FC2ブログ

鈴の音情報局blog

携帯関連の将来や最新の技術情報や業界の行く末などを適当に綴るblogです。 内容の信憑性は?余り信じない方がいいと思います。
本家の鈴の音情報局はこちら→http://suzunone.0g0.jp:8800/
スマホ・携帯端末アクセス[ランキング][アクセスシェア(グラフ)] (毎年10/1にログをクリア)

取り敢えず掲示板。[suzunonejh.bbs.fc2.com(取り敢えず対策w)]

大阪都構想が否決、前回よりも反対の割合が増えた(追加改変)

大阪都構想、否決。

「大阪都構想」住民投票 反対多数が確実 ~ NHK NEWS WEB
【反対確実・穴あき】。大阪市を廃止して4つの特別区に再編するいわゆる「大阪都構想」の賛否を問う住民投票は、「反対」が多数となることが確実となりました。これにより、いまの大阪市が今後も存続することになりました。
大阪都構想の賛否を問う住民投票、開票作業はまだ続いていますが、NHKが開票所で行っている取材によりますと、今後、「反対」票が増えると見込まれることから、「反対」が多数となることが確実となりました。

今更多くを語る必要があるのかどうか悩むところですが、一応記念に触れとこうかなと。
だって二度やって二度とも否決ですからね。

今しがた松井市長が会見で話しましたけど、否決に投票した人は「二重行政を肯定している」みたいな
ことを、ごにょごにょ濁して遠回しに言いましたね。そういう所なんですよ。

否決の人の本音は、大阪市維持のままでも二重行政は無くせると思っているわけで、二重行政が
本当にあるならば無くせばいいだけの話です。


で、賛成・反対のどちらが勝ってもここからが一番大事なのですよ。

大阪自民はこれからが試されるわけです。
勿論大阪維新の会もですけどね。

思うになんとなく流れが変わったなと思い始めたのが、吉村知事のポピドンヨード事件辺りからかなと思っています。
安倍総理辞任のタイミングだったことも有り、総理候補に名前を連ねるぐらい吉村知事がコロナ対応でブイブイ
言わせていた所だったはずだったのに、自分で冷や水をぶっかけたんじゃないかと感じています。

みんなそれで「この人達って調子に乗っていいことばかり言っているけど、鵜呑みで信じていていいのか?」と
思い始めたたんだと思います。それは肌で感じられました。


今回重いのは「前回よりも反対票の割合が増えている」ことです。
あれだけ直前までは賛成誘導報道などが多かったのに、反対の割合が増えていることの意味をよく考えないといけません。
やっぱり前回乗せられていたと思った層が反対に回ったという方が結構いると思われます。
何故ならば前回反対で今回は賛成に回った人もいた上で、それでも反対が増えているのですから、
それ以上に前回賛成で今回反対に回った人がいるということなのですから。


それと、賛成派の一部の発想が貧困な人に対して思っているのですが、都構想に反対している人は改革に
反対をしていると思っていること。二重行政解消を求めていない(又は改革が不可能になった)と考えていることです。

都構想の是非と、二重行政の解消や政治・行政改革は別に分けて考えられない人が賛成に回っているなという印象です。
都構想はあくまでも手段の一つであり、二重行政の解消や政治・行政改革は都構想以外でも可能だという発想に
たどり着けてないんだなと、色んな発言を見て感じている所です。

私がわざわざ前回の選挙戦で負けている大阪自民にの名を出し、「大阪自民はここからが試される」と言ったのは、
都構想無しの二重行政解消や政治・行政改革に答えを出していかなくてはならないからすっげー重い荷物を
この投票結果で担いでしまったと感じているのです。大阪自民は大阪維新並みかそれ以上に今後結果を出して
いかなければいけないんだよってことなんですよ。
めっちゃ試される。

それと大阪自民が担いでいる大きな課題の一つに、中央自民本部との関係の作り直しです。
今は大阪自民は特定野党の一部に取り込まれかかっています。
もう共産党や他の野党と一緒になって活動をすることのないようにお願いしたい。
まあ今回のは個別イシューの案件是非ということで理解しておきますけど。

むしろ大阪維新ともっと是々非々で中央でやっているような関係性を大阪でも作り上げていってほしい。
その上で、各課題を戦わせてほしいです。
中央では自民党は日本維新とそれをしてますよね。
それが出来ないようでは、次の選挙はもっと大阪維新に大敗してしまいますよ。

あとは本丸の二重行政の解消と政治・行政改革ですね。
その辺は中央のデジタル行政を他の都道府県よりも洗練させて進めていけば中央との仲も改善するでしょうし、
府民のメリットも見える形で実現されることになるでしょう。
メリットの視覚化は大事です。


そんなわけで、都構想は否決される可能性の方が低いと思っていたのですが、なんやかんやと
なるべくようになったなと思っている次第です。

出口調査の人のインタビューを聞いていると、「維新はメリットしか言わない、デメリットを隠している
から信じられない」という意見が思いのほかいた印象があり、大阪人を騙すのは骨の折れる作業だな
って思い返した次第です。

過去に山本太郎氏を国会議員にしてしまったような東京都民とは違うなって思いました。
え?大阪にはセメントイテーな人がいるでしょって?

それを言われると困ってしまう・・・w



さあ大阪自民、頑張れ。
公明党はちゃんと裏切っていた責任をきちんと総括して、大阪自民との関係をきちんと構築しなおせよ。
お前らのせいで話がややこしくなって、住民投票等の余計なコストがかかったんだから。


まあでも最後まで結果の分からないシーソーゲームを演じたリアルタイムの開票の様子や結果も、
やっぱ大阪は掴みどころを分かってるわ、魅せますなぁ~~~って思った次第です。

役者やのぉ・・・。

  1. 2020/11/02(月) 00:07:48|
  2. 政治
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

安倍総理退陣・・・日本ヤバイ

安倍総理退陣・・・いや、勇退と言った方がいいでしょう。
何もかもが日本思いの素晴らしい総理大臣だったと思います。

安倍首相 正式に辞意表明「負託に自信を持って応えられない」 ~ NHK NEWS WEB
安倍総理大臣は、記者会見で、持病の潰瘍性大腸炎が再発し、国民の負託に、自信を持って応えられる状態でなくなったとして、総理大臣を辞任する意向を正式に表明しました。

事前から潰瘍性大腸炎が再発の事をなんとなくは知っていたので、これの行方を一応気にしてはおりました。
そうですか、やっぱりどうでもいいことで、野党陣営のクソみたいな追求が相当ストレスだったみたいです。
特効薬も精神的なダメージからくる病状進行は押さえきることが出来ませんでした。

野党の精神攻撃による病状悪化作戦はまんまと成功したということなのでしょう。
ここだけはどれだけ素晴らしいSPが着いていてもカバーしきれないところです。

病は気から、こういった病気の多くは精神の安定で結構ケロッと直ることも有ったりする一方、
病状の悪化も精神的な部分が意外と大きなウエイトを占めているものです。



安倍総理の”レガシー”やら”お手柄”を問う声はこの段になってから多い。
それって第一次政権の時から数えきれないぐらいある。
第二次政権は本当にものすごい手柄を上げている。

私が思うのはアベノミクスで旧民主党時代に低迷していた株価を短期で三倍に押し上げて世の中の雰囲気を一変させたこと。
そしてオリンピック招致を決めてオールジャパンで見事に招致に成功したこと。
その後の日本のオリンピックへの期待の高まりはTVのCMを見るまでもなく、多くの人が実感したことでしょう。
それと2025年の万博誘致も安倍首相のGOサインで動き出したと最近顔が売れている吉村知事も言っていますね。

安倍首相 東京オリンピック・パラリンピックに大きく関与 ~ NHK NEWS WEB
安倍総理大臣は来年に延期された東京オリンピック・パラリンピックに大きく関わってきました。
自民党が政権を奪還し、総理大臣に返り咲いた翌年の2013年9月には、アルゼチンのブエノスアイレスで開かれた、IOC=国際オリンピック委員会の総会に出席し、2020年大会開催に向けたオールジャパン態勢を強調しました。
この際、懸念が広がっていた福島第一原子力発電所の汚染水の問題について、みずからの演説で「状況はコントロールされている。東京に被害がないことを保証する」と述べて、日本での大会の安全性を強調し、招致レースを勝ち抜きました。

日本嫌いの人は「アンダーコントロール」をこれでもかと叩いていましたけど、祖国の財政がアレですし羨ましいのは分かりますよ。
でもね、日本はそれでもオリンピックの開催能力が有りますし、勝ち取る力も有ったのです。
でもそれは安倍政権が発足していなければ起こらなかった変化なんですよ。

2011年の震災からの津波・原発事故の時代にオリンピックという新風を送り込んだのは、安倍総理の大きな成果だと思っています。
野党側の人は認めたくない人は少なからずいるでしょうけど。
でも事実なんですから。

新型コロナ騒動の時でも、一貫して政策は経済優先。
アベノミクスを謳っていたのは伊達ではなかったということです。
ここに来てもやはり最後には経済がモノをいう。
それを肌身でよく知っていた総理大臣だったということです。

学校の登校規制をすると、「そこまでするべきなのか?」と反対キャンペーンを打ち、ダイヤモンドプリンセス号から
降りるまで二週間隔離すると「軟禁だどうのこうの、ふんがふんが」と喚きたてる。

でもその後世界に広がったら学校や船単位どころか、国や都市単位でロックダウンするのが結構世界で当たり前に
起こるようになった。逆に日本では「ロックダウンではなく、お願いベースじゃ手ぬるい」と、船や学校どころではない
意見が散見されるような手のひら返しが山のように発生するようになった。

結局安倍政策の右側から左側へ、意見が右往左往する事態が普通に起こるようになりました。
結局経済優先で勧めている安倍政策がバランスがいいと、裏付けしているようなもので、見ていて微笑ましいぐらいでした。



いやまあ、過ぎたことはどうでもいいんです。
問題は中国と、それに対抗するための世界最強タッグの安倍・トランプの関係性。
当然トランプ大統領は当選前から自分の所に会いに来てくれた安倍総理を強く信頼し、パートナーとして認めています。
世界へ強い発信をするときも、安倍総理との相談は欠かしません。

安倍総理の退陣で、トランプにダメージなんて報道も始まっていますよね。
やはりこの二人の蜜月関係は世界が認めるところなんですよね。


そうそう、病気を圧してでも、日本の為にと名乗りを上げた安倍総理を、クソみたいな叩きを行った
脳みそが病気としか思えない野党立憲民主党の頭のおかしな議員が居ました。

立民 石垣参院議員「大事な時に体を壊す癖」などと投稿 謝罪 ~ NHK NEWS WEB
安倍総理大臣の辞任表明をめぐって、立憲民主党の石垣のりこ参議院議員が、ツイッターに「大事な時に体を壊す癖がある危機管理能力のない人物」などと投稿したことに批判が相次ぎ、その後、石垣氏は、配慮が足りなかったとして謝罪しました。
安倍総理大臣の辞任表明をめぐって、宮城選挙区選出で、立憲民主党の石垣のりこ参議院議員は、みずからのツイッターに、「大事な時に体を壊す癖がある危機管理能力のない人物を総理総裁に担ぎ続けてきた自民党の選任責任は厳しく問われるべきです」と投稿しました。

基本的人権を説いた憲法に抵触しかねない事を平気で垂れ流したのが立憲民主党の議員と
いうのですから笑うしかありません。
どこら辺が立憲民主党なのかと、よく説明してもらいたいところです。



で、次の衆議院選挙のタイミングを考えると、任期があと一年あるわけですが、後任についてが今のメインの話題となっています。

私は以前からもこれからも、河野太郎大臣を強烈に次期か将来の総理大臣として推しています。
河野太郎大臣は本当に頭の回転が速く、切れる方だなと思っております。
彼の動画を見ると本当にそれが実感できます。
なかなかシャレも利いていますしね、色々笑わせてくれます。







河野太郎大臣も総理大臣になる気満々と言っておられるので、今回は無理でも将来的には必ず。
恐らく韓国は安倍総理の10倍は嫌う存在になることでしょう。
中国も河野総理が相手になったらそうそう簡単には日本には手出しできなくなると思います。

私はトランプが再選されると思っておりますので、河野~トランプの新しいタッグは非常に強力なものになると想像しています。



で、今の中国情勢などを見て、戦争が起きる起きると騒ぎ立てている人がいますが、
戦争は既に起こっているじゃないですか。しかも大規模に。

アメリカと中国、日本と韓国、日本と中国。
そして台湾と中国も。

もう武器でドンパチする戦争の時代は終わっているのです。
アレは力関係を示す為のお飾りなんですよ。
無ければ力の誇示は出来ない。
でも強力な武器が有っても実際に使うことはほとんどない。

河野大臣は動画の中で、高価な少量の武器で戦う時代ではない、安く大量の武器を揃えて出していく。
そういう時代に変わっていると言っています。
私もそう思っております。

そういった時代の変化もよくつかんでおられるなと思いました。

あとは経済政策でしょうか。
既に国際的な交渉術は、韓国を相手に対峙した様子で信頼できると思っております。
これで経済が上手に乗りこなせる方なら、間違いなく過去最高の総理大臣になれるのではぐらい
強力に河野太郎総理大臣の誕生を夢見ております。

石破?は?
二階?は?

初めからそんなのは見えておりませんし、これからも見ることはないですよ。
敵とすら思っておりません。
しかし世の中はこんなどうでもいい所しか目がいかないのですよね。


改めて、安倍総理大臣、お疲れ様でした。
最長任期と連続最長記録を手にされて退陣されることがせめてもの救いです。
これだけ多くの成果を上げた総理もそう相違ないと私は思っています。
8年近くも安心感を与えてくださり、ありがとうございました。

  1. 2020/08/29(土) 19:28:49|
  2. 政治
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:25

丸山議員の株がうなぎのぼり、突っ込みのセンスが光る・・・「蓮舫議員の国籍がクラウドで国内鯖??マルチリージョン??」

蓮舫議員、雉も鳴かずば撃たれまい・・・。

永遠に残る「二位じゃダメなんですか?」の何気なく言ってしまった言葉。
そして新たに付いた「国籍がクラウド疑惑」のラベリング。

丸山議員 「富岳」世界一に「敬意」表した蓮舫氏に「国籍がクラウドの説明して」 ~ デイリー
丸山氏は「んー、そこ聞くか共同通信」と切り出し、「蓮舫議員は国籍がクラウド疑惑の方の説明をして欲しいですね。マルチリージョンなのか、議員なってから国内サーバーに変更したのか、ずっと国内鯖なのかの説明こそ必要で(原文ママ)」と、「鯖」と「サーバー」をかけながら指摘した。
丸山氏は13日付ツイッターで、蓮舫氏が国会で「サーバーは増やすんじゃなくて、時代はもうクラウド」と発言したことに対して、「国籍がクラウド形態では、スパコンが2位である以上にダメですね」と皮肉る投稿をしていた。

丸山議員「富岳」世界一に「敬意」表した蓮舫氏に「国籍がクラウドの説明して」 ~ ヤフーニュース(コメント欄)
azl***** | 11時間前
海外では二重国籍が判明した場合即辞職ですからね。
河井議員のことを批判できる立場かと思う。
辻元の外国人献金も。
そういう自分のことを棚に上げて全く反省せず、人のことばかり批判しているから選挙で負けるのですよ。

頑張れ日本! | 11時間前
丸山議員って 酒癖悪いとか戦争発言とか問題有るけど、 議員内部情報や皮肉言わせたら天下一品だし、 存在感無い無駄飯食いよりも余程役になってる気がする。

jkx***** | 10時間前
徹底的に追及される方もいるのに、なぜかこのケースは放置。
のらりくらりかわすのが上手いのか、余程優遇されているのか。
アンタッチャブルなのがどうにも腑に落ちない。
丸山代議士は国会議員としての能力のみならず、世論を汲み取る感性も秀でている。

hid***** | 10時間前
最初大嫌いだったが、
ここ最近の動向みると、丸山再当選してほしくなってきた。

他議員さんより、よほど役に立つわ。

ais***** | 7時間前
丸山氏面白いな。
芸名議員の無知さや二重国籍に突っ込み入れてくれました。
忍者ハットリくんに似ている議員にも関西生コンや籠池問題にも突っ込み入れて欲しいですね。

hir***** | 9時間前
なんだかんだ言っても丸山氏の言っていることは的を射ていると思う。

oht***** | 5時間前
丸山氏は「んー、そこ聞くか共同通信」と切り出し、「蓮舫議員は国籍がクラウド疑惑の方の説明をして欲しいですね。

・・・まさに正論。

国民がスポンサーのNHKは、無視し続ける不思議。

河井の話は特番を組んで、逮捕されただけで「推定無罪」を無視し「推定有罪」の如き報道はし放題。

でも蓮舫の二重国籍問題は特集を組まないのはなぜ。

国民代表である以上、徹底的に洗うべきでは。
つまらね偏向Nスぺに膨大な資金を掛けるのに、この件には無視し金もかけない。

ついでに、丸山議員の株がうなぎのぼり。

なんだかんだと、サーバーやクラウド技術とその用語をきちんと理解している人の発言ですわな。
さらっとマルチリージョンとか出てくる辺り、用語的にも内容的にもいい感じでスパイスが利いています。

私は問題発言当時から割と丸山推し(当時のあの内容自体は支持していませんが)だったんですよ。
本音でズバッと切り込む所は橋下氏以上、しかも言葉のセンスもいい。
国会議員でこの年齢層で、ここまで暴れてくれる人はそうそういない。
ハマコーとはまた違った正論と笑いを提供してくれる人材かなと思います。

国籍がクラウド・・・本当に明言ですな。
こんな言葉のセンスを持った議員はそうおらんですよ。


恐らくこの人は、このセンスで次の選挙、返り咲いてくるんじゃないかって気がします。
意外とN国党の顔になっていく人かもしれない。


またたまに出てきて笑わせてください。

  1. 2020/06/24(水) 00:47:28|
  2. 政治
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

思い返せ、アベノミクス・・・オリンピックも温泉街の復興も、ラーメン屋の行列もアベノミクスだからな

久しぶりにちょっと政治ネタでも。
というか、完全に安倍総理関連の話です。

沖縄の結果を受けてきているわけでは有りません。
年を越す前からこれ、ずっと書きたかったんです。


今既に当たり前になっていること、それらはテレビなどでも大いにやっていますよね。
例えば東京オリンピック。


これ元々東京が言っていたけど全然盛り上がってなくて、当時取っていた何かのアンケートでは
東京オリンピック開催に賛成が10~20%程度しかなくて、反対が60%~70%位だったか
過半数だった結果を見たような記憶がある。

数字はともかく、とにかく東京五輪なんて東京の大半の人が期待どころか興味すらなく、
「余計なことをするな」とか「無駄遣い」としか思っていない人が多い時期だったように思う。
安倍首相が第二次安倍内閣として総理大臣の二期目に返り咲く前の旧民主党政権時代の話。

しかし東京オリンピックは日本再興の絶好の材料として捉え、安倍総理は獲得に本腰を入れる決断をして号令をかけ、
あの何度も報道される「TOKIO!」の発表を勝ち取った。オリンピックを取れた何もかも安倍総理のお陰とは言わないが、
総理大臣として二期目に返り咲いて、オリンピックをアベノミクスの材料として国を挙げての誘致を決断したことが
大いに獲得に繋がった。今の各所でスポーツが盛り上がり、あらゆる番組でオリンピックを意識した内容のものが
放映され、各社の動きもTVCMもオリンピックに絡んだものが沢山ある。

このオリンピックを中心とした活性した状態の最大の立役者は私は安倍総理だと私は思っている。
彼があのタイミングで総理になっていなかったとしたら、この東京のオリンピック獲得は無かったと考えています。
あのタイミングで小池知事が誕生してしまったという事故があったり、他にもケチの付け所は色々有ったものの、
それでもなんとか五輪開催へと動いており、それで世の中が明るくなったのは間違いないと思います。
これもアベノミクスの成果。成長のエンジンの一つではある。
私はそう考えている。


当然ながら、大阪万博も安倍総理肝入りで後押ししたことが獲得に繋がっている。
元々大阪でもそれなりには動いていたけど、やっぱり国の後押しが有ると無いとでは大きく違う。
大阪も国のお墨付きを頂いたわけだから、テンション高く、自信をもって獲得に動けただろうと思っています。

そうして、天皇陛下が退位され、平成が終わることと、新しい元号に代わること。
それも安倍総理が決断してそれが実現した。
勿論その前に天皇陛下の現状をお言葉として出されたという、”チャンス”が訪れたことも大きく、
”持っている”総理大臣であることには間違いない。
でもその三つを確実にものにしたということで、それは”総理として有能”な証と言ってもいいでしょう。
原発を爆発させざるを得なかった総理とは数倍・・・数万倍、数億倍違うと思います。


そうしてもう一つ、インバウンド政策での日本の観光立国としての動き。
毎年の日本への旅行者が、1000万人にも満たなかった時期から一変。
今年は3000万人が日本に旅行に訪れた。


勿論東京や京都といった、如何にもな所へ向かう外国人が多い。しかしながら今や聞いたこともない温泉地や、
日本の弱小温泉にまで外国人が足を運んで、インバウンドでの日本の温泉ブームが既に始まっている。

温泉と言えば、地方の山奥なども多いので、お陰で日本の地方が息を吹き返したところも多い。
廃業が進んでいた地方の温泉宿にとっては救世主が表れたとしか言いようがないでしょう。
これも安倍総理によるアベノミクス効果。


そして日本食ブーム。
日本のトラディショナルなものをオタクレベルで体験する人も増えている。
ラーメン屋の行列や、日本人も余り足を運ばないようなマイナーな神社仏閣へのお参り。
細かな離島への旅行など、オタクレベルでの行動も結構行われている。

宿泊施設は地方迄混雑し、カプセルホテルやラブホテルのような、日本独特の宿泊施設も珍しがられて
ミニバブルが起きている。ゲストハウスは勿論のこと、民泊も結構うまく運用している例を、
私の知り合いレベルで話を聞く。


でもこれって、一切テレビやその他メディアでは流行っている事実はよく放送されてはいても、
アベノミクスによる効果の一環とか言わないですよね。勝手にそうなったと思っている人も多いんじゃないかと思います。
特に多くのメディアはアベノミクスの効果がいい方向で出ているなんて、絶対国民に知れ渡って欲しくはないですもんね。
原発まで止めて、日本の国富を年間数兆円捨てさせてまでして、アベノミクスを邪魔しまくってきたのですから。
「成長の矢は失敗だ!」と言いたいから、絶対これらの効果は出ていることになってはならない。
それがテレビや新聞などのメディアの立場です。

勿論池上彰氏も、徹底的に隠します。
彼はジャーナリストではなく、ジャーナリストの皮をかぶったプロパガンダを行っているだけの人です。
安倍政権が成し遂げているこれらのことは間違っても国民に知らせるなんてことはしません。
池上氏は大の安倍嫌い・自民党嫌いですからね。

彼らの共通項は、とにかく日本が良くなっちゃ困る。
中韓の隆盛こそが大事、そういう事ですよね。
実際には韓国なんていつIMFのお世話になるか・・・時間との勝負って感じですけど。

だから、池上彰氏もですが、橋下徹氏も必死です。
彼も何故かはわかりませんが、韓国や中国に関してはっきりとは言いませんが、擦り寄る部分が見え隠れする。

大阪都構想なんてその集大成だと思っています。
とにかく大阪や地方の権力を増やし、国から出来るだけ切り離す部分を増やす。

その内アメリカの一部の州のように、慰安婦像を立てたり、沖縄のように龍柱が立ってもおかしくないなと思っています。
大阪都を勝ち取った暁には。大阪維新の会の動きを見ているとそうにしか思えないことも少なくない。



私だって、何もかも安倍総理のやっていることはいいとは思っていない。
消費税は基本的には上げるべきではないと思っているし、外国人労働者をそんなに入れて欲しいとは思っていない。
もっと子供を増やす方に力を入れろよと思っている。

でも消費税の増税は、インバウンドからの税収を増やすには確かに効果は有るし、日本に来る外国人からの
税収を増やすには効果的だ。それに消費税は基本的には脱税が出来ない。
店を脅すとか交渉しないと払い手側がまぬがれることはできない。
店が売り上げをちょろまかすと脱税できるが、それは消費者とは関係のない話。

導入時にはパチンコ屋とかの脱税が無くなるかなと、そういう部分では期待はした。
でも景気の押し下げ効果は半端なかった。当たり前と言えば当たり前だが難しいものだ。

思うに、消費税を入れたいなら所得税を無くせと言いたい。
労働者の入り口と出口の両方から取るなと。
これって二重取りって感じるんですよね。

所得税を取られた上で、自動車税やらガソリン税、更には消費税を上乗せ。
もう馬鹿かと言いたくなる。
車に乗るのが嫌になるレベル。

本音を言うとこういう所をスッキリしてもらいたい。


アベノミクスから話はズレたので戻す。
覚えている人も多いとは思うが、これらの事が安倍政権のお陰と忘れている人達に今一度思い返してもらいたい。
今当たり前になっていることは、安倍総理の政策のお陰であるものも沢山あるんだよってことを。


クソな安倍信者が・・・と思われているかなと思いますが、私が安倍政権二期以降を強烈に推す理由の一つが、
一期を退陣して、旧民主党政権の最中、やしきたかじんしが持っていた冠番組の、そこまで言って委員会で、
平になっていた安倍議員を番組に何度も呼んで、安倍議員の本音の思いの丈を色々と放送していたこと。
たかじん氏と安倍総理の裸で一緒に温泉に入った回などは、貴重な映像そのものです。

私が強烈に安倍政権を押すのは実はその総理になる前の安倍氏の本音を聞いていたからです。
あれがあるから・・・番組内で皆で安倍総理にもう一度というエールを浴びせ、やり残したことをもう一度
チャレンジしてやり遂げて来いと、番組を挙げて総理へとつなげたということを旧民主党政権時代に
ずっと見ていました。あれが有るから私は強烈に安倍総理を推しているのです。

安倍総理を押す理由は、総理になってからよりも、総理になる前を知っているからです。


その上で、アベノミクスを見直すと、本当に頑張ってるなと。
あの旧民主党に痛めつけられた日本をよくもまあここまで・・・というのが実際の感想です。
そんなわけで、どうしてもこの記事だけは書いておきたかったのです。

そういうことで宜しく。

  1. 2019/02/25(月) 02:23:51|
  2. 政治
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

国会の裁量労働制の質疑などを見ていてふと思ったこと

世間では裁量労働制の法案がうんたらかんたらとかやっておりますが、
私はこのニュースを聞くたびにアホかと思って聞いています。

厚労省の示したデータが馬鹿過ぎてどうとか、過労死の遺族がどうとかいう話も色々出ていますが、
それを聞くたび「シネやボケ」と思ってニュースを見ています。

私的には何を温いことを言ってるねん、さっさと規制をどんどん緩和していけやと。
賃金と労働時間なんて、市場相場の世界ですから、仕事が増えて労働者の売り手市場になれば
どんどん条件が良くなるのです。だから経済活性の足枷になるものはどんどん無くせばいいと
私は思っています。

働き口がどんどん増え行けば、企業は給料を上げてより働き手に金銭的な魅力を提供し、
バイトを社員に昇格させて逃げられないように人材の確保を図ります。
これは企業の金回りが良くなり、仕事量も安定して増えれば自然とこういった市場原理が働くのです。

逆に景気の足が引っ張られており、今景気がよくとも先に不安が有れば、人員は出来るだけ
非正規で確保して、人員が固定化・安定化しないようにします。

究極的に言うならば、企業の業績が良くなれば働き手に色々メリットが生まれますし、企業の
業績が上がらないか、上がっても先行きに不安が有れば、働き手にはメリットは生まれません。

法律が有るから労働環境が良くなるのではなく、業績が安定していいから労働環境が良くなるのです。
法律で労働環境が良くなるのは一流の企業の社員だけです。
末端では面倒が起こるだけで、企業の業績が上がらない限り、「法律で許されなくなった」と
仕事現場が奪われるだけです。私はそんな風に悪い影響を受けた可哀そうな人達を結構見ています。

だから結局は企業の業績の回復が隅々まで行き渡る必要が有るのです。
その為には・・・原発を止めて自然エネルギーの電力にシフトとか、電気代高沸させるだけで
アホの選択です。結局野党はこういった形でアベノミクスの邪魔をして、企業の業績を悪化させ、
働き手の環境改善を阻止しています。野党的にはアベノミクスが大成功を収めるのは許されませんからね。


労働環境の改善なんて、法律が有るから行われるのではなく、労働者の奪い合いと景況感で
行われるものです。いい人材が欲しければ、いい条件を整えるでしょう。
かつてのすき家の労働環境の改善は、法律が有ったから改善したのではなく、アルバイトの
集団ボイコットが切っ掛けでした。その時のすき屋のアルバイトも、必ずすき家で働きたいから
働いていたのではなく、もっといい条件で仕事が有ればそっちへ移っていくでしょう。
実際集団ボイコットをする前の時の相談では、別の仕事へ移るという話も出ていました。
「こんなブラックやってらんねー」って。

アベノミクスもようやく少しづつ成果が出始めてきて、今年は賃金3%アップが首相により号令が
出ましたが、やっとここまで来たかって感じです。デフレをきちんと脱却しないとこの流れは
起こらないのですよね。

野党が時差で実質賃金の低下とかバカな叩きを行っていましたけど、そんな時差の誤差を
叩いてどうするんだと。政府や国会は国や5年10年の大きな形を作っていくもので、四半期や
一年単位のレベルの誤差を問う所では有りません。

この先どうしたいんだということを議会で論じてもらいたいものです。
そんなわけで野党は邪魔ばっかりして何の役にも立ちません。
安倍首相や自民党が万能というつもりは毛頭ありませんが、今は一番いいとしか言えません。
他がカス過ぎるから。

20年、30年とかけて下がってきた経済ですから、そう簡単には戻しませんよ。
国民が一丸となって経済を上げようと頑張らないと。

野党は一所懸命日本経済にブレーキをかけて邪魔していますけど、ノーブレーキで突っ走って
みたら、経済がガンガン上がって労働環境が急激に改善するかもしれませんよ。
急な変化は副作用が大きいので完全にノーブレーキがいいとは言いませんけどね。

でも安全が確認された原発はガンガン動かすぐらいはやっていいと思いますよ。
クソみたいな法律論争で足止めを食らうよりも、よっぽど効果があるように思います。
裁量労働制の法案もさっさと通して規制緩和もすればいいですけどね。

  1. 2018/02/22(木) 00:57:32|
  2. 政治
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:9

安倍総理が平昌オリンピックの開会式に出る事に対しての私的考え

平昌オリンピックって、オリンピック憲章を見事に外れた、政治外交舞台になっちゃいましたね。
まあ所詮韓国には冷静に粛々とオリンピックを運営する能力は無かったという事でしょう。
初めから失敗の噂が絶えませんでしたからね。
赤字確定でも最後まで選手の為に進行だけは止めずにやってもらいたいものです。
ちゃんと怪我人・死人を出さずにね。


そんなわけで、完全に北朝鮮主導の外交ショーになった平壌オリンピック・・・平昌オリンピックですが、
安倍総理の開会式出席がどうのこうのと騒がれています。
勿論日韓合意のあれこれに関してがその理由ですけど。
韓国による日韓合意のちゃぶ台返しを許すなとか何とか・・・。
いや分かるけど、低いよ・・・志が。

私は当初は反対の姿勢でしたが、今となっては全力で安倍総理の出席を支持しています。
理由は簡単、そもそも日韓合意は安倍総理が勝ち取ってきたもの。
それを今わざわざ韓国までその勝ち取った本人が出向いていくというのですから、何か勝算が
あっての行動でしょう。そんなわけで、「総理、頑張って勝ってきてください」というのが私の考えです。

今回の訪問で何を勝ち取ってくるのかという目的は分かりません。
韓国が慰安婦問題を蒸し返す事への対応だけでいくとは私は到底思っていません。

恐らくそこへ各国の首脳が集まることが行く目的だと思っています。
韓国向けだけで行くとは到底考えにくい。
大してメリットないですし。

北朝鮮のそれなりの人も来るでしょうから、拉致関係を進めようという意図も有るかもしれない。
アメリカや他の国へのアクセスも恐らく考えているでしょう。
何か国に向けてアクセスを取るのかは想像できません。
しかし既に裏で色々アポを取っていると思っています。


安倍総理は、どう考えても飲むはずもなかったと思われる日韓合意を朴槿恵大統領に
飲ませて、今の日本有利に導いた張本人。韓国のちゃぶ台返しを織り込んでおき、
きっちりと「慰安婦問題が最終的かつ不可逆的に解決されることを確認する」という文言まで
入れておくという念の入れよう。更にその合意にアメリカを立ち会わせるという完璧な締め技。
今その安倍総理の仕掛けた罠に韓国は苦しめられているわけです。


安倍総理が文在寅大統領をどう料理するのかや、他にどの国のどの首脳とやり取りを
するのかは、当日になってからのお楽しみ・・・ですかね。

韓国がオリンピックを完全に外交の場に仕立て上げてしまったわけですが、
安倍総理はその流れを見逃さなかったというのが私の見立てです。
本当に、チャンスを逃さないいい総理に恵まれたなと私はこの流れを歓迎しています。

相手が動く前に先に動く。
アクティブな行動力で日本へ国益を持って帰ってきてもらいたいと思っています。
まだまだ日本の復活は始まったばかりですよ。

やるべきことをきちんとやってくれる総理、素敵です。

  1. 2018/01/28(日) 22:39:19|
  2. 政治
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:9

日本国民が本気で怒った!投票した!!衆議院総選挙で自民公明与党が313議席で2/3越えの圧勝

日曜は衆議院選挙の投票でした。
自民党が議席を大きく伸ばし、大躍進の様子が昨日の選挙特番で見られました。
公明はやや議席は減らしましたが、元々475議席あったのが、今回の選挙で465議席へと、10議席減少
するので、同じ議席数を維持すると実質議席数が増えたことと同じになります。
そんな中で、議席を積み増した自民党は驚異的な強さを見せたと言っていいでしょう。

この選挙はまだ完全な結果は出ていませんが、もう自民党の完全勝利と言っていいでしょう。
NHKの開票速報を満ちている時からもというか、8時過ぎの時点から自民党の圧勝が感じられました。
他局を見ても、似たような傾向でテレ朝・TBS・フジのスタジオはお葬式状態。
安倍総理や自民党が大嫌いな日本破壊ジャーナリストの池上彰氏も色々と渋い顔が目立ちました。
それどころか、テレ東は当確速報の数字を多くの時間表示しないという、緊急対応。
そこまでして自民党が勝っている数字を表示したくなかったのでしょう。


思うに、安倍総理はこれを予想して解散したのでしょう。
安倍総理が解散総選挙を言い出した時は、私は確実に議席(割合)を減らすからやるべきじゃないと思っていました。

ただそれでも、確実に負けるという確信が有るわけではなく、自民党の票読み部隊が恐らく勝ち目が
有ると判断したので解散に踏み切ったのだろうと思います。

その自民党の票読み調査が裏で動いている間、表舞台で小池百合子氏の希望の党をニュースや報道番組などで
持ち上げること酷い。マスコミは対安倍政権勢力なら何でも持ち上げる作戦に出て、小池百合子氏を
神輿として全力で持ち上げ始めました。

これは先の都知事選でのみどりの小池旋風の成功体験を受けてのことでしょう。
しかし私から見れば、みどりの圧勝により、都民や国民のモリカケ関連の溜まっていた国民のうっぷんや、
都議選での自民党都議関係へのマイナス感情関係の全てはここでクリアされてしまっていました。
なのでみどりの圧勝が国政で希望を推す力には余りならなかったと思います。
ここが一つのポイントでしょう。

マスコミは小池知事を利用したかったのでしょうが、あのみどりの圧勝で、日本中が危機を感じたのです。
このまま選挙をすると確実に自民党が負ける。誰もがそう感じました。
だから「今全力で自民党を支えなければ」と思った人が沢山居たのでしょう。
勿論私もその中の一人です。

それまで、自分の政治的な属性を表に出さなかった人達が続々と、自分のポジションを明らかにし、
安倍政権と自民党を応援するようになりました。その様子を都議選以降私は強く感じていました。


私は解散は年末か来編初頭にするべきだったと考えていました。
公示前位までは。

それが公示後の様子を見ていると、「自民党、ひょっとするとひょっとするかも・・・」と感じ始め、
そこに出てきた票読み予想の報道で安倍総理の勝負に出る判断力のすごさを感じさせられました。


公示前から工事直後位はマスコミが全力で「モリカケモリカケ・・・」ラッシュ。
私はこれを大歓迎。

当然国民は数億円から精々数十億円レベルの話。
今年の初頭から、もう一年弱やっている。
国民が一番関心を持っているのは数兆円から数百兆円という国家予算クラスや経済の話。
モリカケなんて、どれだけ引っ張っても一か月もやれば十分な話。
それをここまで引っ張ったらったかれている側に有利に反たらくのは誰だって予想できるはず。

一向に収まらないモリカケのトドメは「二人でモリカケ!」のTBSディレクターの放送事故。
あれで、一気に空気感が変わりました。
もうモリカケなんて、一部の人が染められているだけで、大半の人は被害者側の自民党や
安倍総理側を応援する気持ちになっていきました。
マスコミだけでなく、小池知事もモリカケネタに乗ってしまい、執拗に話す始末。

小池希望惨敗の理由を「排除」の言葉のせいと頭の悪いことを言う人が多い。
マスコミは皆そのせいだと思っているようですが、そんな一発の失言だけの問題ではない。
その時点で有権者を舐めている。

元々「モリカケ色」に染まっていなかった小池知事なのに、自らモリカケに染まって
しまったことが、希望惨敗の理由の一つでしょう。そこに重ねて自身の出馬をちらつかせた
ところとか、あの大勝をしたはずの都政をほっぽらかしてこの人は何をしたいのだろう?
都政は自身が国政で駆け上がる為の捨て駒の一つだったのかと国民が感じたことでしょう。
国政の党首になる所まではギリギリ我慢できても、自身の総理への可能性をなんとなく
国民に感じさせた事とモリカケで完全に行き詰りました。

そこに門前払いした立憲民主党の面々。
マスコミは完全に希望から乗り換え、希望⇒立憲民主党&モリカケと反自民の為の武器を
持ち換えました。マスコミでまともな報道をしていたのは産経新聞ぐらいでしょうかね。

朝日新聞と毎日新聞、朝日放送とTBS・NHK・フジテレビはなかなかの公職選挙法や
放送法違反を繰り返し、椿事件を超える酷い放送内容が目立ちました。
もう「みんなで渡れば怖くない」を地で行く偏向報道ぶり。
どれだけやっても摘発されないし、罰則の受けることはない。
やらない手はないって感じ。

私的には食中毒を出した飲食店が受けるような、3日間営業停止のような罰則を適用するとか、
そのぐらいのことをやるべきだろうと思っています。そろそろその段階に入っていいぐらい
偏向報道が酷いですからね。

今回の自民党圧勝は都議選大敗のお陰だと思います。
あの都議選で安倍首相に対する偏向報道を尽くしたマスコミに対する対抗措置が生み出され、実行されました。

日本を守り、成長させる安倍政権を日本人が守ろうという動きが加速、これが安倍自民党大勝への
大きなエネルギーになったのだと思います。

歴史的な都議選敗退がものすごくベストなタイミングで起こり、そのバネをきっちり生かした
安倍総理の読みの鋭さは素晴らしいと思います。

これと同じことが政治手腕としてふるわれています。
憲法の日に憲法について発言する。
トランプ氏が勝つ前に顔合わせをしていい仲を構築しておき、その後世界の首脳に対してトランプを
取り持つことで、色々有利に外交を進めていることなど、安倍総理の読みの鋭さは歴代総理の
中でも異常と言っていいほどです。

どれだけ鈍感な人でも、このどうしようもなく負け選挙としか思えないタイミングで解散して大勝した
事実で安倍総理の読みの鋭さを実感できるだろうと思います。
思うに孫正義氏以上の読みの鋭さと実行力を持っているなと私は感じています。

孫正義氏のようにあざとくないし、だから嫌味に感じない。
それが日本人とそうではない方の違いかなと思っています。

この能力で安倍総理は政治や外交を行っているのです。
応援したくなる大きな理由の一つです。




色々な選挙特番をチャンネルを切り替え切り替え見ていましたが、今回は池上彰氏の番組は
ほとんどみませんでした。他局も思ったほどではなく、一番マシだったのがNHKだったという落ち。
これにはガッカリ。

おおきな判断基準は当確を出す数字の進み方。
いつもNHKは控えめな数字になっているのですけど、今回はNHKが一番進み具合が早い。
これは票読みに対する自信の表れ。

勿論自民の大勝を報じたくないという内情も有るのかもしれませんが、何よりも正確な票読みが
出来ているという自信がないと、下手に当確を出せません。
NHKはいつもと同じペースで出しているのでしょうが、民放各社はかなり控えめな進め具合。
前回クレームでも出たのでしょうかね。


池上彰氏の選挙特番ライブでは「ポスト安倍」をやたらとしつこく報じたことに象徴される通り、
安倍首相が勝つことがとにかく気に入らないのを全く隠す気が有りません。
ここまで安倍諸種や自民党が嫌いなのかと強く感じるぐらい、やりたい放題。

超消極的な当確の出し方を見ても、分かりにくいように安倍首相嫌い、自民党嫌いを所々に
散りばめているのが感じられる語り、選挙特番の池上無双はもう終わりでしょうね。
怒った日本人は池上特番を見てすっきりもしないし、納得感も有りません。


今回の選挙は与党の占有議席割合が改選前より伸びて、安倍政権は超安定、
安倍政権は更に長期政権になる可能性が高まりました。
石破茂議員が総裁選で総理の席を争うことになるような話も聞かれますが、石破氏では
こんな政権運営は無理でしょう。石破氏は余り愛国心を感じさせる意見を言いませんしね。
岸田氏?んーーー、そもそもリアリティーを感じない。
池上氏はどうしても辞めさせたがっていますが、任期の限界まで安倍総理が続きそうに思います。

そういえば立憲民主党が大勝とマスコミの触れ込みですが、実質民進党の後継政党と考えると、
実質的には大量に議席を失ったようにしか見えない。
まあ小選挙区で落ちていた面々が、小選挙区で議席を復活させた部分に関しては勝ちの
要素はあったのかもしれません。でも民進党⇒立憲民主党としては頭数は減っているのです。
まあまだ名前が残っている方の民進党はどうするのかは分かりませんけどね。


総理の悲願の憲法改正に関して。
私は安倍総理が現状言っている改正案には反対。
9条に3項を追加するというアレね。
全く改正しないよりはマシだけど。

以前「自衛隊を国防軍へ」というのが有りましたが、私は国防軍にしてそれを憲法で保障して
いくという方を支持しています。というか、本心はそれでももの足りないぐらい。

自衛隊を日本軍にして、軍法の整備もしきちんと世界基準で標準的な軍を日本ももつべきで、
その存在をきちんと憲法で保障するという考え方です。
抑止力としての核兵器を日本も持つことを否定しない私ですが、それよりも日本軍の整備の
方が先だろうと考えています。

例えば中国や北朝鮮側から見て、「ちょっかいを出しても自らの手足縛りでろくに反撃も
出来ない日本」から、「下手なことをすると痛い目に遭わされるかもしれない日本」に早く
ならないといけないと思っています。

日本死ねな方々は、「(憲法で)戦争を出来る国にしてはいけない」と言っていますが、それがまずいのです。
(憲法では)戦争が出来るようにしておかなくてはいけない。そうしないと防衛コストが飛躍的に上がる。

繁華街を歩いているのが、ひ弱そうな兄ちゃんと、筋肉隆々で明らかに強そうなの兄ちゃんだと、
どっちに手を出す可能性が高いと思います?筋肉隆々だと手を出すのに躊躇しますよね。
そういう見えない心理的な防衛力は、コストがかからず恒久的な防衛能力を発揮します。
税金をかけずに防衛能力が高まるのなら、使わない手はない。

その日本軍をどう縛ってコントロールする部分については、プロのお偉い学者や官僚たちが
考えてくれればいい。細かい部分まで考えるのはプロの専門家の仕事ということで。

総理大臣や大臣もそうですが、議員は大きな枠組みを考えて立法して国会に諮って決める。
それを補完していくのが官僚の仕事。勿論色々例外等は有るだろうけど。
大まかにはそういうもんじゃないかなと。

決して細かい数字やルール、そういうことを答えうのが仕事じゃないと思います。
国会はそういった大きな方向性を決める為の場でしょう。

野党はクイズ形式などのあの手この手で細かいことばかり質疑して、国会空転を行ってきました。
モリカケ問題なんて必要な質疑どころか国政と関係のないことですよね。

野党はそれで衆院選挙までの9か月の間、国会を空転させ続けてきました。
「無駄を省け」というならば、自ら国会運営内の無駄を省くべき。
国会を一日開くと数億円かかるわけで、時間と同時に税金の無駄も。

森友問題の8億円をディスカウントしたことを大騒ぎするけど、国会空転による何十億円や
百億円単位の無駄を生み出している。そっちの方がよっぽど無駄。
そもそも国会で取り上げるレベルの話ではない。

国会はもっと大きな事を発議して決めていく場所です。
議員ではない一般人のどうでもいい問題の証言を吐き出させる場所ではない。


私は今回野党勢力の中でも民進党の実質的な化身、立憲民主党の頭数が相当に減ったことが、
より議論をスムーズに進める為の動きに繋がるなと思っています。民進党の国会での進め方は
反対の為の反対で、自分たちの結論以外、何一つ他の意見や見方を認めないという姿勢ですからね。
テロ等準備罪等、既に可決しているものですら、その事実すら認めずにごちゃごちゃ言う議員。
そんな奴は議員を辞めろ。

議員個人の行動は、共産党の議員も問題のある人はいるけど、国会中の行いは、
共産党自体は民進党や立憲民主党の議員よりはマシだと思っています。



で、早速一方の格差で、また裁判を起こした弁護士が出てきましたね。
私はこの一方の格差、ごちゃごちゃ言う方がアホだと思っています。
是正の必要も感じません。

一方の格差が嫌でより大きな一票の権利が欲しいなら、一票の価値が大きい所に引っ越せばいい。
別に国が「そこに住んでください」と決めたわけではない。
住む場所やそれに関連する仕事は自分で選んだものでしょう。

逆に一票の権利が大きな場所は、生活に不便な場所などが大きい。
私はそういう場所にはそれ以外のことで恩恵が有ってもいいと思っています。
それが一票の権利という形で与えられてもいい。
私はそう考えています。

それこそコストのかからない権利でしょう。
一票の格差に関しては法の下の平等の解釈を一票の権利にだけに固定させず、
生活全般に関して見た上での平等と解釈し、生活に不便なことを補う一つとして
一票の格差を与えるということでいいんじゃないでしょうか。

何よりもより大きな票の権利は欲しい人はそこへ引っ越せばいい。
もうクソみたいな権利主張は無視すりゃいいんじゃね?とか思う私はやっぱりキチガイでしょうかね。
まあ司法側は裁判起こされたら粛々と処理するしかないですけど。

上記の私のようなぶっ飛んだ判決をいう裁判官が出てこないかと私は期待してします。
ちなみに私は期日前投票をし、反日的な判決を出した裁判官数人にしっかり×を付けておきましたよ。


そんなわけで、安倍首相の選挙に対するセンス良さをこれでもかというほど実感した選挙でした。
毎回ハラハラさせながら大勝するんですよね。
でもこの「ハラハラ」が投票させるテクニックだってことでしょう。

あと野党各党の候補や議員の応援が、ことごとく自民党や首相の応援の言葉にしか聞こえない
という全党を挙げた自民党応援部隊になってしまったという笑える話も有りますね。
お前ら何処まで自民党好きなんだよと。
自民党や首相を叩くのではなく、自らの政策を訴えろよと。
ゴールを政権交代や自民叩きに置いている党に誰が投票するんだよってね。

決してマスコミに洗脳させることが投票に繋がるわけではない。
安倍首相にかかるとみんなリアルドラマの中の役者なんですよ。
それを作り出せるセンスが安倍首相にはあるということなのだと思います。

  1. 2017/10/23(月) 18:27:03|
  2. 政治
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:30

小池百合子議員は小泉劇場を引き継いでいる?私に言わせりゃトランプ方式にしか見えんのだけど

衆議院選で与党が勝つのか野党が勝つのか、微妙な状況から一転、与党の善戦が伝えられて
ほっと一息のところに、微妙なタイミングで設定された東京都知事選が動き始めました。

小池百合子氏衆議院議員が先手必勝とばかりに動き始めたからです。
どうもメディアは衆院選がもう半分答えが出始めてネタが減ったからか、政権選択ではない
参院選だからなのか、日本の首都とはいえ、一地方の選挙の方を俄然取り上げ始めました。
確かにこっちの方が見た目荒れていて面白いですよね。


で、どのメディアもどの評論家も判を押したように小池議員が小泉元首相に近かったという
ことも含んで「小泉流の郵政選挙と同じ手法を取っている」と言っています。

え?なんで?
確かに一見そう見えなくもないですが、でも私には違和感しかありませんでした。

小泉元総理は、はっきりとした郵政解散・郵政選挙とシングルイシューを掲げたわけです。
問題を一つに絞り、それに対しての[YES]/noを有権者に問うたわけです。

で、小池百合子議員は?

はい、どう見てもシングルイシューではないですね。
これと決めた一つのターゲットとなる政策を示して、その是非を問うているわけではないです。


昨日「今日の夕方から記者会見を開きます」と各メディアを誘導し、テレビカメラや新聞・雑誌の
記者を集め、夕方のニュースの始まる頃の時間に合わせて会見スタート。

アホな評論家やコメンテーターは「夕方に生放送で放送させる為」とか言っていますが、
生で放送される事にどれだけの意味があるのか。全く意味がないとは言いませんが、その時間帯自体は
そう視聴率が高いわけでもなく、その数時間後に始まるゴールデン・プライムタイムが本当のターゲットです。

どれだけ多くのカメラに収めさせ、それを何度も何度も繰り返し放送させることの方が夕方の生よりも重要でしょう。
要はどうやって露出の度合いを高めるのか、興味を持たせるのか、それに特化した手法を選んだだけのこと。

もちろん小泉劇場にもその要素はありましたが、それよりももっと小池議員と同じことをやっているのが
アメリカのトランプ候補。彼はマークもされていなかった端っこの立場の候補でした、元々は。

それが、あちこちに敵を作るような過激な言葉をうまく発し、適度に事を荒立てて興味を引くことに成功。
トランプのやって来たことは、例え理屈的や正統的な考えからは多少おかしい内容であっても、
無下に否定だけすべき内容とも言い切れず、大衆の本音に訴えかける賛否両論になる内容の
問題を意図して発していること。

そりゃ色んな立場の人たちからすれば「こんなことをまともに実行されたらアメリカは終わりだ」と
なるわけですが、それは「最終戦」が近づくにつれ、少しづつ内容を修正してまともなものに落ち着けていく。
その為のまずは予選突破を狙った尖がりがトランプの手法だったと私は考えています。

普通に考えて、商売であれだけ成功している人が「単なるうつけ者」なわけないでしょう。
表面的な言動に騙されている人が多すぎると思います。
以前トランプに逢った某人が「私は日本人が大好きだ」と大歓迎され、手厚いもてなしを受けたと
いう話を聞いたとき、「ああやっぱりね。」と思いました。

民衆とメディアのコントロールがジョブズ以上に上手いのでしょう。
ある意味詐欺師的な手法とも言えなくはないですが、”大勢”以上の”大衆”を動かすには必須と
言える力です。だからこそ共和党末席位置で、ノーマークの立場のトランプが共和党の大統領候補に
上り詰めることが出来たのです。クリントン単独線になったらそれ向けにまた戦術を変えるでしょう。


で、小池百合子氏ですが、メディアを一手に集め、参院選の流れが見え始めてネタ切れになりかけで、
しかも自民党的には「投票が終わるまで待ってくれ」という、世間的にも「え?」というタイミングで
動き始めました。

メディア的にはネタ切れ初めに大名の館で火事が起きたようなもので、こんな面白いことは有りません。
そりゃメディア的には「夕方みんなしゅーごー」で集められて、素材が山ほど出来たわけですから、
これを報じないわけ有りませんし、尖がった意見・言葉・手法に、自民党都議連という、なんとなく
悪いイメージに仕立て上げやすい所との内紛ですから、評論家やコメンテーターを呼んで、
バンバン時間を割きます。

その内容は「敵の作り方」だの「敵の数」だの「冒頭解散」だの「解散の正当性や、受け身だから実行不可で
いきなり公約違反だの」割とどうでもいいことで小池氏の露出を増やすわ増やすわ。しかも掘れば掘るほど
結局は小池氏の都政への思いが都民だけでなく全国民に伝わるという、小池氏には有り難い効果しか
生まないという結果に。

本心から言えば、小池氏は自民党のバックアップを受けて素直に公認を受けて選挙をしたかったでしょう。
その可能性が消えた時の為に、第二の手を用意していたということだと思います。
だから指摘されているような公認要請を出したまま唾を吐くような矛盾を持った行為になったのだと思います。


しかしメディアってどうして、割とどうでもいいことばかり真剣に力を入れて報道するのでしょうかね。
だからこそ頭のいい層からは操りやすく、こうして簡単に選挙対策・売り込みに利用されているわけですけど。

私としては、過去の知事の・・・出来たら鈴木知事辺りからの、実績などを一覧や、
個人単位と年表形式にしてパネルにして、小池議員の今までの言動から予想される
都政の行方の予測など、要は選挙戦術にスポットを当てるのではなく、小池氏は何を
目指しているのかということにスポットを当てて欲しいです。

それを過去の都知事だけではなく、今予想されている候補達との予測される政策比較を
してもらいたいものです。大事なのは誰がどのように戦うかではなく、当選した後にその人は
何をするのかという内容です。

そういう意味では現状でも参院選で放送できることは山ほどあるわけですけど、メディアは
どうもそういうのは好きではないようです。まあ「公平性」という壁のおかげで、放送するのに
一定の面白くなくなる壁があるので視聴率につなげるのは難しいのでしょうけど。

ただ公平性の壁がないと、特定野党に肩入れした放送ばかりになるのは目に見えているので、
問題だけど仕方なく必要で有ることには間違いないですけど。



初めに言いました通り、ここまで読めば小池議員は全然シングルイシューでもなんでもなく、
単なる選挙サーフィンと分かりますよね。その手法はトランプ並みに上手いと思います。

私はそれを批判しませんし、むしろ「もっとやれ」と思っています。
自民党は応援していますが、私が都民なら小池百合子議員に確実に投票します。

やっぱり本気でやる気のある人にやってもらいたいことが一番。
これは大きいです。

それに都知事として直近の大きな仕事として、リオで引き継ぎ式に日本の首都東京の代表として、
小池百合子知事として女性が出ることの国益としての大きなメリットがあること。

もちろんスポーツと政治は分離された別物ではありますが、しかしオリンピックに出る、その国の
その都市の代表は世界中の注目を浴びます。そこにメルケル張りの強い女性が日本の東京の
顔としてリオに行くことは、日本の女性の立場の変化を世界に印象付ける大きな出来事になると
考えています。性別でどうこう言うのは馬鹿らしいと私は思っていますが、それでも性別は重要と
世界は考えているようなので、それなら今は小池氏にしかできない仕事をしてもらうべきでしょう。


  1. 2016/07/07(木) 19:47:53|
  2. 政治
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

最近の記事

機能リンク

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

ブログリンク

RSSフィード

QRコード

QR

月別アーカイブ



メールフォーム

お問い合わせ・ご質問はこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

suzunone.m(あっと)gmail.com に
直メでもOKです。