fc2ブログ

鈴の音情報局blog

携帯関連の将来や最新の技術情報や業界の行く末などを適当に綴るblogです。 内容の信憑性は?余り信じない方がいいと思います。
本家の鈴の音情報局はこちら→http://suzunone.0g0.jp:8800/
スマホ・携帯端末アクセス[ランキング][アクセスシェア(グラフ)] (毎年10/1にログをクリア)

取り敢えず掲示板。[suzunonejh.bbs.fc2.com(取り敢えず対策w)]

4インチ版のiPhoneの話題はiPhoneへ意識を向けさせ続ける為のツールの一つか、コロコロと変化するiPhone 6cの話題とそれで踊る人達

噂の4インチ iPhone は「iPhone 6c」ではなく『iPhone 7c』として登場? ~ リンゲルブルーメン
噂の4インチiPhoneの正式名称は『iPhone 6c』ではなく『iPhone 7c』になると海外メディアが報じました。

噂の4インチの新型「iPhone」は「iPhone 6c」ではなく「iPhone 7c」に?? ~ 気になる、記になる…
ここ最近になって4インチの新型「iPhone」の情報が色々と出てきており、早ければ2016年初頭にも発表されると言われていますが、本日、M.I.C Gadgetが、Foxconnに部品を供給している会社からの情報として、Appleは来年に4インチの「iPhone 7c」を投入する計画のようだと報じています。

相変わらずコロコロ変わるiPhone 6cの話題。
今度はiPhone 7cとか言い出す始末。

いい加減もう馬鹿らしい。
私的にこの件を解くと、例の「アップルがわざとリークしている」という前提に立った場合、
情報を混乱させて、iPhoneを常に話題のトップに置き続けようという意図が丸見えに。

意地でもiPhoneの話題を切らせない、iPhoneを忘れられる瞬間を作らない・・・と。
特に混乱は尻の座りが悪い違和感が残るので意識に残り易い。

さすがアップル、上手く作られた話題だなと感じざるを得ませんね。
私がアップルファンだったとすると、この右に左にと散らされる情報で、ぱっちりと
目が覚めますが、これを意図通り踊る人もいるのでしょうね。

  1. 2015/12/05(土) 23:16:32|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

分解マニアのiFixitの素顔は実は修理の為の情報屋、直して使うアメリカの文化に根差したものだった

「修理はユーザーの権利」と話すバラバラ分解集団「iFixit」の実態に迫る ~ Gigazine
最新のガジェットが発売されるたびに速攻でバラバラに分解している「iFixit」では、分解することにより、そのガジェットを自力で修理するのがどれぐらい難しいかを発表しています。iFixitはなぜこのようなことを行っているのか、どのような信念があるのかについて、IT関連メディアのMotherboardが迫っています。

iFixitの紹介記事です。
分解して使われている部品を解析する事が目的の集団かと思っていましたが、
実は修理の難易度を調べる集団だったんですね。この記事で初めて知りました。
私は趣味のバラシ屋だと思っていたのですが、意外な顔を持っていて驚きました。

今時スマートホンを自分で修理できる部分はそれほど多くありませんし、
修理できる人もものすごく少ないです。
そもそも修理に繋がるような情報も有りませんし。

しかしアメリカでは修理の為の部品を流通させ、それを使って修理sるウことは
合法として認められているとの事。確かに液晶が割れたから液晶だけ買ってきて
画面だけ交換してまた使うというのでは、電波関係の部分は一切触らないのですから、
無線機として基本的には問題はないはずです。

こういった文化が当たり前に有るアメリカは日本よりもエコなのかも知れません。
日本って100均で買ってきてすぐに使い捨てにする文化が根付いてしまいました。
バブル以降、完全に使い捨てが当たり前になった今の日本の生活習慣を見て、
「大して使っていないのに勿体ないな・・・」と私は常々感じています。

スマートホンだって、メーカーやキャリアとしては使い捨て文化によって利益を
確保する事をほぼ前提としているように思え、私としては手放しで今の国内スマホ
の環境に賛同する気にはなれません。

心の中では「本当はもっと使えるでしょ」ってどこか冷ややかに見ている所が有ります。
私がガジェオタにならない理由にこういった考え方が有るからです。
勿論新機種や新機能はこういった世界が好きな事、こういったブログをやっている
事も有り、やっぱり気にはなりますし、興味が有る事では有ります。

しかし新しいハードがバンバン出てくるよりは、新しいOS、新しいソフトがガンガン
出てきてそれを書き換えていくというスタイルの方が好きです。
ハードのメーカーには申し訳ないですが、日本の半年に一回というペースは
早過ぎです。ハードは開発できてもソフトは毎回間に合わせ程度でしかありません。

iFixitのやっている事や、iFixitが登場する事、登場した背景を見ると一つのものを
直して大事にしていくというこの姿勢、私は好きです。単なる分解屋として見ていた
iFixitを今後は応援していきたいなと思います。

  1. 2015/12/04(金) 23:57:36|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

Android向けのChrome 47の正式版がリリース

Google、Android用「Chrome 47」を正式リリース ~ juggly.cn
Google が Android 用「Chrome 47」の安定版を正式にリリースしました。アプリの最新バージョンは 47.0.2526.27 です。
Chrome 47 の目立つ新機能は、 WEB アプリ向けのスプラッシュ画面のサポートとページ内翻訳機能の追加です。

Chrome 47の安定版がリリースされました。
スプラッシュ画面は有り難い機能と言えますが、私の場合はリンクアドレスが有ったら
とりあえずLink Bubbleでどんどんバックグラウンドでウェブのダウンロード&展開をしてしまう
ので、元から待ち時間が余り無いので殆ど有難味はないですね、残念。

アプリ内翻訳は6.0になってからなので、今の所関係ないですかね。
まあCM13が来たら使えるかもですけど。

  1. 2015/12/03(木) 22:52:20|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

amazonの使い方が分からないクレームをauに言いに行く

ワイ姉(携帯ショップ店員)、バカな客の対応に追われる ~ とかちでVIP
1:名無しさん@おーぷん:2014/11/05(水)20:37:15 ID:QqeKJesSL
  姉「どうなさいましたか?」
  客「これ、買い物出来ないんだけどどういう事?」
  姉「拝見致します」
   _人人人人_
  > Amazon <
   ̄Y^Y^Y^Y ̄

2:名無しさん@おーぷん:2014/11/05(水)20:37:47 ID:QqeKJesSL
  姉「お客様…このサイトは当社とは何の関係もありません。
    Amazonさんの使い方はAmazonさんに問い合わせお願いします」
  客「え?」
  客「でもこのスマホはa○のだよね?なのに何でa○さんでは相談に乗ってくれないの?」
  姉「え?」
  姉「ですからお客様…こちらのAmazonさんとa○には何の関係も無いのです。ですので我が店舗で対応は出来ません」
  客「え?…でも……」
  姉「え?…ですから……(イライラ)」
  
  尚、結局Amazonの使い方を教えた模様

携帯キャリアショップあるあると言いますか、客との接点である唯一の直接の窓口に
全てのサポートが集中してしまう悪い例じゃないかなと。

もうキャリアショップが大手通販からお金を取ってサポートもついでにやってしまっちゃったらどうですか?
なんて思ってしまいますね。

まさかMVNOのサポートにもこんな電話かかってきたりするのですかね。

「だってauのスマホでしょ?」ってもし言われた場合の返しが問題ですよね。
私なら、「例えばお客さんが官邸のホームページを見て問題が有った場合、官邸のホームページの
サポートを我々が行う訳にはいかないのと同じ事です」って返しますね。

それでも分からないなら、NHKの放送内容のクレームをパナソニックやソニー、シャープに
言わないのと同じとか・・・。

スマホは特殊な機械と思っている人が少なからずいるって事でしょうね。

  1. 2015/12/03(木) 22:44:40|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

Googleマップがオフラインモードに対応

Google Maps、オフラインでナビや検索が可能に、まずAndroidから ~ ITpro
米Googleは現地時間2015年11月10日、地図サービス「Google Maps」のオフライン機能強化を発表した。ネット接続できない場所でも、ナビゲーションや検索機能を利用できる。

Googleマップがオフライン機能を強化するようです。
あらかじめ指定した場所を事前にダウンロード出来、オフラインで利用できるとの事。

今までも一度見た場所はキャッシュに乗るのでオフラインで見れていましたが、
キャッシュがどんどん膨らんでしまい、キャッシュがクリアされるとまたダウンロード
し直す必要が有りました。

電波状況が悪い時にオフラインモードに切り替わり、既にダウンロード済みのデータが
利用されるとの事。電波状況が良くなればまたオンラインモードに戻るという。

ただこのダウンロードされるデータは何処にダウンロードされるのかという事。
私的にはどこに保存するのか、OS全体のポリシーとして持っていてそれに従うとか、
アプリ単体で指摘できるとか、そういったデータの保存場所の指定が出来ると
有り難いなと思います。

  1. 2015/12/03(木) 21:51:44|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Nexus 7(2016)が登場か?Huawei製で登場との噂

3年ぶりに『Nexus 7』新型登場か。2016年発売で製造はHuaweiとの情報 ~ リンゲルブルーメン
Googleが新型『Nexus 7』を2016年に発売するとの情報が中国経由で寄せられています。2016年に発売し製造はHuaweiが担当するとのこと。

なんとGoogleが捨てたと思っていた7インチタブレットのNexus 7の新型が発売されるという噂。
タブレットは7インチ派の私としては嬉しい限りです。

今の技術でNexus 7を作り直してくれるとなると嬉しい所です。
Nexus 7の64bitかという意味もあるのでしょうか。

ただHuaweiという所が色々気になる所です。
タブレットならGoogleが開発部隊を売り払ったLenovo辺りが来てもいいんじゃないかなという
気がするんですけどね。


実は私のNexus 7(2012)は落としてしまい、画面下部に斜めにひびが入ってしまいました。
お蔭で下半分がタッチ操作不能に。なのでもうNexus 7は使わなくなりました。
上下を完全に入れ替え可能ですので面倒くさい事をすれば一通り操作可能なんですけど、
そこまで手間をかけて操作するのはデータの救出以外にはないですね。

Xperia GXも画面下部にひびが真横に一本伸びているのですが、こちらは全く問題なく操作
出来ています。同じ下部に横一本のひび割れなのですが、この違いは何よって感じです。

新しいNexus 7はどんな使用で出てくるのか楽しみです。

  1. 2015/12/03(木) 21:27:24|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

AndroidからiPhoneに移ったユーザーの怒り『iOS9の日本語入力のバグとかひどすぎるんだがどうして誰も言わないの?』・・・そりゃ売れなくなったら困りますからね~

iOS9の日本語入力のバグとかひどすぎるんだがどうして誰も言わないの? ~ BLOGOS
わたくしNexus 6からiPhone 6s Plusに変えて一番頭にきてるのが日本語入力です。Nexus 6にはATOK Passportを入れていたのでフルスペックのATOKが使えたのですが、iPhoneの場合ATOKといってもパチモンレベルで使いづらい。で、iOSの日本語変換ですけど、これ、バグだらけじゃないっすか??

Nexus 6からiPhone 6s Plusに変えた方が日本語入力環境を嘆いていらっしゃる記事。

もうバグだらけだそうじゃないですか。

折角教育してきた辞書が消えたとか、突然復活したとか、訳の分からない報告は
iOS7位の時期から急速に増え始めました。
しかしこの記事はそんなレベルでは有りません。
かなり細かいバグまできちんと書き綴っています。

しかもかなりウザいんですって。

私もiOSのIMEには辟易していましたが、それは日本語入力の馬鹿さ加減や不便さについてでした。
しかしこの記事に書かれているようなバグには遭遇した事は有りませんでした。
なので最近のバージョンになってから注入されたバグかも知れません。


とりあえず何を置いてもこれ。

『みんな、ウザくないのか???!!』

これ、ずっとAndroidを使ってきて、初めてiPhone 6s Plusを買った方の心の叫びですね。

そりゃIMEに関してはiOSを地の果てまでぶっちぎっている位便利すぎるAndroidから、
iPhoneに変えたわけですから、ただでさえ日本語入力で不満は起こり得るのに、
その上にバグだらけだったら目も当てられません。

iOS9で多少マシになったとは言いますが、そのせいで余計に変なバグが増えたとか
ではないですか?

Webメディアとか「iOSのココが凄い」とか記事にする癖に、こういうのは全く記事にしない。ググっても出てこないです。

ついにこういうことを私以外も言い始めました。

というか、AndroidからiPhoneに移った人が、実際に移ってみて余りの品質の低さに
怒っているというのが本当の所じゃないでしょうか。
夢見て移ったはずのiPhoneの品質はこんなもので・・・。


私から言わせると「何でそんな品質の低いものを頑張って使っているの?」辺りでしょうか。

  1. 2015/12/03(木) 01:17:56|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

ドコモがBluetooth LEでIoT機器を簡単に接続・コントロールできるLinkingを発表

NTTドコモ、スマートフォンとIoT機器を相互につなげるプラットフォーム「Linking」を発表、ポータルサイトでAPIを公開 ~ juggly.cn
NTT ドコモは 11 月 25 日、スマートフォンと IoT 機器を相互に接続して、様々な連携機能を実現できるようにするプラットフォーム「Linking(リンクング)」を開発し、本日より専用のポータルサイトその API を公開しました。
Linking は、Bluetooth Low Energy を利用してスマートフォンとモノを繋げるソフトウェアプラットフォームです。公開された API を利用して開発された対応アプリや対応デバイスを接続し、連携できるようにします。

ドコモはBluetooth Low Energyを利用してスマホとモノとを繋げるAPIとしてLinkingを公開。
ドコモにしては気の利いたものを作ったなと感心しました。

今まではBluetooth LEを利用して何か接続するものを作ったとしても、そのコントロールには
独自のAPIを構築するしか無く、ちょっとしたものを作る場合でもリアルタイムで監視するには
サービスで常駐して・・・と面倒なことになっていました。なのでハードはすぐに作れても、
アプリまでの開発となるとちょっとややこしくなる傾向が有りました。

しかしその辺の事は全てLinkingに丸投げして、UIを構築して後はLinkingのAPIを叩くだけで
いいという形までドコモが簡素化してくれました。これはハードの設計は得意ですが、
ソフトは得意でないというメーカーや、そんなに人材を割けない零細企業には有り難い話。

ただこれはドコモ向けにしか使えないとか、そういった罠が無いか、そこだけが心配ですね。


なにしろドコモはドコモから売られている端末は、MVNOのSIMを入れたりSIM無しで動作
させると、100%の能力を発揮できないような仕掛けをしておくなど、とにかく嫌がらせの
仕組みを入れておくという最悪なキャリアです。

客が金を払って買う端末を、不十分な状態にしておくという酷い企業です。
総務省がSIMフリーって言っているんだから、ドコモ以外で運用しても100%で動くような状態で
売らなければ意味無いでしょう。総務省もここを規定しないとか、ちょっと抜けています。

Linkingにはそういった嫌がらせの仕組みが入っていないかどうか、そこまで確認しないと
手放しで褒める気はしません。ドコモには前科が有り過ぎますから。

  1. 2015/12/03(木) 00:37:20|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

【#Xperiaアンバサダー[Z5/13]】明日が送付期限にて、今日は隙間時間にガンガン触り倒しました・・・そしてさよなら

この記事はXperiaアンバサダープログラムのモニター企画でお借りしたXperia Z5(SOV32)を使用して書いています。

【最後に懸案だった白猫をプレイしておきました】

お借りしているXperia Z5は明日3日までが期限で明日必着で返却する必要が有ります。
事実上今日の夕方位までがZ5を使えるタイムリミットとなります。
というわけで、最後に初めの頃に言っていた「白猫プロジェクト」をプレイしておきました。

何かとシナリオや演出を見なくてはいけないデレステと違い、白猫はとにかくぱっぱと
進められました。時間をかけられない人としては非常に有り難い。
更にはぷにコントローラ(?)、これ最高ですね。

画面の何処でもいいからタップしたり、ぷにを横に引き延ばしたりして、上下左右の
移動やボタンを押す操作の代わりにしています。非常に操作性がいい。

プレイは初期の冒険を終わらせ、白猫が出てきて、連れて行かれ、ドラゴンをやっつける
所まで終わらせました。暗闇に飲みこまれて戻る所ですね。
その後飛行島が飛んで一通り落ち着いて、クエストに行こうと思ってもなんか行けなくて
詰んだのでそこで一旦終了。

ここまででZ5でプレイするうえで、全くと言っていい程ストレスは有りませんでした。
3D演出のコマ落ち感も全くなし。ぷにでの移動も戦闘も快適でした。
快適でないのは私のゲーム能力だけ。

しかし、多少の表示での詰まりは有りました。
シーン切り替えの冒頭で、横からシーンタイトルや説明のト書きが入ってくるのですが、
この何でもない2Dの軽そうな表示がガクッとなったりします。

これは昨日の記事で検証したように、ストレージのアクセス速度が影響しているように思います。
余りにもゲームが快適にぱっぱと進められるものですから、シーンの切り替わりの瞬間の
大量のデータのやり取りが操作で進めるのに追いついていない。

勿論操作性やそのタイミング的には一切待たされ感はありません。
操作を全て人間のペースで思いのままに進める事は出来ているのですが、表示が追いついて
こない瞬間が有るという事です。シーンの切り替えでコマ落ちさせて追いつかせている感じ。
ストレージが速ければ、ここでコマ落ちさせなくても間に合っているかも?

これはChrome等のブラウザでの高速スクロールでもそうですね。
操作感は完全に超高速なんですが、その分表示が追いつかない。

例えばiPhoneだとここはSafariのスクロールの勢いをかなり重く設定して、高速スクロールを
しないようにして有ります。だからブラウザがカクつかない。
Android OSは表示よりも人間の操作の方を優先する考え方ですから、操作自体は
追いつかせておき、表示は乱れても仕方がないという考え方です。
表示が遅いのはその内ハードウエアが解決していくだろうということで、iOSみたいに
OSの動作側に制限を設けて表示が乱れない様な仕組みは入れないという方針です。

だから基本的には操作自体はAndroid OSの方がiOSよりも快適であり、その分表示の
乱れも甘んじて受け入れるという事になっています。iOSは表示が間に合わないなら
人間を待たせてでも綺麗に見せようという考え方になっています。
ただ昔のように、完全にiOSの全ての場所でそうなっているとは言い難くなりましたが。

Z5での白猫の話しに戻りますと、途中位から端末は上部だけでなく、裏も表もフレームも
暖かくなってきました。高温ではないけど全体が温かい。
筐体全体で放熱をしている感じに温かくなりした。

白猫は発熱が相当あるゲームだと思われます。液晶画面まで暖かくなったのは初めてです。
ピーク発熱は高くないのですが、常時発熱し続けていて、切れ目がないので、
端末の一部が熱くなるのではなく、拡散する為の時間が稼げる程度の温度で、
発熱し続けているという感じでしょうか。

恐らくオクタコアの8コア全部を上手に使っているのでしょう。
ゲームの進行や操作性のスムーズさを見ていると、プロセッサの取り回しのうまさが
なんとなく感じられました。インストール時や起動時のARTコンパイルの速さからも、
あまり変に複雑な事はせず、シンプルにきちんと高速化されたプログラムである事が
感じとられます。コロプラ、ここ意外と技術力が高いですね。

ゲームの動作は快適そのもので、先ほど書いたタイトルのカクツキも、初めの数回は
有ったものの、ゲームが快調に動き出して以降はそのタイトルなどのひかっかりは
余り起こらなくなりました。

ぷにぱっど(?)の操作性といい、このメーカーは操作性に独特のこだわりを持った
メーカーじゃないかなと思います。

もしかすると初めの方は、ARTのコンパイルの後片付けのタスクが残っていたのかも
しれません。タイトルの引っかかりが起こっていたのは初めの方だけでしたから。

後で何度かレベル稼ぎ用の協力バトルというのをやってみました。
これが恐らくノーソフさんが言っていた通信か何かのバトルが重いってやつなんでしょうか。
ただZ5ではこれはそんなに重く感じられませんでした。

もしかすると白猫と、Z5というかSnapdragon810は意外と相性がいいのかも知れません。
ただしZ5で白猫をプレイしてみるとバッテリーは3時間程度しかプレイできない程ガンガン
と減っていきます。他の機種ではどのぐらい持つのでしょうか。

とりあえず結果が出て満足したのでここで終わりました。

あとはつむつむをちょっとだけプレイ。
うむ・・・以前一時期やらされていた頃よりもすごく快適。
まあつむつむは特に重い要素はないし。
Nexus 7(2012)でも多少は遅いみたいですが、普通にプレイできていましたから。

ついでに調子に乗ってパズドラもちょっとだけプレイしてみました。
流行っただけ有ってシンプルで面白いですね。
これも重い要素は全く無し。

これでゲームテストは完了。
今日やった3つのゲームで特に問題らしいところは全くありませんでした。
というか、最近のゲームはどれもデレステや、先日リクエストを貰ったエリシアオンライン
のように重いものばかりかと思っていましたが、それは特殊なケースだという事も分かりました。

パズドラをやってみて思いましたが、ゲームはやっぱり見た目の派手さよりも操作性とバランスと
組み立てですね。演出にどれだけ体力を使っても何の足しにもならない事を再確認。
その観点ではデレステもアウトでしょうね。よく作られているなとは思いましたけど。



【さて、お別れの時です】

今日は隙間時間を使って出来る限りの事はやり尽くしました。
使っていた3週間の間に出来た写真やデータは全部MicroSDに入っていますので、抜いてGXに戻します。
それから端末の初期化。

前回誤って送付した充電ケーブルは、袋から出さず今回は使っていないので間違いようが無いです。
今回はちょうどいい箱が無かったのでお借りした時に受け取った紙バッグを利用して送り返しました。

近所のコンビニからでも送れるのですが、折角なので片道3Km程のクロネコまでランニングで持って
いきました。個人的にはクロネコアプリの仕様が酷すぎる事も有り、出来る限りクロネコは使わない
積りなのですが、同梱されている印刷済みの送り状がクロネコなので仕方なくここから送付。
クロネコ側で事故が無ければきちんと明日届くはずです。

取りあえず三週間、Z5で色々テストさせて頂きました。
私には非常に良機だったと思います。

Z4、Z5と二機種連続でシリーズモノをみっちり触る機会を頂いたのは非常に貴重だったと思います。
兄弟機では有りますが、同じキャリアの同じシリーズで触れたので、細かい違いがよく分かりました。

個人的にはZ5 Compactも試してみたかったな~とか思っていますが、Z5が試せただけでも
かなりの収穫でした。

やっぱりスマートホンをスマートホンらしくというか、積極的に活用しようとすると、5~5.2インチ
程度の大きさは必要だなってZ4やZ5を触って痛感させられます。

元の4.6インチに戻ればそれはそれで問題ないのですが、やはり5.2インチの快適さは身に沁みて
いますから、理解した上でこのサイズを割り切って使っている事を感じます。

今4.6インチサイズの端末が小型化していますから、意外と4.8インチサイズなんか悪くないかも。
幅67~68×厚9.0mm程度までなら許容範囲と言えますしね。


三週間有難うございました、これからはまた元の生活に戻ります。

  1. 2015/12/02(水) 20:14:33|
  2. Xperiaアンバサダー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

【#Xperiaアンバサダー[Z5/12]】Z5の内部ストレージの速度を測ってみる、どうもあまり速いメモリは使っていないようです

この記事はXperiaアンバサダープログラムのモニター企画でお借りしたXperia Z5(SOV32)を使用して書いています。

【ストレージの速度を計測】

前の記事のコメントで頂いたストレージの速度に関して書いておきます。
というか、これ記事にしようと思っていたのに、すぽーんと忘れていた事でもあります。
なのでそれもついでにまとめておきました。


まずはコメ欄で頂いた計測アプリ(A1 SD Bench)で測ってみます。



比較対象が無いので、この結果をどう見ればいいのかは分からない所ですが、
まあ悪くない印象はするのでそれで納得しておきます。

ちなみに同じメモリが色んなmountの仕方がされているので、同じメモリ領域が別名でいつくも
表示されていてややこしいです。しかもそれぞれ測るメモリ種によって大きく速度が変わります。
なので、いかにも内部ストレージという名のやつで試してみました。同じ容量のメモリの中では
このInternal memoryが一番速かったです。マウントの繋がりを考えると当然と言えば当然ですね。



次に、私が暖めていたまま忘れてしまっていた各機種のGeekbenchで内部ストレージでの速度の比較です。



 ●Sony SO-01H  ●Sony SOV32  ●iPhone 6s   ●GALAXY S6

どう見てもiPhone 6sが速いです。
iPhoneはこういった基本部分はお金をきちんとかけているので、ストレージへの速度は速いです。

逆にXperia Z5は・・・。
うーーん、使っていて遅いとは思いませんし、バランスとしてそう悪くもないのも分かるのですが、
こういう数字を見てしまうともうちょっと頑張れるんじゃない?って気がしなくもないです。

これは規格は不明であくまでも実測ですので、Xperia Z5とGalaxy S6のメモリは規格上では
同じ可能性も考えられます。多分規格の世代が一つ違うのだろうという気はしますが。

私がカタログにROMではなく、eMMCと表記するべきと以前書きましたが、それはeMMC5.0等の
規格での表記もして欲しいという意味を込めていたりします。
メーカーサイドは嫌がるかも知れませんけど。

ちなみにこの内部ストレージの速度はどういった時に効くかというと、写真を大量に連続して
撮影する時や動画の再生・録画、そういった事を他の処理をしながらとか、そういう時には
効き目が有ると思います。大量のデータを読み書きする時には大いに効きますね。


【電話がかかってきた】

私は借りているZ5の電話番号は基本的には知り合いにも教えていません。
よっぽど緊急の急用などが有る時には普段確実に持ち歩いている携帯として教える事も有りますが。
夏場のZ4の時は折りたたみ携帯を一緒に持ち歩いていたので問題は有りませんでしたし、
今回は普段使っているGXを持ち歩いているのでそれに関しても問題は有りません。

しかし忙しい時にうっかりZ5から電話をかけていて、そちらにコールバックが有りました。
かかってきて初めて「あー、そういやさっきこっちで電話かけたんだったわ」と気づく始末。
相手からも知らない電話番号からかかってきていたので、「番号変えたの?」と確認を取られました。


それは別にいいのですが、電話がかかってきた時、何やら聞き覚えのある曲が聞こえるな~って
思いました。まさか電話がかかってきたと気づいていませんでした。

何の音かというと、「だから私はXperia」のCMの音楽です。
「あの」何かかっこいい曲。

こういう細かい演出まで有ったのかと、ちょっとニヤリとしてしまいました。
もしかするとZ4の時からそうだったのかも知れませんが、Z4の時は電話番号を誰にも教えなかった
ので、お借りしているXperiaに電話がかかってきたのは初めてでした。

いやー、本当にちょっとした事ですが、こういった遊び心って大事だと思います。

  1. 2015/12/02(水) 02:06:31|
  2. Xperiaアンバサダー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

5Gで日本が提案していた6GHz~86GHzの12案の内、9案がWRCでの候補に残る、5Gのコア帯域は24GHz~40GHになる可能性が高まる

第5世代携帯サービス国際規格、日本提案の9周波数帯候補に ~ SankeiBiz
総務省は30日、第5世代携帯電話(5G)サービスの国際規格候補として日本が世界無線通信会議(WRC)に提案していた12の周波数のうち、9つの周波数帯が候補に選ばれたと発表した。各国は4年後のWRCまでに、他の無線機器との電波干渉などを調査の上、候補周波数帯から国際規格を決定する。

5G向けサービスの電波の帯域を決めるWRCで12帯域を提案していた日本案の9帯域が候補として
選ばれたとのこと。

 ●日本・シンガポール  :6GHz~86GHz
 ●韓国         :24.25GHz~40.50GHz
 ●米国・ブラジル等   :10GHz~76GHz
 ●欧州         :24GHz~86GHz


日本が提案していた6GH~15.35GHzは各国が衛星通信で使っている為に不採用が決定。
各国の提案が集中したのは24GHz~40GHzで、韓国はこの帯域だけを推していた模様。
この帯域は多く多くの国が推していたので恐らく24GHz~40GHzが5Gのコア帯域として
認められる可能性が高そうです。

となると、5GはGHz帯クラスの帯域幅を一つのキャリアで扱う事になりそうです。
微弱で広帯域の電波で通信する事になるとの事ですが、このクラスの帯域だと
スポットごとに小さなフェムトセルと大量に置く方式で扱われるようになると思われます。

モバイルデータ通信を今のWiFiのような形のサイズ感の基地局で扱うのがメインの用途に
なるのではと思われます。

ドコモなどでは古くからヘテロジニアスネットワークについて色んな発表をしてきましたが、
5Gでそれがもっと加速していくことになりそうです。

  1. 2015/12/01(火) 21:15:52|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

今からiPhone 7が来年の9月末頃という他のサイトが現れた、うちは勿論iPhone 7は2016年9月23日発売と言いますよ

Apple、iPhone7の試作機を5種類用意か ~ iPhone Mania
例年通りいけば、Appleは来年9月に新しいiPhoneをリリースするものと考えられますが、ニュースメディア『G for Games』によれば、AppleはすでにiPhone7の試作機を5種類も用意しているようです。

もううちのサイト以外でもiPhoneの新機種の発売は9月の末頃と書くようになってきましたね。

年を超える前に次のiPhoneの新機種の発売が来年の秋や9月の時期や日にち迄指定などと
書くサイトは、キチガイと呼ばれているこのブログ以外では全くなかったのですが・・・。
アップルも趣味でiPhoneを発売しているわけではなく、株式を発行する企業としての商行為を
行っているので、決算が重要なわけです。

私が毎年iPhoneの発売日を的中させていたのは四半期ごとの販売数をそう簡単には
変動させる事は出来ない事から予測を立てていたわけですが、世間では訳の分からない
リーク記事を元に「どこの誰か分からない、多分自分よりもiPhoneの事を知っている他人の
言ってる事だから正しい」とばかりに大手メディアまで巻き込まれて記事を書いていました。

当り前の「一旦止まって考える」という事が行われていなかったんですよね。
最近はやっと私が何年も的中させてきたからか、それとも誰の目にもわかるように
9月ペースで定着をしたからか、今からでも9月と言えるほど定着してしまいました。

当ブログでの過去記事はこんな感じです。

当ブログ記事
[2014/12/07]毎年出てくる次期iPhoneが翌年春に出るという"噂"、私は相変わらずそんなの無視で発売日は2015年9月18日(90%)か25日(10%)と考えるその理由(追記有り)
[2015/06/07]iPhone 6s/ 6s PlusはフルHDの可能性という噂?更に発売日が9月18日や25日という話も…

アップルファンにキチガイとかなんだかんだと言われていますが、アップルファンにとっては
発売日を当てているからキチガイって事なんでしょうかね。

発売日も当てられず、おかしな情報に一喜一憂していた方がまともって事でよろしいでしょうか。
どうせアップルが話題をAndroid一色にならない為に、適度に内容を散らしてばら撒いている
ような怪しげな情報でしょう。


その怪しげな情報の精査ですが、新機種を5機種ほど準備しているとの事。
恐らくこれは本当か、本当でなくても有る程度事実に近い情報だと思います。
多分アップル自身が流している情報でしょうし。

これ、アップルが流していいよって言ってなかったのに流れたとすれば、どんな制裁措置が
待っているのでしょうね。アップルと結ぶNDAの契約は、信じられない程巨額のペナルティーが
科されるはずですよね。

しかし今まで散々情報が漏れ続けてきていますが、NDAでのペナルティーについて、
一切何ら報道がされないってのはとても不自然です。

あと何度思い出しても不自然過ぎるのは、大掛かりな開発を進めていたはずの
A7での64bit化が一切情報が洩れなかった事。結局は情報のリークはアップルの
思いのままだったことがこれで裏付けられていると感じとられます。
アップルがOKを出したものや流せと言ったものしか下々には流れてこないってことで。


今回のこの試作内容のリークって事で、これが次に乗ってくる機能になるって事でしょう。
全部かこれ以外にもあるのか、この中のいくつかという問題はあるにせよ。

しかしこんな機能で「これが載ったから是非iPhone 7に買い換えたい」なんて思う人は
殆どいないでしょう。一部の熱狂的な人は除いて。

寧ろ中身が全く同じだったとして、筐体デザインが変わるから欲しいって人が大半では
ないかなとおもいます。既に中身よりも外面しか興味を持たれていないって事で。

もう中身に関してはカタログすらろくに見ない程既に十分な状態になっています。
iPhone 5以降で困っている人って余りいないのではないでしょうか。
最新版iOSで不安定にさせられている人以外では。
5s辺りだともう満足していて買い換えないって人も多いと思います。

Androidの世界でもそれは既に起こっていますが、旧機種が既に満足の状態に
有るので、特に買い換えない。世間では徐々にそうなってきています。
壊れたら買い替える、そんな人が増えてきていると思います。

次はiPhone 6/6 Plus迄の人が買い替えさせるターゲットになりますが、
どれだけの人が新しく買い換えるのでしょうか。


まあiPhone 6s/6s PlusもAndroid端末よりも格安でお金突っ込んでるみたいですからね。
特にMNPする人には。
ドコモとか酷すぎますし。


最後にもう分かり切っているからと言って書かないのもなんですから一応書いておきます。
iPhone 7は2016年9月23日(金)の発売でしょう。なぜ24日じゃないかというと、2016年は
うるう年で2月29日まで有るからです。

  1. 2015/12/01(火) 20:51:58|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

Exynos 8890がAnTuTuで10万点超えとの事、微細化が足踏みするかなでどうやってここまで高速化したのか

Exynos 8890、超高いベンチスコアを記録。AnTuTuで10万点超え ~ リンゲルブルーメン
Galaxy S7に搭載される見通しのサムスンの新SoC Exynos 8890がめちゃくちゃ高いベンチマークスコアを記録したと話題になっています。
Galaxy S7はサムスン独自開発のARMv8カスタムCPUコアと、Cortex-A53のbig.LITTELEオクタコア構成をとります。Galaxy S7に搭載される見通しとなっています。

Galaxy S7シリーズに搭載される予定のExynos 8890がとんでもないスコアを出しているようです。
AnTuTuで10万越えとか。
勿論v6.0 Betaを使っての結果だと思います。
現行の5.7ではさすがに10万越えは無理じゃないかなと思います。

Exynos 7420は14nm FinFETプロセスルールで製造されているのですが、Exynos 8シリーズも
サンプル品なのか、それとももっと前のテスト品なのかは不明ですが、既に実物が有るという事は
14nmで生産されていr可能性が高い。

TSMCは公式に10nmのプロセスを開発していることを明らかにしているのですが、サムスンも
当然同レベルの生産技術の開発は進めているでしょう。10nmや、その先の7nmは後1年や2年は
かかると思われます。Exynosシリーズが10nmを採用するのは9シリーズになってからと思われます。

ちなみに早期にプロセスルールを微細化していたインテルですら10nmの開発は困難を極めており、
10nmでの製造開始は2017年になってからという話も内側から出ていたほどです。



今までプロセッサは微細化で大幅な性能アップをしてきましたが、今後は微細化で高性能化を
果たすのは困難な状況になりました。今後は3次元化する方向で性能アップしていく事になります。
実際の手法は違いますが、例えばFlashROM等では薄くペラペラに削ったウエハに回路を焼き付け、
それを何枚も重ねてパッケージ化するという手法で大容量化を果たしていますし、全く無かった
技術でもありませんが、これがプロセッサに使用されて行くのは間違いありません。

この記事が本当だとるすると、今回のExynos 8シリーズがここまで性能アップをどうやって行った
のか、興味のわく所です。

  1. 2015/12/01(火) 00:03:13|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
前のページ

最近の記事

機能リンク

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

ブログリンク

RSSフィード

QRコード

QR

月別アーカイブ



メールフォーム

お問い合わせ・ご質問はこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

suzunone.m(あっと)gmail.com に
直メでもOKです。