 662 Mobile Platformを発表
 ●Qualcomm Snapdragon 460 Mobile Platformを発表

【engadget日本版】
 ●クアルコム、モバイル向けSoCのSnapdragon 720G/662/460発表。4G端末の性能底上げ


なんかもうすごい。
クアルコムがミドル・ローからミドルハイにかけて、この春~秋に向けて発売される機種向けのプロセッサの発表の応酬です。
AnTuTu v8でいうと、9万~21万点辺りのプロセッサを厚くカバーしてきた感じです。

この辺りのプロセッサのプロセスルールを少しづつ格上げし、モデムや各種ペリフェラルをアップさせていく形と言えます。

例えばSnapdragon 662/Snapdragon 460では以下のような感じ。
 Snapdragon X11 LTE Cat.13(390Mbps)/13(150Mbps) / Bluetooth 5.1 / Wi-Fi 6 / 11nm

モデムは最低限がLTE Cat.13(390Mbps)/13(150Mbps)に、Bluetooth 4.1/5.0を5.1に、
Wi-Fi 4/5は6に、プロセスは最低ラインが11nmに上げたと言っていいと思います。

まだ古いプロセッサを製造しているラインも有るでしょうが、最先端の上位プロセッサの11nmラインを順次これの
製造に入れ替え、もっと古いラインの製造を止めて7nmの上位ラインや5nmに入れ替えていくものと思われます。
要は将来の為のラインを確保するために、古いラインを止めて11nmを最低限のラインとする為のラインナップと思われます。
クアルコムは11nmを最低ラインに持ってこようという意図なのでしょう。

確保したラインはずっと継続して使わせてもらった方がコストを下げやすく、価格交渉にも有利に働きますしね。

少なくともクアルコムはミドル・ローやロー・ハイクラスの底上げを図っていくつもりのようです。
本当のローエンドの底上げは、MediaTekが底上げを始めないといけませんけどね。
まだ一部ローエンド向けに32bitのCortex-A7を使用したものもラインナップしているので。


しかし確実に底上げは進んでいるなと思ったクアルコムの動きでした。
もうAnTuTuが5万を割るローエンドは消えてなくなっていく時代に突入し始めたのかもしれませんね。
まあAnTuTu自体がアップル応援対応の為にバージョンが上がるごとにずるずるインフレしていることもあるので、
単純な上がり方をしているわけでもない所が微妙ではありますが・・・。


こうなると困るのがアップル。
A11迄はアップルのイメージ上のこともありますしセキュリティー上使えませんし、A12はミドルというには7nmですし、
9.89x8.42の83.27平方mmでミドルの割には大型チップですし、高効率コアの為の高コストプロセスの製造ラインを
占有してしまう。ちょっともったいない状態となってしまうのが、使用クロックを落として歩留まりを上げて使うという
ケースも考えられなくはない。

例えるならば、4000ccのエンジンのインテークを絞り、ECUを弄って回転数を落とした使用法で性能を落としても、
軽自動車やファミリーカーには向かないみたいなものと言えるかも。どっちにしても、ホームランスラッガーみたいな
プロセッサしか持たないアップルは、今後難しい選択になっていくことになりそうに思います。


クアルコムも本格的にMediaTekとの牙城を、上側から攻めていくことになりそうです。
Kirinプロセッサと共に、今後のつばぜり合いが楽しみです。


最後に、各AnTuTu v8が載っているページをリンクしておきます。
【1/7最新】Antutuベンチマークスコア、Soc別総まとめ ~ telektlist

  1. 2020/01/22(水) 00:59:58|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

のび・・・ソニーのくせに!!今更ながら、超正攻法の明るい巨大センサーの採用で評価アップ・・・のび太のくせに!!

夜景強化か!? 次期Xperiaは最新ソニー製「デカイ画素」センサー搭載の可能性 ~ すまほん
気になるのがソニーセミコンダクタ製の新型カメラセンサーIMX555について。これは1200万画素、画素サイズは1.8μmとのこと。これは未発表のカメラセンサーではあるものの、Ice Universe氏やIshan Agarwal氏といったリーカーがその存在を肯定するものです。
ここで思い出していただきたいのが、昨年の投稿。2019年7月、Zackbuks氏は「1/1.7 12MP、正気じゃねえ」と投稿したのです。
センサーサイズが1/1.7インチで、画素数が1200万に留まるということは、画素あたりのサイズはいくらなのか?当時計算したところ、画素ピッチは約1.9μm程でした。これは今回IMX555の画素サイズとされている数値とほとんど一致するのです。

センサーサイズが1/1.7インチで画素数が1200万というとんでもないセンサーをソニーが搭載してくる模様。
今迄は画素数だけに拘り、ノイズだらけの画像をソフトでごまかす為に折角の画素数を塗り壁にした
全然画素数が活きないクソな写真を展開してくれていました。

それがここで手のひらを返し、なんとまあ信じられないほど実用的なセンサーを搭載する可能性が報じられて
いて驚きました。画素数競争ではもう中華メーカーには勝てなくなってきたので、実用方向に振らざるを得ないと
いう事情はあるにせよ、ここまで本気で画質に拘ったセンサーを搭載する噂は初めてです。
本当か嘘かはまだ判別できませんが、本当だったらこの巨大サイズのセンサーをスマホに載せるなんてのは
驚き以外の何物でもないと思っています。

  1. 2020/01/15(水) 19:34:34|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:18

アップルが実質値下げ、分割金利ゼロキャンペーンを延長

Apple、最大24回の分割金利0%キャンペーンを2020年3月31日まで延長 ~ iPhone Mania
Appleが2020年3月31日まで実施期間を延長した、最大24回の分割払い利用時の金利を無料にするキャンペーンは、2018年11月に開始され、2019年11月に2020年1月12日まで期間が延長されていました。

お?
お?お?
お?お?お?

金利無料ですよ、延長ですよ。

これ、アップルファンは喜んでいいのですかね?
安く手に入れられればなんでもいいのですかね?
お布施しなくてもいいの?

つーーか、あんなに値下げしなかったはずのアップルが、実質値下げの金利ゼロでしかもそれを延長って・・・。
いやはや・・・アップルもついにここまで来たんですね。

  1. 2020/01/14(火) 19:20:51|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

挨拶のスピーチに割く時間とプリインアプリは少ない方がいい・・・嫌われ者のクソアプリをプリインしたがるキャリア達

「Android端末へのプリインストールアプリを制限せよ」米人権団体、Googleに要求 ~ すまほん
アメリカ自由人権協会、アムネスティインターナショナル、電子フロンティア財団、プライバシーインターナショナルなど総勢50以上の団体が、GoogleのCEOに対し書簡を送りました。
書簡の内容は、Android端末へのプリインストールアプリの制限を求めるものです。
こうしたパートナーによるプリインアプリのほぼ全て(91%)が、Google Playを通じたAndroidアプリのようなセキュリティ検査を受けておらず、しかも削除できないのだといいます。

この記事はアメリカのことなのですけど、日本だって負けてはいませんから。
アメリカの場合は恐らく端末メーカーがプリインしているアプリだと思われますが、
日本のキャリア主導のAndroid端末の大きな問題がキャリア謹製のクソアプリ、これが大問題。
キャリアアプリの比ではないぐらい酷い。(日本ではキャリアとメーカーの両方入っていますよね)


日本のキャリアはSIMロックが大好きです。
元々村社会から始まっているのが日本の社会で、そこからはみ出したら村八分。
囲い込みと排除が大好きな国民性です。
なのでSIMロックはキャリア主導の防衛手段だけでなく、日本人的な発想ととてもなじみがよく、キャリアも当たり前の
ようにかけ続けてきました。しかしそれは総務省により無力化され、まだ完全撤廃されていないとはいえ風前の灯です。

そうなれば、SIMロック以外で同様の効果を得られるように考えます。
それが「絶対消せないクソアプリ」です。

もちろんSIMロックを外せばスマホとしては機能します。
なのでクソアプリはSIMロック程の効果は有りませんが、ウザい通知を定期的に送るなどでスマホとしての
使い勝手を悪化させることに貢献し、より不快なスマホライフに貢献しています。
こうしてユーザーに反撃することが日本のキャリアは大好きです。

あと別の記事のコメ欄にも書いてくれた方もいらっしゃいますが、やはり対応帯域問題もキャリアにとっては大きな武器ですね。
コメ欄を見るとどうやらキャリアごとに端末の帯域を分けて開発しているのって後ソニモバぐらいしかないのではないかということ。

私は日本のメーカーは馬鹿だからいつまでもキャリアごとに帯域を分けて端末の共通化をしないままだと思っていました。
思ったよりも帯域を共通化しているようで安心しました。
ていうか、普通に考えたら全キャリアの端末共通化なんて4~5年前には終えておくべきことでしょう。
多少部品コストが上昇した所で、キャリアごとに端末を生産、小ロット多品種の管理費増の方がはるかに問題ですよね。
余分に確保してる部品の在庫問題を考えると、端末の共通化が真っ先に必須のはずですが・・・。
まあソニモバ以外は解消されているという情報を信じて、ソニモバだけクソと言っておきます。


そもそも日本のキャリアがおかしな防衛手段に追われるのは、0円やキャッシュバックを付けて端末を
ばら撒くことで客を確保し、後の通信費でとりもどそうとするのでこんな不健全なことになっています。
普通に端末を適正価格で売り、端末販売でもきちんと利益が得られていれば、むしろMVNOユーザーにも
自社の端末を使ってくれとなるでしょう。本来の味方を敵に変えてしまっているので、そんなクソなことをして
端末の価値を下げなければいけないのです。

日本のMNOは客となるユーザーの間口を広げ、MVNOユーザーからも利益が出るようなサイクルを
作り出す必要があると思っています。

そこにこういったプリインストールのクソアプリ問題もそろそろ答えを出すべきでしょう。
ここで抵抗ばかりしていると、アマゾンやExpansys、ETORENや、一般のショップが輸入している端末に
敵わなくなっていきます。

既にスマホの買い方が変わり始めているのです。
私個人も色んな所でSIMフリースマホの良さを説き、積極的に選べる人を増やす活動を行っています。
日本のキャリアがクソすぎるからです。

要らないアプリを全部消せることは大前提です。
その上で出来るだけクソアプリの数を減らす。
こんなユーザーに嫌われているものをいつまでも温存し続けている限りキャリアの端末を買うなと言い続けます。

え?iPhone・・・?(ぷっ)   ←お情けで名前だけ登場させてあげましたw

  1. 2020/01/13(月) 22:07:58|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

【新タイプリス〇〇ス】14年前のiMacを(意図的に?)誤って売るアップル、iPhoneのプロトタイプのオークション出品技を塞がれた結果の苦肉の策?

世の中リス〇〇スなんて言葉が某番組のお陰で緩ーく流行ってしまったようですが、
なんとなくそれに似た傾向の動きを見せている企業がこっち方面に有ったりします。

Apple、うっかり14年前のiMacを販売。次期iMacの発売準備と関係? ~ iPhone Mania
Appleの公式オンラインストアで、14年も前の17インチiMacが購入可能になっていたことが分かりました。新型iMacの発売準備中に起きたミスが原因、という可能性もあります。

これは恐らくいつものミスと見せかけた「こっち向いて作戦」と思われます。

アップルは過去にもiPhoneのプロトタイプがオークションに出品されて(して)みたり、
あの手この手で世の中の興味を引こうと必死でした。

今回は誤って14年前のiMacですが、「誤って」ネタの急激な劣化を感じずにはいられません。
そもそも今のiPhoneを買っている層の大半はMacに興味ありませんし、Macを買っている層も
ここ5年以内、長い人でも精々10年以内にMacデビューした人って所ではないでしょうか。

その中で旧モデルに興味のある人なんてどれだけいるでしょう?
いやいや、そもそもそこまでMac事態を深く知っている人が居るの?って思わずにはいられません。


Apple Watchの「命助かりました」シリーズももうかなり食傷気味ですし、でもまだアップルが苦しい限りは
こいうった「誤って」やら感動シリーズは続くものと思われます。

  1. 2020/01/13(月) 19:32:06|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

iPhoneは近い将来累計20億台販売を達成、一方Androidは1軽く累計100億台を突破

iPhoneの累計販売台数、20億台到達が近付く ~ iPhone Mania
2020年度のiPhone販売台数は2019年度から増加し、iPhoneシリーズの累積販売台数は、もうすぐ20億台に到達するとみられます。
■2020年度、iPhoneの販売台数は1億9,500万台か
2020年度にiPhoneは1億9,500万台が販売され、これは2019年度の1億8,600万台から増加するだろう、と8人のアナリストから得た情報をもとにカナダメディアBNN Bloombergが伝えています。

すげーーー、すごいよアップル。

iPhoneがそう遠くない未来に2累計販売台数20億台の大台を突破するようです。



Androidは二年で20億台以上を余裕で突破していますけどね。
Androidは10年で130億台?
多分iPhoneが20億台を超える頃にはAndroidは150億台に近づいているか、超えていると思われます。

はい・・・お疲れ様でした。

  1. 2020/01/13(月) 10:06:10|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

「最新スマホが高すぎて引いた」 スマホの高額さが市場を健全に向かわせた原動力・・・世の反発と、それを目指してきたこのブログの道筋

嬉しい、ひたすら嬉しい。
私が目指した世の中についに到達し始めた感触を感じることが出来ました。

「最新スマホが高すぎて引いた」 スマホ買い替えに漫画に「わかりみしかない」と共感の嵐 ~ ねとらぼ
最新モデルは画質もカメラも性能もすごいけど……。

 3年間使ったスマホの寿命が尽き、買い替えに来た主人公。店員さんに最新モデルの値段を聞くと「12万円(税別)」、思わず「たっか」という声が漏れます。最新モデルは「カメラがともかく綺麗」「画面も高画質」「サイズも大きい」のですが、主人公がしたいことは「ツ○ッター見たいだけ」。最新モデルではかなりオーバースペックです。
ブランドにこだわらずに探した結果、別の店で2万円のスマホを見つけた主人公は、「正直これでも十分高い」と思いつつも購入。「操作性がちょっと悪い」「同じアプリが無かったりする」とデメリットもあるものの「十万の差は埋まらない」。どうせ2~3年で壊れるだろうから10万円は払えない、と割り切ったコメントで漫画は幕を閉じます。

この記事を見て、私は心底以前私が目指してこのブログで提唱していたことが間違っていなかったことを確認しました。
冒頭にも書いた通り、本気で喜んでおります。


スマホが無駄に高い。

12万円のスマホが高すぎる。
やりたいのはツイッターだけ。
「そんなものに12万円も払えるか!」
「同じアプリが無かったりする」

アプリが違う端末ということから、恐らくはiPhone→格安Androidに移行したであろうことが予測できます。
というか、それしか考えられません。

iPhoneが高い、高いから買わない・・・ということはiPhoneが良くて買っていたのではなく、安いから
iPhoneを選んでいただけという選択理由が見えてきます。

高ければiPhoneは選ばない。
ツイッターをしたいだけだから2万円程度のスマホで十分。

非常に自然で正しい選択行動が見られます。
またこのツイートに付けられたコメントも、ほとんどがそれに同調し、似たような意見が目立ちます。


私は端末と回線の分離を提唱し、端末の値引きの原資を他の機種を買った人が払った回線代から
iPhoneを買う人に回されているということに対して異を唱え続けていました。

端末は定価販売せよ。
あくまでも値引きをしたいなら回線代で行え。
端末と回線の値引きをセットにして行うなと、世の中の抵抗をものともせずにこのブログで書き続けていた時期が有りました。
その事を書き続けていたら、安倍総理が携帯代を安くせよという号令の下、総務省がそのように動き始めました。

しかし総務省は私が思っていた通りに動かそうとしても、キャリアが猛反発して抜け道を編み出し続け、
結局端末の価格だけが上がり、回線代が思ったようには値下がりしませんでした。

そもそも石川氏を始め、携帯クラスタのライターさんたちが記事で暴れる暴れる。
いや総務省が動き始めた時から「端末代が上がって官製不況が起こる」と死ぬほど反発。
自分らが記事にする為に安く端末を手に入れたいだけだろ・・・(ぼそっ)


当然私はそんな官製不況記事なんて全く相手にしません。

あくまでも私の目的は、日本のキャリアと客を利用して、アップルが日本から金を抜いていくだけの、
独り勝ち搾取による構造的に日本の金がアップルに流れていくという携帯不況をなんとか止めて、
日本の為の形に作り替えたいという願望が有りました。3キャリアがこぞって競い合い、
アップルにお金を運び続ける構造が出来上がっているって絶対おかしいでしょ。
アップルにお金を運ぶために客には値引きするどころかお金にiPhoneを付属して配っていたとか完全に異常。
それを携帯業界の人が是正を試みている私の意見や総務省の動きを、官製不況という言葉を作り上げて
脅して是正を阻むというクソな状況・・・氏ねよ!



当時、アップルが世界の携帯業界の利益のほぼ100%を占めているという記事がiPhoneManiaや、
気になる、記になる…辺りで毎年記事に上がっていました。

この中の幾らかは、日本のキャリアが客から集めたものをそのままアップルに献上しているだけのものです。
0円端末や、更にその上にキャッシュバックで客には5万円、10万円、100万円払っていても、当然アップルは
日本のキャリアからしっかりと端末代は耳を揃えて受け取っているわけです。

しかし今キャリアは不況で喘いでいませんし、死にかけてもいません。
むしろ当時よりも株価が上がってるぐらいです。
だって、余計な端末の値引きの為の金を払わずに済んでいますから無駄に利益が削られないのです。

あれだけ「官製不況」とか騒いでいたライター陣はその事を忘れたかのように、5Gがどうこうやら、
中華端末についての目白押しのネタを書いています。
売ったら売った分だけ儲かる、当時よりも端末が売れなくなっても利益はきちんと確保できている。

そりゃ日本の端末メーカーは困っている所も有るでしょう。
しかしシャープはちゃんと分っているから客が欲しがる端末を作り、シェアを伸ばしています。
馬鹿のソニーは死にかけていますが、あんなクソな端末しか作っていないから死にかけていて当たり前です。
富士通は自業自得・・・いや、キャリアの責任の方が大きいかも。
でもメモリの空きがほとんどない端末を平気で作っていたりしたのは富士通自身の責任ですしね。
やっぱりアホ過ぎるということで、落ちていくメーカーにはそれなりに理由がありました。

結局大きく伸びてきているのは中華メーカーです。
日本で中華が花開いていますが、それなりにコストパフォーマンスのいいものを作っているのですから、
売れて当たり前です。アップルのように携帯端末業界の利益の60%とか占めずにきちんと客に還元しています。

日本のメーカーは本当に何が求めれているのか、それを今ですらきちんと分かっていないので、
余計なものばかり盛って端末価格を釣り上げていますから、中華に抜かれて当たり前なのです。
ソニーとか、落ちぶれて当たり前のものしか出してないですしね。
ずっとソニーを応援していた私にここまで言わせるんだからもう話にならない。

中華が持っていったとは言え、未だにアップルが世界の携帯端末の世界の利益の半分以上をもっていっていると、
iPhoneManiaが未だにホルホルしているように、中華はきちんと以上利益を乗せず、競争原理の中で客にきちんと
還元しているのです。以前よりは落ちぶれていてもまだまだアップルは搾取企業です。
だからそれに気づいた人から順に、脱庭ならぬ、脱🍎を行っている最中です。

それを証明しているのが冒頭の記事で扱われている内容です。
偉そうに官製不況とか騒いでいた人ら、この状況を想像してなかっただろ。
私が何を目指して回線端末分離を唱え、端末を定価売りしろと言っていたのか、今やっと気づいただろ。
いや当時のことを端末代が上がると騒いでいたやつらみな忘れているだろ。


安倍総理の号令や、高市大臣、総務省・・・そして私もここを目指していたのに、クソみたいに騒いでいた
やつらは猛省を要求する所です。

何も分かっていない人らですら「わかりみしかない」のですよ。

高市総務大臣「携帯料金は下がっていく」3社寡占問題に切り込む! ~ DIAMOND online
■通信料金も端末代金もそれぞれ競争が起きていく
――2018年8月に菅義偉官房長官が携帯電話料金について「4割程度下げる余地がある」と発言し、携帯料金値下げの議論が加速しました。高市大臣はそれ以前の15年9月に安倍晋三首相から携帯料金の値下げ策の検討指示を受け、この問題に取り組んでいました。当時から今に至る経緯を踏まえ、改正電気通信事業法の狙いを教えてください。
私が前回、総務大臣に就任したのは、14年9月から17年8月までの2年11カ月です。
就任した頃は、携帯端末の「0円キャンペーン」が実施される一方で、通信料金が高かった。このため、端末をよく買い替える人にとってはお得でも、代わりに他のユーザーが、その分の通信料金を高めに払っていたという問題がありました。
また、スマートフォンは「メールと電話で利用して、たまにインターネットで検索するくらい」という人なら、通信の使用容量は1ギガバイト(GB)未満で済みます。実際にこうしたユーザーが多いというデータもありましたが、当時の携帯電話の通信料金の設定は「3GBプラン」とか「5GBプラン」などが用意されていました。
これにより、使っていない容量の料金まで払っているという問題もあったので、携帯電話事業者には、ヘビーユーザー向けのプランの他に、ライトユーザー向けのプランなど、細かい料金設定をしてほしいとお願いしました。

『就任した頃は、携帯端末の「0円キャンペーン」が実施される一方で、通信料金が高かった。このため、端末をよく買い替える人にとってはお得でも、代わりに他のユーザーが、その分の通信料金を高めに払っていたという問題がありました。』
の部分。

これiPhoneを値下げして、毎年買い替えている人らが得をし、そしてアップルはその売れた分の満額を受け取る。
沢山売れたから決して値引きしてくれるわけじゃない。

なにせ携帯端末業界の利益のほぼ100%を持っていっていたと、ファンサイトが喜んでいたぐらいですから。
私からすれば、ぼったくられ、搾取されて喜ぶ・・・素晴らしい信者魂としか思えませんでしたけど。
未だにホルホル記事を書き、ぼったくりを称賛している始末・・・。

[2019年12月20日 11時49分]Apple、世界スマートフォン業界利益の66%を獲得 ~ iPhone Mania
Appleは世界スマートフォン市場において、業界利益の66%、売上高全体の32%を獲得していることが、調査会社Counterpoint Technology Market Researchの調査で明らかになりました。

[2018年9月20日 15時22分] Apple、2018年第2四半期にスマホ市場の利益シェアで62%を占める ~ iPhone Mania
スマートフォン市場において出荷台数シェアこそ3位に甘んじているAppleですが、スマートフォンから得られる利益シェアでは“独走”が続いています。
2018年第2四半期(4~6月)のスマートフォン市場を対象とした、調査企業Counterpointによるリサーチで、60億ドル(約6,600億円)をiPhoneで稼ぎ出したAppleは、メーカー別の利益シェアで62%を占めました。

さすがだヤマトの諸君、また会えて光栄だ。


あ、クロネコちゃいますよw (色々適当)

  1. 2020/01/10(金) 02:53:45|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
次のページ

最近の記事

機能リンク

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

ブログリンク

RSSフィード

QRコード

QR

月別アーカイブ



メールフォーム

お問い合わせ・ご質問はこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

suzunone.m(あっと)gmail.com に
直メでもOKです。