FC2ブログ

鈴の音情報局blog

携帯関連の将来や最新の技術情報や業界の行く末などを適当に綴るblogです。 内容の信憑性は?余り信じない方がいいと思います。
本家の鈴の音情報局はこちら→http://suzunone.0g0.jp:8800/
スマホ・携帯端末アクセス[ランキング][アクセスシェア(グラフ)] (毎年10/1にログをクリア)
FC2のSSL設定を有効に変更しました。(http://⇒https://) ついでにアドレスもちょっとスッキリさせました。(suzunone.fc2.net)

取り敢えず掲示板。

マイクロソフトがTikTokを買うやつのお話

マイクロソフトがTikTokを喉から手が出るほど欲しがる理由 ~ ForbesJapan
GAFAと総称される米国のテック業界大手4社は7月29日、米国議会で反トラスト法(独占禁止法)絡みの厳しい質問を浴びせられた。その数日後にマイクロソフトCEOのサティア・ナデラはホワイトハウスに電話をかけ、動画SNSアプリ「TikTok」買収に向けた協議を行った。
400億ドル(約4.2兆円)規模と予測されるTikTokの買収は、マイクロソフトにとって最も巨大でリスクの高い取引になりそうだ。同社を率いるナデラは2014年にCEOに就任以降、リンクトインやGitHubなどの買収を進め、企業買収が下手なマイクロソフトのイメージを刷新してきた。
ナデラは今、中国企業が生んだTikTokを傘下に収めることで、マイクロソフトのコンシューマ向け事業を再構築しようとしている。

正直、このニュースを聞いた時は「えっ!?」って思いました。

広告媒体というよりも、「子供(学生)のおもちゃ」のイメージが強いTikTokを、OSとオフィスツールの大御所の
マイクロソフトが買うことに大きなメリットを感じない・・・というか、分野が違い過ぎてシナジーが出るか怪しいと
いう印象が消えなかったからです。

このForbesJapanの記事では、シナジーはあまり考慮されていなくて、広告での収益のみにターゲットを絞って
記事を書いている所を見ると、私が思っていたことは余計な心配でしかなかったようです。

しかしながら、この事業買収は米国やオーストラリア、カナダ、ニュージーランドの事業に限られています。
なんと、マイクロソフトにとっても重要拠点のはずの日本が入っていない。

かつてはマイクロソフトは、MS-DOSやWindowsが英語版が先行的に発売され、その後日本語をはじめとした
2バイト版が発売される流れになっていました。その1バイト版⇒2バイト版への移植を担当していたのは何を隠そう
日本だったのです。もう少し詳しく言うと、日本のPC-98xxとか出していたあそこです。
アメリカのマイクロソフトに人材を送り込み、2バイト版への移植を行っていました。
2バイト対応の日本語版が出来て、その後各国版へと移植されていくのです。

そのカギを握っていたのは日本ですから、マイクロソフトの日本への思い入れは並々ならぬものでした。
またASCIIの西さん等、人脈的にも強力な繋がりを持っているので、ますます日本を含めないとかかなり意外な気持ちです。


更には、中国企業の買収話に反対だったトランプをも巻き込んで賛同を取り付けた辺り、目の付け所が良かった証かなと。

それにしても運用はどうするのでしょうかね。
サーバの運用部分で分けると思いますが、アプリは中国にお任せなのでしょうか?
中国のバイトダンスはアプリをマイクロ祖父用途に種類出す?
それともアプリのソースをマイクロソフトに出して、地域によって二種類のTikTokアプリが存在することになる?
この辺はまだ明らかになっていませんが、トランプが期限を切ってバイトダンスを追い込んでいるので、
近々結果が出てくることになるでしょう。

  1. 2020/08/05(水) 20:26:14|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

Square ReaderがSuicaやiD、QUICPay+など電子マネー対応

Square ReaderがSuicaやiD、QUICPay+など電子マネー対応 ~ Impress Watch
Squareは4日、決済端末の「Square Reader」がSuicaなどの交通系ICカードやiD、QUICPay+などの電子マネーに対応した。店舗での支払いで、これらの電子マネーが利用できるほか、Squareを利用している事業者は、電子マネー決済での支払いを、有効化手続きから最短2日で受付られる。

Square Readerもついに日本の電子マネーなど各種に対応ですか。

日本でSquareなんてどこで使っているんだろうとか思う所もなくはないですが、モバイルSuica勢としては
悪いニュースではないので、素直に喜んでおきます。

  1. 2020/08/04(火) 19:33:55|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

アップルのほぼ全ての製品にパッチ不可能なハード的な脆弱性が発見される(11カ月ぶり2度目)

ほぼ全てのアップル製品にパッチ不可能な脆弱性が有ることが判明。

Apple端末のセキュリティを担う「Secure Enclave」チップにパッチ修復不可能な脆弱性が見つかる ~ GIGAZINE
Appleのセキュリティプロセッサ「Secure Enclave」は、iPhoneやiPad、Macといった端末の機密データを暗号化して保護する役割を担っています。このSecure Enclaveにパッチ修復が不可能な脆弱性が存在することが明らかになりました。
セキュリティプロセッサの「Secure Enclave」は、ほぼすべてのApple端末に組み込まれています。

自社で専用プロセッサを作っているからこそのメリットもあるが、これに関してはデメリットがぽろぽろと発見されている感じ。

というか、過去は独自設計は出荷台数が少ないからこそ保てていた安全性だったのですが、ここ最近は
メジャー化の洗礼を受けて、こういった脆弱性の発見が続いていると私は考えています。

そもそも脆弱性ゼロの完璧な設計なんて無理なんだから、こういった複雑な論理回路が絡み、それが
セキュリティーに直結するものは自社設計をする所は余りないのですが、アップルは変に体力が有るので
それが出来てしまい、こういった問題に繋がっているのでしょう。

これは独自設計を行う場合は通過儀礼だと思います。
というか、メジャーとして定着してきた証かなと。

しかも一部の濃厚アップル信者はともかくとしても、大半を占めるスタイル信者はこういったニュースには疎く、
そもそもセキュリティーに関しての知識がほぼゼロのLINE_TIkTok民も大量にいることから、あまり問題に
されないと思われます。(=あほばっか)


そんなわけで、アップルは今日も明日も安心です。

ええ、株価はソ가バンク式(ソフトバンク式[検索用])の自社株買いの自作自演で安泰ですし。

外面の繕いも問題なし。


  1. 2020/08/03(月) 12:22:58|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

政府側に動きあり、COCOAアプリを宿泊施設や飲食店への利活用でも期待との発言も

先日の記事で、官邸や省庁、いくつかの企業にCOCOAアプリをもっと利活用するべきだと主張した件、早速動き(?)が有りました。

接触確認アプリ、国民の6割にインストール必要? 内閣府副大臣は否定 さらなる民間協力を呼び掛け ~ ITmedia NEWS
今後、政府は携帯電話事業者を通じて契約者にSMSを使ったアプリ利用を促す通知を行う他、オンライン・オフライン両方で積極的に広告を展開し、周知を図る方針。平副大臣は「(個人の利用に加え)宿泊施設や飲食店などの入り口でスタッフが客にCOCOAの提示を求めるなど、民間企業や団体での活用にも期待が持てる」とし、「できるだけ多くの人に活用してほしい」とアプリのダウンロードを呼び掛けた。

これは私が提案したから動いたことかどうかは分かりませんが、官邸からお返事がきた(14時ごろ)その夜に(20時ごろ)に
この記事が出たのは偶然にしては出来過ぎかなという気もしたりしなかったり。

安倍晋三首相が5月25日の記者会見で、英国オックスフォード大学の研究を引用し、「アプリが人口の6割近くに普及し、濃厚接触者の早期の隔離につなげることができれば、ロックダウンを避けられる」という発言に端を発したものだが、平副大臣は「何割入れないと効果がない、ということはない」と否定的な見解を示した。

人口の何割なんて全く関係無いと思います。

繁華街など、感染者がどんどん出ている地域に出入りする人だけでも入れていれば相当効果を出すと思われるのです。
だからそこにピンポイントでインストール対策を入れていくことは重要だと思います。

担当の平副大臣がこうして動いていくことを発表してくれましたし、インストール数も約1000万件と徐々にCOCOAアプリの
有用性が上がってきていると思います。世間でインストールが当たり前になったら、有難味が分かるでしょうし、マスクと
同様のエチケットになっていくと思われます。


入店・入場でインストールチェックは上記のピンポイント作戦では非常に有用だと思います。そうなると、バージョンアップで
機能の追加が欲しくなるところです。

海外や地方自治体では各ポイントに対しての入場などに関してQRコード方式を採用していますが、COCOAアプリにも
ポイントタッチ機能が欲しいなと思います。

NFCでタッチできるようにするか、Bluetoothで自動でチェックインするようにしておけばいいと思います。
店や施設側の機材としては、モバイルブースターや充電器をを繋いだスマホ一台があれば十分です。
それを箱にでも入れて、入り口にでも置いておけば、入店・入場のチェックが出来ますね。
安価な汎用の機材を使い回せます。

必要なものは安価な中華端末と、それをWiFiで通信回線を確保出来ますので非常に安価に運用できます。
しておけば、余計な通信費を払わなくてもサーバーへのアクセスも確保できます。今時NFC付きの中古端末
でも新品でも安価で手に入りますよね。


そんなわけで、COCOAアプリをもっと活用され、一日も早くコロナが収束する日が来ることを祈っております。
追跡が可能になれば、そうなる日が早まると思っております。



1つ目の記事のコメ欄により詳細な平将明内閣府副大臣、そして内閣官房IT総合戦略室の吉田宏平内閣参事官、
内閣官房新型コロナウイルス感染症対策推進室の勝俣良太参事官補佐の3者へのインタビュー記事がリンク
されていましたのでここでも紹介させて頂きます。

「接触確認アプリ」開発の舞台裏とは――平将明副大臣ロングインタビュー ~ ケータイWatch

作ってばら撒くのは国、インストールのお願いや陽性時の処理は地方自治体や施設と役割分担でというわけですね。
日本政府のテックチームはGoogleやアップルとも協調し政府側から機能要望を出していたりと、世界をリードして
動いている様子も分かって心強いです。

どうも日本はQRコードのような簡易的な接触警告アプリではない、GoogleとAppleのAPIをきちんと活用した
接触アプリで世界のリーダー国になるのではという気がしてきました。


  1. 2020/08/02(日) 18:54:24|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

企業や省庁へ、COCOAアプリの利活用を提案してみました

COCOAアプリの動きに関して、ちょっと鈍いなと感じ取炉が有ったので、ここ最近動いてみたことの報告です。


COCOAアプリに関してはもう説明はいらんでしょうが、一応。

新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA) COVID-19 Contact-Confirming Application ~ 厚生労働省

で、思っていたのは既に起こっているけど各所が認めない第二波。
と、その対策。(実質今日に東京と大阪が対策を行った?)


第二波を主導するのはやっぱりしびれを切らしていた若い世代。

そりゃ経済回したくてうずうずしてた・・・というよりは・・・解放されてヒャッハー!状態です。


簡単に言うと、第一波の時は恐怖心が勝っていたのと、一応国からご達しが出ていたので真面目にステイホームを
守っていたのですよ。

でも、もう皆どこかコロナに慣れっこになってしまったんですよね。
一度ピークを克服して、完全に恐怖心よりも快楽の方が勝ってしまっていますよね。(でも一応口では怖いという)

経済を回さないとコロナどころではない深刻な事態が後からやってくることぐらい皆感覚的に分かっているんでしょうか。
三密を避けるやら、新しい生活様式やら、それはいいのですけど、一ミリも漏らさずに徹底するとか無理じゃないですか。
徹底しているつもりの医療機関の人ですら感染例は有るのだし、一般人が完全に避けることは無理かなと。


そこで以前から私が事ある度に言っていますCOCOAアプリなんですよ。
結局風俗営業(1号~5号)である、居酒屋や、接待付きの飲食店・・・ぶっちゃけるとキャバクラやらラウンジ、スナック等
で客が入店に際してCOCOAアプリのインストールを義務付けるという案を考えています。

とりあえず手始めに居酒屋チェーン大手の幾つかに意見しておきました。
あ、関係ないけどユニクロにも意見しておきました。
どこも結構前向きに話を聞いてくれました。
まあそりゃそういう活動をしているという宣伝効果も有りますから、出来ることは多い方がいいという考えかなと。

で、最後はラスボスの厚労省。
厚労省の国民の意見の窓口に意見を出しておきました。

・風俗営業(1~5号)に対して客の入店に際してCOCOAアプリのインストールを条件とする。
 強制だとハードルが高すぎる場合は、インストールの呼びかけを強くお願いする。(注文を取る際など)
・医療機関や保健所に来訪した際、COCOAアプリのインストールをお願いする。(ここは半強制でもいいと思う)
・PCR検査で陽性が判明した場合、医療機関側がその場で感染者にCOCOAアプリへの陽性を登録させる。

利活用があまり進んでいないCOCOAアプリですが、これをしていくと、アプリがどんどんと登録され、
陽性者もきちんと反映されるようになりますから、広がりに追跡性が生まれます。

厚労省的には風俗営業に関しては他省庁のシマですが、この時節だけに公安側の協力は得やすいでしょう。
公安も風俗営業を取り仕切っている自分のシマですし、そこが現在のコロナの広がりの主な原因の一つに
なっている訳ですから、そこをシメてコロナを抑え込む動きの一つになればそれはそれで手柄です。

というわけで公安を管轄している警察庁にも風俗営業をしている所への指導をお願いしておきました。
一応これでやるべきことはやったかなと。

あとは政府と与党自民党にも同じ要望を出し、その省庁などの動きを後押ししてくれと言っておきました。
警察庁的にはこれで抑え込むのに協力できれば手柄になりますし、悪い話でもないでしょう。


この意見を伝えたことが、効果を発揮するのか、それとも全部無視されてちーーーんなのか、
まだ分かりませんが、一応それなりの場所の思いつくところ全てにプッシュしましたので、
もしかすると何か動きがあるかも知れません。

一国民の小さな声が、どこまで力が有るのかwktkして待ちましょう。



【続編記事】 政府側に動きあり、COCOAアプリを宿泊施設や飲食店への利活用でも期待との発言も
  1. 2020/07/30(木) 21:04:28|
  2. 時事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

1ビット深層学習、5Gの次はリアルタイムディープラーニング?恐らくミドル帯の価格の機種が大躍進することになりそう

ディープラーニングに関しての計算技術の最適化が進んでいる。

Apple注目の1ビット深層学習、超省電力で「スマホに常時AI」 ~ 日経XTECH
人工知能(AI)技術、具体的には物体認識などをするCNN(Convolutional Neural Network)の大幅な省電力化が進んでいる。米Apple(アップル)はCNNの超省電力化技術を開発したベンチャー企業の米Xnor.aiを2020年1月に買収。近い将来、iPhoneやiPadなどに搭載するという観測も出てきた(図1)。米Intel(インテル)も半導体の学会で同様な技術を実装した専用チップを発表。国内ではLeapMindが実装モデルの知的財産(IP)を「Efficiera」として2020年6月にリリースするなど、CNNの超省エネルギー化技術の開発や製品化の競争が一気に加速してきた。利用者にとってもこれまで遠い存在だったCNNによる物体認識技術が一気に身近になる可能性が出てきた。

従来はディープランニングは32ビットで行うのが通常でした。それを16ビットや8ビットで行おうという試みが進み、
1ビットへと進化(?)したというのが現在の流れです。

以下の記事でそれは分かると思います。

8ビット学習で電力1/4に、富士通がAIチップで躍進 ~ 日経XTECH
深層学習(ディープラーニング)の演算は、多くの場合8ビットの精度で十分。そう考える企業が増えている。実際、深層学習向けのアクセラレーターで現在、事実上の業界標準といえる米NVIDIA社のGPUも、2016年後半に出荷を始めた「Tesla P4」や「Tesla P40」で8ビットの整数演算を高速に実行する機能を設けた。ビット数が少ないほどチップ面積当たりの演算器などを増やせるため高速化や電力削減で有利になる。P4やP40の8ビット整数演算性能は32ビット浮動小数点演算の約4倍。同等の性能ならば消費電力を1/4にできる計算だ。
この「常識」を覆す技術を富士通研究所が2017年4月に発表した。8ビット~16ビットの整数演算器を用いてDNNの学習を実行しても、学習後のDNNの精度がほとんど落ちないと主張する。

ディープラーニングの素人の私からすれば、「さすがにちょっと端折り過ぎなんじゃないか?」という気がしなくもないが、
実際にやっている人達がそう考えているのだから仕方がない。

基本、ディープラーニングの演算の世界は「あっち」と「こっち」である程度の分野では事足りるのでしょう。
それをスマホ関連各社は見逃さなかったという感じでしょうか。

アップルもインテルも既に具体的に動いています。
恐らくQualcommやMediaTek、HiSilicon等のスマホ関連の各プロセッサメーカーも動き出していると思われます。

そりゃ演算量が1/32で済むとなれば有難いですわな。
しかも回路を組むのはレジスタ幅はそのまま流用出来て、桁上がり・桁下がりラインだけ殺せば1ビット単位の
超SIMDに早変わりするので簡単ですし。効率のいい手間のかからない改編でものすごい高速化と省電力が
実現できるのですから飛びつかない方がおかしいってわけですね。

ただしそれはハード的なアプローチの側で有り、実際にDNNやらCNN、BNNの世界で戦っている
人達にとってはそんな簡単な話ではない。

深層学習の極小量子化という新たなる希望 ~ TOKUNAGA Hiroyuki (LeapMind株式会社)
■極小量子化について
情報理論における量子化とは、連続的な量を離散的な値で近似することですが、ここでは、十分な精度で表現されていた離散的な値を、より少ないビット数、例えば8bitで表現することを指します。ニューラルネットワークの量子化というと、現在の主流は32bit浮動小数点数から8bit整数への量子化ですが、LeapMindでは重みを1bit、アクティベーションを2bitに量子化しています。8bitより小さなビット幅への量子化は急激に難易度が増すことが知られており、普通の8bit量子化と区別するため、LeapMindでは極小量子化という名前を使っています。(前述の通り、研究分野では、extremely low bitが多く見られるので、それを日本語に翻訳しました。)
極小量子化のメリットは色々あります。単純にメモリ消費量を下げられますし、FPGAやASIC等で実装する場合、演算回路の面積も大幅に小さくできます。結果として、電力効率の大幅な改善に結びつけることができます。LeapMindでは、電力効率の改善のために、FPGA用の極小量子化DNN専用アクセラレーターの開発に取り組んできました。現在はこのアクセラレーターの汎用性の向上に取り組んでおり、2020年前半にはASICで使えるIPとしても販売することを目指しています。

やはり低ビット数でのでの量子化で、結果の精度を維持するソフトウエアを作り上げるのは至難の業のようです。
そりゃ門外漢でもその位は想像つきますわな。

ハードウエアはシンプルで低消費電力な物が作りやすい一方で、演算のソフトウエアを構築する側は大変なようです。



ディープラーニングについて、大して知識がないものがこれ以上このネタに突っ込むのもちょっと恥ずかしいので、
少しだけ知っている分野に話を振ります。

例えば画像解析でガンの発見とか、ディープラーニングによるAIの方が人よりも正確で速いとか言われていますよね。
これ何故だと思います?
話は簡単です。


例えば以下のような画像データのダンプデータが有るとします。

000000000  000000000
000111000  000111000
001222100  001585100
012232210  015898510
001222100  001585100
000111000  000111000
000000000  000000000

左と右では大きさが同じで、映りの濃さが違う画像だと思ってください。
濃さは違いますが、同じ大きさの腫瘍と判断できますよね。

しかし、画面に映すと左の画像は全部黒に見えて、人の目では判断できなくなります。
人が画像を見て診断を下す時は、画面のコントラストの設定や周囲の光の加減、液晶や有機EL等の表示装置の
分解能といった様々な影響があり、視覚細胞が背景とある程度の輝度の違いがないと判別できないのです。
表示装置の能力と人の視覚の限界という余計な要素が挟まっているのです。

しかしコンピュータによる画像診断では、人が一面真っ黒に見えるような左側の例ようなわずかな色の違いでも、
明確に違いと捉えることが出来ます。もちろんノイズ除去という問題や、ノイズではないという判断も必要なので、
輝度や色が違えば即腫瘍と判断できる程簡単ではありませんが、人が目で判断するよりも圧倒的に有利です。
数値的に一つでも違えば≠として判断できるのですから。人の目にはそこまで分解能は有りません。

なので、画像からガンを見つけるような単純作業はディープラーニングを受けたAIの方が圧倒的に有利です。
表示装置に表示することは既に画像データから見るとメディア変換であり、光に直してそれを視神経で受けてまた
電気信号に直して脳で判断する。その回路を全部すっ飛ばせるということもまたAIのメリットですね。

なので腫瘍候補の発見はAIで、場所を特定すればあとはコントラストを変えたり拡大したりして判断するのは人の
仕事みたいなタッグが最良な気がしています。ガン専門の病理医などでは既に行われている所も有りますね。


今流行りのコロナのPCR検査でも同様な気がします。
PCR検査はウイルスを増やしてそれを目視でカウントして陽性・陰性の判定をするんですけど、それってどう考えても
上記のガンのケースと類似していますよね。ディープラーニングで自動化しやすい分野だと思っています。
(恐らく既に知らないところで実用化or実用化に向けた開発をしていると思います)

思うに、ディープラーニングは人が「面倒」やら「しんどい」と思う、集中力が必要とされる分野の代替に向いている
技術なんだろうと思います。人が瞬時に大量に処理する”目”と”耳”関連の代替技術がディープラーニングによる
AIの特徴かなと。

過去に有った人体の代替でおおきなものは筋肉でしたね、言わずと知れた各種機械類です。
これで筋肉にプラスしてこれからは目と耳、時には触覚迄代替できるでしょうか。

でも脳みそはまだ出来るとは思っていません。
まあ目と耳の代替も脳の一部と考えられなくはないですが、それいったら筋肉だってそうなりますしね。
ここは分かりやすい機能単位としておきます。

まだこの程度と私は思っているのですが、こんな状況でAIがまるで人の仕事を奪ってしまうみたいなレベルの
話をしている人が居ますが、それは全く今のAIを理解していない証拠です。まあ集中力が居る根気が必要な
仕事を楽にしてくれる時点で人の仕事を奪っているとは言えますが、人はその結果を受けて更に高度な判断や
後続の仕事に集中できて生産性を上げるパートナー止まりなんですよ。このレベルのAIでは。

だって過去データを学習してそれと同じようなパターンを指し示すことしか出来ませんからね。
新たな発想や閃きは存在しないんですよ。それを意図的にプログラムすれば別ですけど。
でも有用な閃きなんてあらかじめプログラムできる天才が存在すれば・・・の話になっちゃいますよね。

またディープラーニング用に食わせる学習データを加工する仕事が新たに増えましたよね。
結局仕事の種類は変わっても、人がこなすべき仕事量は言うほど変わらないのが実情です。
しかも極端な変なデータが混じっていると、学習結果に悪影響を及ぼす・・・とか。
それって例外判定が出来ていないってことですよね。

将来来るべき優秀なディープラーニングやAIは、どんなクソデータ混じりでも例外判定がきちんとできるような
AIってことになるでしょうかね。でもどんな分野でも例外を含んだ”ノイズ除去”って永遠のテーマなんですよね。
なので、AIも自力で例外排除・ノイズを判断して除去できるまではそう簡単にとんでもなく賢くはならなさそうな気がします。

ディープラーニングなんてパターン学習のパターンの抜出部を学習するように自動化しただけのものでしかないので、
難しく考える必要もないと思います。過去人がいちいちプログラムしていた部分をパターンデータとして学習するように
しただけですよね。


そんなわけで、スマホのディープラーニングは1ビットという端折りを武器に、大きな進化が見られそうですよ。
将来の新機種向けの機能に対してネタ切れ気味のスマホ業界は、これに飛びつくんじゃないでしょうかね。
アップルも動き出したみたいだし。

5Gの次位?
それが落ち着いたころにガンガン出てきそうに思います。
しかも5Gよりもハード的にはお金がかからないのでそう高級じゃない機種の底上げ効果が大きく期待できそうです。

安価なハードで高速化出来るなら、高級期よりもミドル機種がより熱くなりそうですね。
恐らくは3~5・6万円帯の機種がとんでもないことになりそうに思っています。

  1. 2020/07/29(水) 19:33:27|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

日本勢が基地局で中国以外のメーカーと共通仕様で手を結び、中国包囲網を構築

ファーウェイ並みコストで日本勢復権へ 5G基地局の共通仕様進める ~ SankeiBiz
NTTドコモが中心となり、第5世代(5G)移動通信システムの通信網をめぐって、携帯電話基地局の機器を共通仕様にする「オープン化」を進めている。基地局でシェアトップ、中国の華為技術(ファーウェイ)を安全保障を理由に排除する動きが米欧で強まる中、華為抜きでも低コストな通信網が求められていることが背景にある。通信網の方式が見直されれば「コストで華為に引けをとらなくなる」(ドコモ幹部)見通しで、日本勢の採用が拡大する好機にもなる。
基地局を構成する機器同士を接続する際の仕様はメーカーごとに異なるが、仕様を共通化することで、複数のメーカーの機器を組み合わせて接続することができる。多様なメーカーから調達が可能になれば、競争が進んでコストが下がりやすくなる。

日本勢が基地局システムでようやく復権の兆し。
なるほど、先日のはフリだったわけですね。

これ。

NTT、5G網で国内連合 NECに600億円出資へ ~ 日本経済新聞
NTTとNECは25日、取締役会を開き資本業務提携することを決めた(「NTTとNEC、資本・業務提携を正式発表」参照)。NTTがNECに約5%出資し、次世代通信規格「5G」など先端通信網を共同開発する。出資額は約600億円とみられる。米中対立の激化など世界で保護主義が強まり、社会インフラの5Gやその次のネットワークを国産技術で維持する必要があると判断。技術開発を急ぎ、劣勢だった海外でも巻き返しを図る。

NTTが旗振りとなって、ドコモと通信機器大手のNECの連携を強める。
恐らくドコモ・NECから富士通などの国産勢にもお声がかかっていることでしょう。

日本はもう5Gを諦めたかと思っていたのですが、アメリカが中国包囲網を築いてくれたのは、実は日本にとっては
ボーナスステージだったということですね。経済成長全体としてはマイナス効果にはなるものの、こういう基地局などの
個別案件ではプラスに出来る要素が有るってことなのでしょう。

でもなんとなくこれ、アメリカから吹いてきた風な気がしなくもないです。
アメリカが中国を5Gでも縛り上げるので、日本の通信会社が5Gの基地局でイニシアチブを取りに行ってくれと
いう密約が出来、それで日本の裏の国策としてNTTが動き始めたと考えられなくもなさそうな所がアレかなと。
それが真実であれ、思い過ごしであれ、日本にとっていい流れであることには違いはないです。


日本とアメリカの共通認識としては「何としてでもファーウェイの排除」なわけで、そこに本来の日本が得意分野
だった基地局設備開発の力を発揮することは、水を得た魚であり、期待できる所です。

しかしながら「また外圧によって(いい方向に)動いたのか」という情けない側面があり、素直に喜べない部分も有ります。
だってこれをきっかけでオープン化が進むわけです。今まではそういったオープン化で機器の相互接続性を模索する動きは
なかったのです。外圧が無くても国産メーカー同士でそれを行い、海外勢と渡り合うということも考えられた訳ですが、
そういう努力もなしで4Gでは3Gの頃の勢いがTD-LTEの開発をファーウェイが行い、世界がその完成を待ち望んだことで
日本のイニシアチブが徐々に失われていき、結局それが海外勢、特にファーウェイを勢いづかせる事になったのですから。

何はともあれ、動き出したのですから日本勢は欧州勢としっかり手を結んでファーウェイと対抗してもらいたいですね。

  1. 2020/07/27(月) 19:32:13|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

デイトレでソフトバンクGがトップ、カチ上げ部隊とデイトレの楽しい仲間たち

おいおい、さすが仕手株の雄ソフトバンクグループ。
デイトレランキング一位ですやん。


デイトレランキング-全市場上位30銘柄 ~ 楽天証券



さぞかし円抜きデイトレーダーを沢山養っていることでしょう。
”大人”がいると分かっている所には沢山の円抜きデイトレ野郎が湧きますからねぇ・・・。

大人がガーンと上げに来たら、円抜き野郎たちの利確売りががわらわら~~~って降ってくる。

こんな感じ。。。





厳密には円抜きって本当は”一円抜き”の人達の事なんですが、まあここは緩く解釈してください。

まあでもこの値動きから、以前から私が言っている”カチ上げ部隊”と名付けた”大人”が暗躍している姿が
見え見えですわな。恐らくそこの部隊を含んだチームが自社株買いも担当していると思われます。

そこに群がるデイトレーダー集団って感じですね。
でもデイトレで一位ってのはなかなかハードルが高いのですよ。

板を見ていると、数千万円から数億円の現ナマでの殴り合いがコンマ何秒単位で進行している様子が伺えて、
背筋が寒くなってくるのですが、ソフトバンクグループクラスの株価だと下手な小銭で挑んでも、大した儲けに
ならないのですよ。

逆に大口が安株を買うと、板が進んでしまうので、売る時に受け皿がなくて困ったりするので、逆に高くて
買い板が厚い株を狙ってくるのですよ。なので”子供”もそれなりに資金がある勢がたくさん集まってくる。

デイトレで一位ということは、長持ちして企業を応援する買いが出来高分だけ集まっているというわけでは
決してないということ。所詮は「金のにおいに集まるハイエナ」を沢山買っているということに過ぎないのです。


これを見て私はこれを見て仮想通貨と変わらんやんって思うわけです。
共通通貨として、世界で通じる両替の手数料の要らない通貨とか言いつつ、実態は投機資産でしかない
仮想通貨みたいなもんで、株価は企業の通知簿みたいなことを壇上で偉そうに孫正義氏は言っていましたが、
カチ上げ部隊とデートレーダーの掛け合いによる自作自演の操作された株価を通知簿とか・・・。

これって、学生が自己採点して「オール5です!」って言い張ってるのと変わらんですよね。



まあ今は、ソフトバンクグループは窮地ですからね。
頼れるのは株価位しかないってことで、特に力を入れているのが株価操作なんでしょう。

コロナの影響で、がーーーーーーんと下げてからの復活の勢いが異常事態でしたもんね。
ソフトバンクの株価って、下がれば下がる程思いっきり上げるんですよね。
悪目立ちのままそれが印象づかないように、目立った分を最終的に好印象に変えようとする。

毎回そんな感じです。

こういった表面の見せかけの繕いって、マスコミや広告関連企業を牛耳っていたり、J-POPで若い日本人を
集客する能力や、美容手術・激安メイク関連商品を得意としていることからも、本当に表面の印象づくりって
彼らの超得意分野なんですよね。その分野を日本人が不得意過ぎるだけなんですけど。。。

私には泣き女の延長にしか見えてませんけどね。


何はともあれ、分かる人にはわかる・・・って感じの通好みのネタかもですね、これ。



一時期桐谷さんが広告塔になっていたプロ好みの証券会社の松井証券でもソフトバンクグループが
デイトレ人気ランキングでも週間売買代金ランキングでも一位ですやん。
もう間違いないですねww

デイトレ人気ランキング・週間ランキング ~ 松井証券



  1. 2020/07/27(月) 19:12:44|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

スポーツウオッチの雄、Garmin Connectがマルウエアの10億円要求で停止・・・ランニング民ユーザーの悲哀

ランサムウェア攻撃によってGarminが世界的に停止 ~ techcrunch.com
事件を直接知っている2つの情報筋よれば、スポーツおよびフィットネステック大手のGarmin(ガーミン)が現在世界中で直面している障害は、ランサムウェア攻撃によるものだ。
障害は米国時間7月22日の終わりに始まり、週末まで続いているため、同社のオンラインサービスを使う何百万ものユーザーに対してに混乱が引き起こされている。影響を受けたサービスには、ユーザーのアクティビティとデータをクラウドや他のデバイスに同期するGarmin Connectも含まれている。この攻撃はまた、航空航行ならびにルート計画サービスであるflyGarminも停止させた。Garminのウェブサイトの一部も記事執筆時にはオフラインのままだった。

ランニングしている人の間ではほぼ利用が常識化しているガーミンのGPSウオッチ。
私の多くのランニング仲間も利用しているのですが、この連休に入った位から皆Garmin Connectにアクセスできないと大騒ぎ。
全く回復の兆しが見られない中、上記のような記事を発見、仲間に報告しました。

ガーミンと言えばGPSスポーツウオッチの大半のシェアを握っている最大手。
よくマラソンや駅伝のゴールシーンで腕時計をストップさせているシーンを見かけると思いますが、あれの
大半はガーミンだと思っていいと思います。

日本のエプソンも頑張ってはいましたが、恐らくスマートウオッチの台頭を見越して最近撤退を発表した所です。
ガーミンがモバイルSuica搭載モデル迄発表したことにより、ガーミンだけを装着して多少の遠出も出来るように
なった矢先の出来事で、なかなかショッキングな話です。

Garmin Connectにアクセスできなくなるどころか、航空航行やルート計画サービスであるflyGarminまでも停止しており、
世界中のGPSに関係するサービスが完全にアウト。GPSの世界を牛耳っていた企業だけに影響が大きすぎる。

ランニングだけではなく、世界中のスポーツ選手が利用していると思われますので、スポーツ界はコロナに
プラスして、ガーミン迄やられてしまったという二重苦です。

しかしねぇ・・・。
原因がランサムウエアってんだから始末が悪い。
お願いもしていないのに勝手に人のストレージを暗号化して、身代金を要求するという質の悪いアレ。

いっつも思うんですけど、あれって本当にまともにストレージを暗号化/複合化しているのでしょうかね?
これずっと疑問だったのですが、半分答えが上記の記事に書かれていました。

FBIはまた、マルウェア攻撃に関連した身代金の支払を行ったにもかかわらず残念な状態に置かれたままの、たくさんの犠牲者(FBIサイト)を知っている。

「だよねぇ~~~」という感想しかありません。

だって、感染して瞬時に必要なデータを暗号化して、お金を払ったら真面目に複合なんて結構技術力有るでしょうそれ。
私は暗号化ではなく、単純にファイルをぶっ壊して使えなくしたうえで、「お金を振り込んだら複合してやんよ」って
言ってるだけにしか見えないんですよね。

手っ取り早く、ファイルの頭の方だけを片っ端からぶちぶち潰してるだけじゃないの?って気がしています。
複合なんかしてくれるはずなんて無いから、ランサムウエアにやられたらもうクリーンインストールするのが正解でしょう。
祈るような気持ちでお金を振り込んでやるとか絶対アホだと思いますよ。

ガーミンも10億円も払ってやるより、早く最新のバックアップを復元した方が手っ取り早いと思うのですけどね。
もう数日間止まっていて、ガーミンユーザーはみなこの休みの間に走った分をGarmin Connectにアップロードできんと
ブチブチ言ってるのですから。ウオッチ単体に何走分記録が残せるんだろう・・・?

まあ私は基本スマホのRunKeeperの人ですから今回の事件は他人事でラッキーだったのですけどね。
休みの最中は10キロを二回しか走っていないので消えても大したことないし。
この休みの間にロングランと化していた人たちはやきもきしているかもですけどね。

そんなわけで、マルウエアがスポーツ界にも大きな影響を及ぼしてきたってことで、本当に迷惑なやつやなーってネタでした。
ガーミンユーザーめっちゃ多いですからね。

  1. 2020/07/26(日) 17:47:33|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

使わなければ安くなる、ソフトバンクの「メリハリプラン」・・・それって従量制ちゃうん?

“ソフトバンク”から、データを使用しなかった月は ~ SoftBank
自動で割引になる50GBの大容量料金サービス
「メリハリプラン」が登場!

2GB以下(「動画SNS放題」の対象サービスの利用分を含む)   -1,500円


めっちゃ今更のツッコミなんですけどね。

これ、形を変えた従量制みたいなもんですよね?

使わなければ安く、使えば定額・・・従量制やんけ!!

え?
違う??

  1. 2020/07/19(日) 00:07:01|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
次のページ

最近の記事

機能リンク

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

ブログリンク

RSSフィード

QRコード

QR

月別アーカイブ



メールフォーム

お問い合わせ・ご質問はこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

suzunone.m(あっと)gmail.com に
直メでもOKです。