FC2ブログ

鈴の音情報局blog

携帯関連の将来や最新の技術情報や業界の行く末などを適当に綴るblogです。 内容の信憑性は?余り信じない方がいいと思います。
本家の鈴の音情報局はこちら→http://suzunone.0g0.jp:8800/
スマホ・携帯端末アクセス[ランキング][アクセスシェア(グラフ)] (毎年10/1にログをクリア)
FC2のSSL設定を有効に変更しました。(http://⇒https://) ついでにアドレスもちょっとスッキリさせました。(suzunone.fc2.net)

こんなの要らんですかね? 取り敢えず試して置いときます。

Xシリーズを落としたぶち入りiPhoneが可愛かった件

iOS 13.5.1配信 すべてのユーザーに推奨される重大なセキュリティアップデート ~ ASCII.jp
今回のアップデートについて、詳細な内容は記されておらず、0.0.1台ながら、すべてのユーザーに推奨される重要なセキュリティーアップデートとのこと。
同時に「iPadOS 13.5.1」の配信も開始。更新内容についても同様となっている。

さすがにこれはアップルも即対応せざるを得ないでしょうな。

絶対治せないハードウエアの脆弱性の後にこれですから、脆弱性のアップル、穴だらけの漏れ漏れiPhoneなんて
印象を残したくないでしょうし。(どこまでユーザーを騙し続けられるか・・・)

うちのiPhone 7も久しぶりに電源入れたら来ていました。


ただ、かなり減ってマシになってきたとはいえ、まだまだiOS13の呪いが消えない人はいるようです。
私はそれほど触っていないので、大きく困ることはないですけどね。


関係ないですが、先日電車内で綺麗なお姉さんが使っていたiPhone Xシリーズを見てちょっと感動。



めちゃめちゃフリーハンドで汚いですがイメージ分かります?
恐らく落として壊れたのでしょうけど、ハゲの片方がぶちになってとてもかわいい感じでした。

ハゲの部分は表示としてそんなに重要ではないものが来ることが多いので、それで何とかなっているのでしょう。
でもXシリーズはここには4GやWiFiの受信状態とバッテリーの残が表示されているはずですよね。

まあそれを気にしない人なら大して問題はなさそうです。

何よりもその「ぶち入りiPhone」の可愛さに感動させられました。
自分のものとしては欲しくはないですけど、なかなか珍しいものを見せてもらったと思います。

  1. 2020/06/06(土) 19:20:41|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ドコモとAGCが5G対応のガラスアンテナを開発

AGCがNTTドコモの5Gに対応したガラスアンテナを開発完了、2020年内に展開 ~ blog of mobile
AGCは第5世代移動通信システム(5G)のNR方式に対応したガラスアンテナの開発を完了したと発表した。
AGCはNTT DOCOMOと共同でNTT DOCOMOが運用するNR方式の周波数に対応したガラスアンテナであるWEVEATTOUCH (ウェーブアトッチ)の開発を完了したという。

ドコモとAGC(元旭硝子)は5G向けのNR方式に対応したガラスアンテナを開発したとのこと。
AGCは三菱グループの一員で、まだまだ日本の大手も技術を盗まれていないところは頑張っているなと感じています。

特にミリ波を含んでくる5Gは、近距離での通信の確保が大きな課題となっていますので、どこにでも設置できるアンテナは
非常に大切なものです。ガラスは窓が有ればほぼ存在するものなので、これは大きな要素技術かなと思っています。

日本の企業もまだまだ頑張っていますね。

  1. 2020/06/06(土) 07:14:40|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

GoogleはGoogle日本語入力を終了させ、Gboardを使ってほしいようです

私はAndroid上のIMEは基本的にはGoogle日本語入力ファンです。
しかし恐らくGoogleの意向はGboardを使ってほしいみたいです。

事あるごとにGboardへ切り替えさせようとします。
Pixel 3aでもデフォルトがGboardだったので、慣れる為にしたかなくGboardを使うことにして今日までGboardを使っています。

しかしGboardは便利な所もある反面、やはり長期にわたって練られてきたGoogle日本語入力の細かい便利さが
欠けている部分が少なくありません。

例えばQWERTYのアルファベット入力画面で、下スワイプで大文字小文字への反転入力(小文字モードで下スワイプで
大文字が入力、大文字モードだと小文字が入力できる)が出来ない。これはGoogle日本語入力で頻繁に使っていたので
現在進行形でめちゃくちゃ不便。なんでこんな重要な機能がGboardで省かれているのでしょうか。マジであり得ない。


でもGoogleがGoogle日本語入力を捨てつつあるのは強く感じております。
最後の更新日は2019/01/27で、Androidのアプリにしてはかなり放置の方だと言っていいと思います。

■Google日本語入力
 最終更新日 : 2019年01月27日
 ”今日”の変換:平成32年6月4日
 ダウンロード数 1億以上

■Gboard
 最終更新日 : 2020年6月4日
 ”今日”の変換:令和2年6月4日
 ダウンロード数 10億以上

ダウンロード数の違いが”今日”の対応にもモロに影響しているって感じですね。
やはり多言語対応の違いがダウンロード数に大きく影響することがわかると思います。

最近”今日”を入力して”平成32年”と出た時、Google日本語入力が完全に終了してしまっていたことを確認。
やはり使いにくくてもGboardへの移行が正解なんだなって思ってしまいました。


Googleさん、それならもっとGoogle日本語入力と同様の改編をお願いします。

  1. 2020/06/04(木) 23:35:39|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

まともなOSが組めない病にかかっているアップル、脆弱性の塊のiOS

はーーーーい、アップル曰く「安全なOS」らしい(でも最近はあまり言わない)、iOSの最新版の13.5を含む、
稼働中ほぼ全てのiOSを対象としたとんでもない脆弱性が公開。しかも脱獄ツールが既に公開されています。

「全てのiPhoneが脱獄可能」と称されるツールが公開。最新iOS 13.5も対象 ~ Engadget日本版
ゼロデイ脆弱性を利用しているとのこと

全てのiPhoneに利用可能と称される脱獄(ジェイルブレイク)ツールが公開されました。
一部で知られた脱獄ツール「unc0ver」の最新版v5.0.0であり、対象とするiOSのバージョンは11.0以降です。最新のiOS 13.5をインストールした最新モデルでも有効とされています。
iPhoneなどiOSデバイスでは通常、ユーザー権限に制約がかかっており、システムを完全に制御する管理者権限(Root)を使うことができません。「脱獄」とは、そうした管理者権限をシステムの脆弱性を突いて奪取すること。たとえばApp Store外のアプリをインストールするなど、本来は許されていないことが可能となります。

iOSにカーネル権限で任意のコード実行が可能となる危険な脆弱性 ~JVNが注意喚起 ~ 窓の杜
脱獄ツールでの応用を確認、比較的新しいiOS端末でも攻撃が有効との報告

脆弱性対策情報ポータルサイト“JVN”は5月27日、脆弱性レポート(JVNVU#98960050)を公開した。iOSのカーネルにカーネル権限でコード実行が可能となる脆弱性が存在するという。
本脆弱性は端末のセキュリティをバイパスしてAppleの認可を受けていないアプリを動作可能にする、いわゆる“脱獄(Jailbreak)”ツール「unc0ver 5.0」で用いられているとのこと。ツールをインストールするだけで非公認のアプリを自由に利用できることは一見メリットにも感じられるが、もしこのツールが悪意を持って作成されていた場合の影響は甚大だ。iOSのサンドボックス機構をはじめとする保護機構が回避され、端末を完全に乗っ取られる可能性がある。

「iOSは安全でーーーーす」

とかいう人は、一部を除いてそろそろ化石級にはなりつつあります。
もうそんなことを言う人もかなり減ってきました。
少なくとも大手でそう書く情弱なライターは撲滅されたように思います。
むしろ危険という記事の方が勝りつつある?

まあどちらかというと購入平均価格が高価なiPhone向けにクラックツールを書いた方が、色々金銭的な
搾取をしたい側には有利ということも有り、iOSは昔に比べて狙われやすくなったと思います。
Xシリーズが出て以降、OS的なばらつきは徐々に拡大しつつありますが、Androidに比べたらまだまだ
ばらつきは無いに等しい状態ですので、狙う側にはコードの考慮が少なくて済みます。
そんなわけでiOSの脆弱性は貴重で価値があるはずのものです。

iOSの脆弱性情報、市場価値が下落傾向〜高額売買目当てで供給過多に ~ iPhone Mania
ソフトウェアのバグを売り買いする市場では最近、iOSの脆弱性につけられる価格が下落傾向にあります。理由は脆弱性の多さです。
理由はiOSの脆弱性が増え、希少度が下がってしまったからだと話すのは、Zerodiumの創設者シャウキ・べクラール氏です。「ゼロデイ市場(ゼロデイ攻撃=OS供給側が脆弱性に対処する前に攻撃)はiOSのエクスプロイトで溢れ返っている。その大半がSafariやiMessageのチェーンだ」

あれ?

全然貴重ではありませんでした。
供給過多でしたww

しかも質の悪いiOSのゼロデイ攻撃の脆弱性があふれかえっているってんだからもう・・・。
iOSのどこが安全やねん!ほれ言うてみぃー、われー!


われー、まだもう一個あるんやー。

iPhoneアプリ起動不能バグ、アップルがアプリ更新により解決済みと発表 ~ Engadget日本版
先日iOS 13.5が配信開始されましたが、その直後に複数のアプリにつき「このAppの共有は取り消されました」と表示されて起動できない苦情が相次いでいました。

これに対してアップルが数十ものアプリ更新を行い、バグを修正したと発表しています。

本問題は、TwitterやYouTubeなど一部のアプリを開こうとすると「このAppの共有は取り消されました。使用するには、App Storeから購入する必要があります」とのエラーメッセージが表示されるというもの。この後はキャンセルするか、App Storeにリダイレクトされる二択のみで、起動しようとすると再び同じことが繰り返されていたと報告されています。

iOS 12.3~iOS 12.3.2、iOS 12.4.2~iOS 12.4.5には問題がないって・・・。

おら、お前らどういうソース管理しとんじゃい!!
デグレってるやんけ!!!

そらまともに不具合無しのOSも組めへんの分かるわ!!




そういうわけで・・・。

iOSの脆弱性とセットと言えば、もうおなじみのこのニュース。

ほぼすべてのAndroidに重大な脆弱性、データ窃取の危険性あり ~ マイナビNews
ESETは5月27日(米国時間)、「Critical Android flaw lets attackers hijack almost any app, steal data|WeLiveSecurity」において、Android 9.0よりも前のバージョンを使っているほぼすべてのデバイスに重大な脆弱性が存在すると伝えた。
この脆弱性は「StrandHogg 2.0」と呼ばれており、悪用されると攻撃者によってほぼすべてのアプリが乗っ取りを受ける可能性があり、機密データの窃取などが行われる危険性がある。

はーーーい、iOSが問題を起こすとセットで必ずAndroidの脆弱性などのニュースが報じられますね。
今回もこの為にストックを吐き出した模様です。
あといくつ手玉を持っているのでしょうかね。

でもこちらは最新のAndroid 10を殺せていません。
むしろAndroid 10の援護射撃になっており、より製品向けとしては最新のAndroid 10への買い替えを促進する
ことになっています。iOSはリリースされたばっかりの13.5ですらも危険ですもんね。釣り合っていません。

ということは、iOS勢は思ったほど手玉は持っていなさそうです。最新のiOSまできっちり殺す脆弱性が報じられたのに、
その返しがこれでは威力不足の印象は否めません。恐らく二番手はもっと大したことの無いものなのでしょう。

でも毎回報じられるiOSの超危険な脆弱性は、本当に核を打ち抜いているレベルのクリティカルヒットなのですが、
これでセキュリティーが高いとホルホルしているアップル信者やiPhone信者が未だにいるのですから驚きです。

しかも臆面もなく「セキュリティーが高いのはiPhone」とか平気で言ってしまうのです。
もういい加減それを見て反論する気も全くなく、まだそんな化石が居るのかとげっそりと萎え萎えにしかなりません。
一度流布された印象って怖いですね。生まれて一番最初に見たものが母親となれば、ゴキブリでも母親と思って
しまうところから逃れられない人がまだまだいるように思います。


ともあれ、「やっぱりiOSは危険」ですね。
「やっぱりiPhoneは脆弱性の塊」ですね。

ええ、goto fail;品質ですから。

  1. 2020/05/30(土) 10:10:20|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

腹の立つBluetooth接続・・・勝手に繋がるな、勝手に切り替わるな!

テレワークでBluetoothイヤホンが大活躍中です。
ただ朝の儀式で明示的につながなければならない時があって、必ず自動接続されているわけでも無かったりします。
初めのうちは自動接続されて感動していたようにも思うのですけど、いつの間にか毎朝必ず一回、手動で明示的に
接続をしないと繋がらないことが多いように思います。なので今は朝必ず接続する癖がつきました。

でも朝一で接続すれば、一日中全く問題なしで接続が落ちることが有りません。
イヤホンも週に1~2回も充電すれば十分ですし、使い勝手で大きく困ることは有りませんでした。
いや、無いはずでした。


あれ・・・?声が出ない。
何度叫んでも相手の声が届いたり届かなかったり、こちらの声も聞こえてないようで、チャット画面に
「聞こえてます?」と入ってきます。

そのうち直接電話がかかってきました。
その電話が無言・・・あれ?

よくよく気付いてみれば、Bluetoothイヤホンが個人のスマホに接続されていたことが判明。
いつの間に・・・朝一で社用PCに接続してたでしょうに・・・。

そう言えば昨日の夜にイヤホンでスマホ経由で電話していたことを思い出しました。
スマホのBluetoothをオンにしっぱなしにしたまま忘れていたので社用PCに接続していたのに、
知らぬ間にスマホにも接続してしまっていておかしなことになっていたのです。
それでもさっきまでは普通にPCで話せていたのですけど。

しかしいつの間にかBluetoothイヤホン経由では話せなく、聞こえなくなってしまっていました。
あ、ちなみにBluetoothイヤホンと書いてはいるものの、内容はBluetoothヘッドセットです。


で、Pixel 3aでANKERのSoundCore 2でYoutubeにある長時間BGMを鳴らしつつ仕事をしています。
Xpera Z1Cの方は、何かあった時の緊急連絡用の電話がかかってきますので通常はフリー。

でも上に書いたように、BluetoothをONにしているとこんな事故が起きたりします。
そこで思ったのです。

私は出先ではBluetoothのキーボードとマウスを持って行って色んな事をします。
キーボートとマウスが繋がる先は以前はNexus 9だったのですが、さすがにもうNexus 9は持ち歩けません。
Android 7.1.1 (N9F27M, Oct 2017)がラストアップデートですしね。
Android 8ならまだともかく、Nougat辺りまで来るとさすがに古すぎる。

そんなわけで、キーボードとマウスが繋がるその先はPixel 3aとかXperia Z1Cとか、
見た目が強烈にアンバランスな状況です。キーボードの大層さと比べて画面ちっさすぎw

将来的にはType-C to HDMIケーブルを持ち歩くだけで状況は一変することになりますが、Pixel 3aとか
Xperia Z1CともにHDMI出力には未対応なので、そこはこれから出てくるであろう対応機に期待するしかありません。


まあそんなこんなでBluetoothの接続界隈がちょっとややこしい。
「これに繋がっていると思っていた」と「実は知らぬ間にこっちに接続されていた」を最近よく経験するようになりました。

BluetoothイヤホンもSoundCore 2も、手近なPCやスマホなどのBluetooth機器には片っ端からペアリングして有ります。
恐らくみなさんも手持ちの複数のスマホやPCにペアリングだけ済ませておくってことをしている人は少なくないでしょう。
全部一気に電源を入れたら果たしてどれに接続されるのか、今のままでは全く分からないし、接続された機器が
選択されたルールを知る由もありません。

で、二台ペアリングしてあるなら両方の機器に接続出来てくれる機器も増えてきました。

上記のBluetoothイヤホン(TaoTronics SoundElite 72)では複数の接続が出来るのですが、
当然両方の音は同時には聞こえません。

しかしその時に音が鳴っている方のデバイスを鳴らそうと努力(完ぺきではない)してくれるので、中途半端に
聞こえたり聞こえなかったり、どうもいい感じで落ち着かない。

同時接続したものは両方鳴らしてくれるようになっていれば問題も起きないのだけど、どうやら今の
Bluetoothに乗っかった規格でそんなことは難しそうな気がします。

また電車内で見てみると、山盛りのWiFiのみならず、山盛りのBluetooth機器が使われている状況を
目の当たりにすることになります。

これってその内お互い干渉しあってろくに聞こえなくなったりしないのだろうかとか、Bluetoothテザリングを
している人が増えたらもっとややこしくなるよねとか、本当に思う所は多いのです。


そんなわけで、勝手にあっちこっちに繋がって困っている状況に対してちょっと提案。

ぶっちゃけBluetoothコントローラみたいなアプリが欲しいですね。

スマホやPCにインストールして、Bluetoothのペアリングや接続状況をアプリで切り替えできるようにしてもらいたい。
複数端末にインストール出来て相互にその接続状況を監視したり切り替えたり出来てその状況はリアルタイムに
全てのインストールされた端末のアプリに即反映と。
そのアプリ同士はBluetoothかEther経由で相互に通信出来るようにしておくと色々便利でしょうという感じで。

色々使っていて思うのが、Bluetooth界隈の機器は何かあった時に手元にある端末を順番にチェックしていかなくては
問題解決できないというのが面倒過ぎるなって思っているのです。特に今後Bluetoothで接続される機器は飛躍的に
増えていくはずです。

それを手元の全ての端末から一元的に管理&操作できるようにしておかなければBluetoothは単に面倒なだけの
何でもつながってしまう規格になってしまいかねません。

何でもつながるこそ、きっちりと管理&操作出来るようにしておいてもらいたいものです。
これって次期Androidの便利機能ネタになってくれませんかね?
Bluetoothの規格に盛り込んでもいいと思うぐらい重要な要素でもあると思うのですけどね。
そうしたらiPhoneの人も、PCの人も幸せになれるでしょうし。

  1. 2020/05/24(日) 10:54:30|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

愛用のBluetoothイヤホンを自慢しろ!

TaoTronics SoundElite 72

・Bluetooth 5.0
・IPX5 防水
・SBC/AAC/Apt-X HD対応
・CVC8.0 EQ調整
・自動ペアリング 13時間連続再生

4600円の価格帯でBT5.0 + Apt-X HD対応で13時間再生というのが嬉しい。
中華物ではなく、一応アメリカのメーカーというのも微妙にポイントが高い。

でも本当はEQ無しで18時間連続再生のTaoTronics SoundElite 71の方がよかったなと今更思ってる。
EQ無し以外は性能や機能に違いはないし、価格も3000円で断然安いしべってりー長持ち。
慌てて72にしてちょっと悔しい。
  1. 2020/05/24(日) 00:22:22|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:14

高級キーボード、REALFORCEが使いやすい

もうMagic Keyboardには戻れない! PFU版REALFORCE for Macで快適タイピング ~ PC Watch
~HHKBと同じ感覚で使える45gのキー荷重を採用

株式会社PFUは、東プレが販売しているMac用REALFORCEの特別仕様版となる『REALFORCE for Mac テンキーレス「PFU Limited Edition」』を、直販サイトのPFUダイレクト限定で5月21日より発売した。価格は31,350円。ご存じのとおり、REALFORCEと言えば、静電容量無接点方式スイッチによるなめらかな打鍵感がウリのキーボードだ。
今回、REALFORCE for Mac テンキーレス「PFU Limited Edition」を試用する機会を得たので、その使い心地についてレビューをお届けする。

こんなところにもREALFORCEファンが居たのか、と感激。

確かにiMacのキーボードは打ちにくい。
だからこそ余計にサードパーティー製のキーボードの重要性は高いともいえると思います。

私は仕事場がキーボードの持ち込みが可なのでREALFORCE R2を持ち込んで使っています。
REALFORCE R2のオール45g仕様です。

REALFORCEは打鍵感がソフトで指が疲れない。
確実に入る入力感もいい。
高いお金を出すだけは有ると感じています。
金融機関御用達とも言われるのも納得です。

好みの話になるのですが、あと1mm浅いともっと高速に打ちやすくなる気がするのですけどね。
ノートのキーボードにも慣れてしまっているので、フルキーのキーボードが逆に深く感じてしまうという
問題が発生していたりします。

そう言えばコロナ騒動のせいで、REALFORCE R2が高騰していますね。
普段の価格よの1.4倍ぐらいになっているようです。
恐るべし、テレワーク・・・。

実は私は家のキーボードはREALFORCEではないのです。
そこらで買ってきた安物です。
普段はノート PCのキーボードなのですが、テレワーク用に23インチのディスプレイをメインディスプレイにして、
ノートPCの本体の画面をサブディスプレイの二画面体制にしています。

仕事の時だけ会社のノートをつなぎ、それ以外は自分のノートPCに入れ替えて、同じディスプレイと入力装置の
セットで使っています。ディスプレイと、キーボードとマウスをつないだUSBのハブをごそっと入れ替えるのです。
USBがType-Cだと電源まで含めて全部ごそっと入れ替えが出来て楽ちんなのに、Type-Aなので
入れ替え時に全部繋ぎなおさないといけないのでいちいち面倒ですけどね。
でも入力と表示デバイスが共用できるのは便利です。

で、家用にREALFORCEを買い足そうと思ったら、2万円以上していてビビりました。
おいおい、幾らなんでもみんな買い過ぎだろって思い、テレワーク需要が落ち着いて値段が下がるのを
待つことにしますた。その間安物を使っておくしかないなと。

それにしても最近のノートPCは、大半がMac系のキーボードの真似をして、キーのピッチがやたらと間隔が開いた
見かけだけの非常に打ちにくい配置になっていて、これがクソ過ぎる。いちいち各キーが遠く、高速に打ちにくい。
今は慣れで何とかしているが、根本的には人間工学に全く反する配置なので、本気でクソ過ぎる配置だなと思います。
クソな所までMacの真似をするのはやめてもらいたい。

それとタッチパッドがどんどん左に寄り、左手の親指の付け根が当たってしまって、知らぬ間に拡大のジェスチャーになり、
色んな画面が予期せず拡大・縮小されてしまうという最高にクソなことが起こっています。
タッチパッドを左にどんどん寄せた設計をしているバカなノートのキーボードやタッチパッドの設計者は一度死んでほしい。
誤動作しない広さの左手の為のパームレストはほとんどない。
今第10世代のインテルCPU搭載の最新のPCに買い替えようと漁ってはいるが、キーボードやタッチパッドがクソ過ぎて絶対外部キーボードとマウスでしか使えない仕様のモノしかない。
入力装置が論外な状態のノートPC地獄の時代になってしまいました。
今のノートPCを作った人、これで入力したことがあるのでしょうかね?

実は一応vaioも確認してみましたが、昔の他社より一世代遅れな性能ということもなく、意外といい状態に戻ってきているので買ってもいいかなと思ったら、
どの製品よりもvaioはタッチパッドが左に有るという、超クソ製品になっていました。
しかもUSB Type-Cが一つしかなく、かなり不要なType-Aが山盛り付いているとかユーザーを舐めていますね。
もちろん後方互換は必要なのですけど、でも完全Type-C化運用をしようと思ってPCを探していたら、type-C運用を前提として考えているPCが殆どない。

しかもタッチパットが左過ぎ、クソみたいなパームレスト無し地獄な設計だ。
正直今のvaioは使い物にならない。
早々に候補から切った。

こういう所はMacの方がマシかなと思い知らされます。
まあ10キーが無いから勝手にそうなるという事もあるのですけど。
でもここ最近のフルキーのノートPCは、10キー部便を除いて考えても左寄りになっている物しかありません。
お陰で買い替えできなくて困っています。
仕方なく小型デスクトップにしようか悩み中。
そうなるとまた画面買い足さないといけない…

そういうこととか、色々あっての外部キーボードです。

REALFORCEマジでいいです、お勧め。
でもテレワーク需要が落ち着いて値下がりしてから買った方がいいと思います。
最低でもREALFORCE R2で2万円以上はちょっと高すぎだと思います。
その分東プレが儲かる訳ではないですしね。

  1. 2020/05/22(金) 01:29:28|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

スパコンを乗っ取って暗号資産のマイニングをさせていた事案が発生・・・やはり気になる暗号資産の限界

欧州で多数のスパコンが乗っ取り、暗号資産マイニングに利用される ~ zdnet
欧州では、現地時間5月10日から1週間にわたって、多くのスーパーコンピューターで暗号資産(仮想通貨)マイニングマルウェアへの感染が次々に発覚し、調査のためにサービスが停止している。

欧州各国のスーパーコンピュータが乗っ取られ、暗号資産のマイニングに悪用されていたという話。
マイニングの為に色々な手段が取られ、その一つにスパコンの乗っ取りというのがあるようです。
リスクを冒してまでそれが行われる理由がマイニングの報酬が高いことにあります。

暗号資産のマイニングは切っても切れないのですが・・・。

先日、ビットコインが報酬の半減期を迎えました。
半減期を経て採掘報酬は12.5BTCから6.25BTCに減少、高い電気代をかけてマイニングをすることに
メリットが無くなってしまったマイニングプールの企業等がマイニングから撤退する事態が発生。1000万円以上あった報酬が、600万程度になったのだからこれは苦しい。


ビットコイン半減期で採掘事業の撤退事例 株式公開企業が破産申請へ ~ CoinPost
ビットコイン半減期に伴い、事業撤退するマイニング企業が出てきた。
トロントに拠点を置くHyperBlock Inc.(株式公開企業)が、米モンタナ州ミズーラで行う大規模な仮想通貨マイニング施設を閉鎖し、破産手続きを開始することを発表した。
同社は、ミズーラで20メガワットのデータセンターを運営していたが、半減期に伴う収益性の悪化を受け、ビットコインなど全ての仮想通貨に関わるマイニング業務を停止する。
米国時間11日に半減期を迎えたことで、自社で獲得していたマイニング報酬が大幅に減少。ビットコイン価格や、高いハッシュレートの状況、安価な電力への安定的なアクセス(供給状況)などを鑑みて、事業継続は困難だと判断した。

ビットコイン、3度目の半減期を迎える ~ coindeskjapan
2009年に生成された最初のブロックに記されたサトシ・ナカモトの象徴的なメッセージ「The Times 03/Jan/2009 Chancellor on brink of second bailout for banks」へのオマージュとして、半減期を迎える直前の最後のブロックである62万9999番目のブロックをマイニングしたf2poolは、サトシと同様に新聞の見出しを埋め込んだ。
「NYTimes 09/Apr/2020 With $2.3T Injection, Fed’s Plan Far Exceeds 2008 Rescue」
ビットコインを生み出した匿名の開発者サトシ・ナカモトは、時間の経過とともにビットコインの供給量を抑えるために、21万ブロックごとにマイニング報酬を半分にするようプログラムした。
マイニング報酬は、ネットワークの安全性確保に演算能力を使って貢献する人々への経済的インセンティブであり、取引を処理するための経済的インセンティブになっている。

半減期を迎えるにあたり、資金力のあるマイナーは儲けを大きくして採算を維持する為に、市場でビットコインの
大幅な買いを入れて価格を釣り上げ工作をします。

かつてのビットコインの価格爆発は、半減期を迎えることで報酬が半減してしまうのを恐れて上げ工作があった事がキッカケです。
報酬が半分なら、1ビットコインの価格を倍にすれば実質的な報酬金額が変化せずにマイニングを続けられます。
なので半減期を迎える度にビットコインの価格を吊り上げていく予定のはずだったのですが・・・。

肝心のビットコインの価格が対円で100万円を超える超えないから一向に進展しません。
価格を釣り上げると”捕まっていた人”や”わずかな儲けを見逃さない層”の売りが雨あられのように降ってきます。
ビットコインの価格帯は限界に達していたのです。投入される資金量には限界があるということです。そんなわけで「やってられっか!!」な業者は価格がもっと
上がらない限りは「もう無理ぽ・・・」となっていくのです。

また北朝鮮のように暗号通貨の”電子的盗難”により、国の財政を維持したり、武器開発の資金源にしているような国もあります。そんなところに狙われるリスクも考えないといけません。

北朝鮮、盗んだ仮想通貨は大量破壊兵器の資金源か:ロイター報道 ~ coindeskjapan
北朝鮮は、銀行や取引所から盗んだ仮想通貨や法定通貨を大量破壊兵器の資金源としている。機密の国連報告書によって明らかとなった。
ロイター(Reuters)が確認したその報告書は「独立した専門家」によって調査されたもので、国連安保理北朝鮮制裁委員会に先週提出されたもの。同報告書によると、北朝鮮は「広範囲に広がり、ますます高度化する」ハッキングによって、約20億ドル(約2127億円)を集め、ウェブ上でマネーロンダリングしている。

その盗難の手段によく用いられるのが、セキュリティーゆるゆるな取引所のセキュリティーや、
新ハッシュ要求からマイニング完了までの約6~10分間の時差だったりします。マイニングして欲しい情報が見えているのに、まだブロックチェーンが完成していない。僅かな時間ながらも絶好のカモなのです。

マイニングという作業が有る限り、ビットコイン等の暗号通貨はマイニングに対するインセンティブを支払って演算能力を
確保する必要が有るのですが・・・だがしかし、ビットコインは流通量が限られているのです。
つまり、マニングに対する電力負担等のコストを支えていく手段がいずれは無くなってしまうのです。

元々ビットコインの価値を維持する為の措置なのですが、そのせいでビットコインを維持する為のコストを支払う原資の供給をいずれ失ってしまうのです。
暗号資産の維持には誰かが維持コストを持たないといけませんが、それは無限にお札や国債を刷るように、実は無限に暗号通貨を発行し続けないと成り立たない構造により支えられているのです。

私は基本的にいずれマイニングのコストを払えなくなる暗号資産、特に期限がほぼ明確にされているビットコインの
価値はいずれゴミになると考えている人ですが、最終的な半減期を迎えてビットコインがもう二度とマイニングに
対するインセンティブを出せなくなるからそうなって当たり前だと思っています。
だってマイニングしても報酬が無いのなら、わざわざコストかけて無償でマイニングしてあげる理由も無いですよね。
それとも新たなマイニングの報酬でもあるのでしょうかね?
もし新たな報酬が有るのなら、どうやって用意するのだろう・・・?
そして不思議なのは誰もそのことを突っ込まない。私は常々そんな永久機関みたいな錬金術は続かねーよと思って見ていましたが、今回初めて公に語ってみました。


そんなわけでそろそろ限界が見えてきた暗号資産のネタでした。
みんな、早く逃げよう・・・。

  1. 2020/05/21(木) 02:17:28|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

iPhone SE(第二世代)という苦しみ

iPhone SE(第二世代)がでてしばらくと立ちましたが・・・。

iPhone SE(第2世代)64GBモデルの予想部品価格は217ドル ~ iPhone Mania
iPhone SE(第2世代)の分解の結果、部品コストは217ドル(約23,300円)との予想が発表されました。販売価格と照らし合わせると、原価率は54%となり、iPhone8やiPhone11よりもお得なデバイスであることがわかりました。

いやー、これでiPhone 11から結構iPhone SEに流れる人が結構いそう。
iPhoneを買っている層の結構多くの人は、安いのでいいって思っている人達なんですよね。
しかも外見がどうとかは余り気にしていなくて中身の問題。
中身が新しくて、値段が安けりゃいうことない。
いや、多少古い中身でも値段が安けりゃいいってそうも意外と無視できないぐらいいそう。

そんなわけで、もうすぐ端末販売ランキングが出ますが、iPhone 11無印の立ち位置が微妙になり、
11無印の購買層が結構SE2に流れそうですね。となると、上の記事のようにただでさえ利益率の
低い端末端末なのに、それが11無印をカニばってしまうという大問題。
XシリーズやXS/XRシリーズが結構高価だったゆえに利益率が跳ね上がりましたが、今回はその逆版。

SE2が売れれば売れるほど利益が失われていく問題が勃発。
11シリーズやXS/XRシリーズををカニばっているだけですからね。

そして、ただでさえかなりの利益が吹っ飛んでしまっているのに、
よりアップルにとって製造コストを押し上げることになるかも知れない要因がもう一つ・・・。

トランプ米大統領「Appleは100%の製品を米国内で製造できる」 ~ iPhone Mania
米メディアFox Businessのインタビューに登場したドナルド・ドランプ大統領は、米企業が生産を国内に戻すことを強く求め、「従わない場合は課税もあり得る」と国外で生産される製品に対して増税も辞さない構えを見せました。



そう言えば、噂段階ですが、12シリーズが発売延期の可能性が出てきたって記事に有っていましたけど、
真実味はあまり感じないのですよね・・・。

まあこれが本当だとすると、アップルもかなり苦しいってことでしょうね。
でもは今の9月発売は、利益の集中が9月に少し乗せておいて、販売の実態は10~12月の四半期。
ここにピークを合わせて出荷をしているのだから数字が膨らんで当然ですよね。
アップルの待たせ芸で「売れています演出」は今でも伝統として続いていますからね。

そうして高価な端末の出荷を一時にまとめて作った高いピークを、利益率の低い廉価端末で稼ぐのはちょっとヤバめ。
さてさてどうするのやら。


あーーー、12の発売延期ってそういうことですか。
発売のタイミングをずらせて直接比較できなくするんですね。

ベンチマークでiPhoneが負けそうになったら、急にAndroidのアプリだけアップデートして、
数値を非互換化するみたいな手法ですよね。


取り敢えずSE2は11無印にとって非常に邪魔はスタイルなのは間違いないです。

  1. 2020/05/16(土) 02:16:12|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

久しぶりにAndroid 11 DPネタ

Android 11 Developer Previewの開発は着々と進み現在はRPP3⇒RPP4に移ったところです。

その着弾画面。

 

現在は毎月一回来ているような感じ。

・RPP3.200320.017
・RPP4.200409.015

順調なようです。


ただRPP3の時は、ワークアウト&ランニングロガーアプリのRunKeeperがちょっと不安定な所がありました。
走り出しは普通に出来るのですが、4~5Km程度以上を走った段階で、信号などに止まったタイミングで
今の走った距離やタイムを確認しようとRunKeeperの記録が勝手に停止してしまう時がありました。

メモリがリークしている?
原因はよく分からずのまま。

RPP4になってから、まだ8~10キロ以上走ってPixel 3aで測ったことが無いので、楽しみにしています。
ある程度以上走らないとおかしな状況にならないんですよね。
再現性は有るとはいえ、ある程度距離を走らないと再現しないのでやり直しは厄介です。


次。



Google PlayのアプリにGoogleの製品のアカウントを利用する際、私は当然メインアカウントをデフォルトで
設定してあるのですが、何故かアプリに別のアカウントに関連付けられてしまい、何かをするたびに
そのアカウントでの設定が反映されるようになってしまっています。

アプリを削除して、何度もメインアカウントをデフォルトに何度も設定してあることを確認後、再度そのアプリの
再インストールをしたりと、バカらしくも涙ぐましい努力をしていました。

しかし画像のような結果に。
全く効果が見られません。

アカウントはぼかして分かりにくいですが、最終的には二種類のサブ利用のアカウントが勝手にGoogle Mapや
クラウドプリントなどのアプリに勝手に関連付けられてしまい、余りにしつこいので、OSレベルでアカウントの
登録を削除してあります。すると上記の画像のようなアラートが出るようになりました。

これは幾らがんばっても消えません。
何とか関連付けを削ろうとしているのですが、全然効果が出ません。

勝手に関連付けておきながら、元に戻すことは出来ない。最悪です。





これって以前のバージョンからこうでした?

なんかAndroid Rから加わってこっそり入れていたところを、意図せずに発見されたのかなと勝手に
解釈をしています。


RPP4では先ほどのRunKeeperの不安定もまだ未検証なので、その辺りを重点的に進めてしていくことになりました。
それにしても、アプリでOSのバージョンを見て、立ち上げ時にエラーが出るおかしな状況になっています。
動作を切っているヤマトの宅急便のアプリとPolarifyのアプリが、まだ立ち上がりません。


とは言え、RPP2からずっと見てきた感じでは、少しづつ改善されているなと感じました。
まあ表から見えるペースは遅く感じますけどね。
製品版まではまだしばらくかかりますね。

  1. 2020/05/11(月) 02:28:19|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

最近の記事

機能リンク

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

ブログリンク

RSSフィード

QRコード

QR

月別アーカイブ



メールフォーム

お問い合わせ・ご質問はこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

suzunone.m(あっと)gmail.com に
直メでもOKです。