fc2ブログ

鈴の音情報局blog

携帯関連の将来や最新の技術情報や業界の行く末などを適当に綴るblogです。 内容の信憑性は?余り信じない方がいいと思います。
本家の鈴の音情報局はこちら→http://suzunone.0g0.jp:8800/
スマホ・携帯端末アクセス[ランキング][アクセスシェア(グラフ)] (毎年10/1にログをクリア)

取り敢えず掲示板。[suzunonejh.bbs.fc2.com(取り敢えず対策w)]

総務大臣対キャリア、KDDIの反論が値下げする気無しで舐めて過ぎ・・・その先にコロナ禍で苦しんでいる客がいることが見えていない(追記改変)

総務大臣対キャリアの巻。

武田総務大臣の「値下げで誠意を見せて」発言にKDDIがコメント ~ engadget日本版
武田良太総務大臣は11月27日の記者会見で、記者から質問を受ける形で新聞各紙に掲載されたKDDI高橋誠社長のインタビュー記事に言及。菅内閣が求める携帯料金の値下げについて、KDDIがメインブランドのauではなく、サブブランドのUQモバイルで対応したことについて、auからUQモバイルへの移行コストが最大で1万5500円かかる点を問題視しました。
また、高橋誠社長が『国に携帯料金を決める権利はない』と発言したことにも言及。武田大臣はKDDIが『公共の電波を使っている立場』であることを強調し、値下げなどに関連して『国民に対して誠意を見せてほしい』とも発言していました。
この大臣発言について、KDDI側はコメントを発表。『移行に係る手数料などについてのご指摘は真摯に受け止め、その内容の見直しも含め前向きに検討していきたい』とし、今後、auからUQモバイルへ移行する際の手数料の引き下げを検討すると明かしました。

大手キャリアは国民に誠意を見せるべき――メインブランドの携帯料金を巡り武田総務大臣が熱弁 ~ ITmedia Mobile
武田大臣 個別企業のコメントに対して、私がコメントすることは差し控えたいところだが、指摘の記事は読ませていただいて非常にがっかりした。我々がなぜ、メインブランドの料金の値下げに触れたのか、もう少し理解していただきたいと思っている。

携帯料金の値下げに関して、そろそろ佳境に入り始めています。

政府や総務省がキャリアに対して値下げをお願いし、キャリアはあの手この手で逃げる。
逆に値上がりしたなんて指摘もある。

しかし私はこの件に関しては、政府や総務省を全力で応援している。
基本的に言っていることややっていることは間違ってないからです。

そもそもこの件は、私がiPhoneの売り方で、お金にiPhoneを付けてばら撒いていたことで、Androidユーザーや
旧来の折り畳み端末を使っているユーザーが払った回線料金がiPhoneばら撒きの原資に使われているという
指摘をしていたあたりから始まっています。

その後私の意見は端末購入と回線契約の分離を求める意見に進化していきました。
気が付いたら政府や総務省が携帯代の値下げに踏み出すという所にたどり着いていたという流れです。
(私が政府に進言したとか言っているわけじゃないですよ、念のため)

私がずっと言ってきたのは「端末の代金は購入者が支払うべき、回線代金は使う人が使った分支払うべき。」ということです。
端末をガンガン買い替えるなら相応の代金を支払うべきです。
他人が支払ったお金を原資にして値引きが行われていた仕組みは何かおかしかったのです。

新端末発売の度に買い替えているような人の端末買い換えの為の値引きの原資を、8年間大事に端末を使っている
ような人が払った回線代から出すのはおかしいと思います。それがiPhoneの買い替えに対して行われているとなると、
大きな視点で見ると国富の流出でしかありませんからね。

そういうわけで、私は誰が何と言おうが武田総務大臣の側に立って総務大臣&総務省の側を応援します。



KDDIの社長の「国に携帯料金を決める権限はないんだ」という意見、これ私的には「なかなか言ってくれるじゃないか」
と言わせて頂きます。ついにそれを言っちゃうところが出てきたんだなと、ちょっと気持ちが戦闘モードに入ってきた感じです。

客の生活を握るインフラ企業の社長が、この言葉を発した事は少しばかり大事になるなと私は思っています。
世間がいいと言っても私は許さない。この件をもってKDDIはインフラ企業失格と言っていいでしょう。
国民の財産である電波を使わせて頂いて商売をしている身でありながらこの言いよう。
総務省や総務大臣はもう強権発動でもいいと思っています。



携帯電話はもうすでに完全に公共のインフラ化を完了していると言っていいでしょう。
携帯事業を行う企業は、個人の生活を握っているのです。
普通に生活するにあたって携帯電話はほぼ必須になっている状況です。
もはや多くの人にとってはテレビや洗濯機よりも重要な電気製品だと言っていいと思います。

携帯事業者が利益を取り過ぎだと総務大臣が判断しているのです。
コロナ禍の中、苦しむ中小零細企業や個人を助けるのと、アベノミクスから継続した景気高揚策の一環として、
収入が少なく苦しい層へ携帯料金を値下げという形で還元して国民全体の可処分所得を増やし、
世の中の経済を活性化しようというのが政府や総務省が描いている絵なのです。

またアップルに対して流れるお金を制限することができ、国富の海外流出を防ぐことができるのです。
携帯代金の低廉化で個人の可処分所得を増やしてそれを消費に使ってもらい、経済回復につなげようと
いう絵が描かれているのです。コロナ禍で、それはより重要な役目を果たすのです。
だからこそ総務大臣はコロナ以前より言われていた携帯料金の低廉化をコロナ禍の環境下でより強く推しているのです。

以下の言葉がそれをよく表しています。

武田大臣 いや、再三言っているが、このコロナ禍において、国民の家計負担に(携帯電話料金が)重くのしかかっている。みんなが苦労している中で、国民の電波である公共の電波を使う公共性の高い(移動体通信)事業において、このような複雑なスキームを作って、新たにお金を取ろうとするのか。もう少し公共性を見つめてほしいということだ。

現状の中でこの言葉は、総務大臣として言うべきことをきちんと言った百点満点の言葉だと私は評価しています。




では総務省や総務大臣が一企業に向かって『料金を下げろ』と言ってもいいのか?
そういう言葉はちらほら聞かれます。特に我々の側のクラスタからその言葉は出ているように感じます。

私はそれは国家の認可事業に於いては絶対的にありだと考えています。
ここで値下げに反抗するような態度を取る企業は既に割り当てられている電波帯域や、以後割り当てられる
電波帯域に於いて制限が加えられるべきだと考えています。取り敢えず今後出してくる料金プラン次第では、
サブ6(FR1)の電波帯域のいくらかの割り当て廃止と、FR2でもペナルティーとして割り当て廃止や、
今後の割り当て時に劣後や割り当て拒否で対処するということでいいと思います。

国民の財産で商売をしているのに、国難の時にすらメインキャリアに於いてほぼ協力をしない状況ではそういう
扱いを受けてしかるべきでしょう。元より国土の広さや平地の条件などで人口密度が高く、投資効率がいいはずの
日本の携帯事業では、一定の帯域幅以上が割り当てられれば、都市部で効率的にエリア展開してパケット単価を
下げやすく、収益を上げやすい仕組みなのです。(山奥の更に奥や、離島の隅々までのエリア化を求められる
キャリアにおいては必ずそうとは言い切れませんが。)

サブキャリアが値下げをしやすいのは、都市部に集中的にエリア展開し、ユーザーの密度が低いエリアは
メインキャリアに頼って自社ではエリア展開しないことでコストダウンを図っているからです。

だったらメインキャリアは値下げしなくても理屈に合ってるだろうと言いたいところですが、しかしながらメインキャリアが
苦しんでいるのかと言えば、だいたいどんな時でもいい感じに利益を上げ続けています。しかも端末のバラマキ行為の
時に散々キャッシュバックでお金を撒いていました。要するにバラマキで客を誘引できるほど十二分に儲かっているのです。
そのお金をばら撒かなくてもいい状況に総務省が指導して端末販売のチキンレースに歯止めをかけ、撒いていた
お金をばら撒かなくてもよくなったはずです。

そのばら撒きのメインになっていたのはiPhoneが一番メインの端末でした。
アップルが文句を言っていたことからもそれを自身で裏付けていましたしね。

さて、そのiPhoneの為にばら撒いていたお金は?
iPhoneの最新端末を扱っているのはどのキャリアですか?
各携帯事業者のメインブランドですね。

そのメインブランド達は、ばら撒かなくてもよくなったお金を懐ナイナイですか?
・・・・・、そういうことなのですよ。

客の奪い合いでは散々積極的にお金をばら撒くだけ撒いておき、監督官庁が歪んだ商行為を是正して、
ばら撒かなくてもよなった途端その浮いたお金分を還元もせずに懐に入れてしまうのはおかしいぞ、
というのが私の意見です。

ばら撒きチキンレースを止めてもらったんだからその分回線代で還元しろということなんですよ。
それはコロナ禍と関係なく。
コロナ前から政府や総務省は異口同音にずっとそう言ってきていたでしょう。

更にその上にコロナですから、そりゃもうメインキャリアは逃げ道はないだろうと。
そういうわけで、さっさとFR1とFR2から割り当て停止をガンガンとちらつかせて、協力しないキャリアは本当に
割り当て廃止をするべきです。当然今後の6G向けの割り当ても今後15年、20年という単位で全力で劣後して
やればいいと思います。もちろん廃止分はキャリア間のバランスのとり直しの対象外で。

いま日本の国家は10万円の給付金や、持続化給付金、その他医療関連など考えられないほどの経済負担を
国の財政が背負っています。(真水がどうのこうのというクソ議論は無視)

そんな中で国民の財産を使わせてもらっている事業者が、その財産で儲けているだけではなく各種テレ需要に
よる通信需要の増大でぬくぬくとしているのはおかしいだろうと言いたいです。
お前らみたいな公共事業者はこういう時こそ国難の対策に積極的に協力するべきだろうと。



思うに国側も求め方が下手かなとは思います。
もちろん総務大臣の言うメインブランドの通常の値下げもとても大事ではあります。

しかし早急に行ってほしいのは、コロナ禍での緊急値下げの部分の重要度が非常に高いです。
そんなわけで、出来たらこの12月・・・は無理なので来年1月より一年間、コロナ割という形でメインブランドで取り敢えず
パケット代金を下げるってことで、全てのプランを今の価格より一律2割~3割減ってことでいいんじゃないですかね。
パケット代金に5000円かかっている人は、来年一月から一年間4000円になると言えばインパクトがあるでしょう。
で、ドコモにおいては6G開発の為の特別給付金を国が出してやると。

その位せんと客も納得しませんよ。
メインブランドの携帯料金が下がれば色々楽になる人も増えてくるでしょう。
これが国が下手に給付金を出すよりも長期的にじわじわと効く経済対策になると思います。


キャリア個々の努力による値下げでいく場合、総務省がその努力の度合いを判断する形で評価し、
その評価が低い所は先の割り当て廃止や将来の新規割り当ての劣後に反映するということでいいと思います。

またそれをメインキャリア三社の各ユーザーによる評価も加味するということでいいのではないでしょうか。
そのユーザーの評価は、評価アプリを作り、各キャリア先着5万人づつぐらいで評価してもらえばいい感じで
ユーザーの意見が見えてくるかなと思います。

各キャリアの客に判定してもらうのは、あくまでも3キャリア全ての努力に対する点数です。
自キャリアへの満足度だけのアンケートだと、もっと値下げをさせる為に敢えて低評価をする人もいるでしょうから
正しい評価が見えにくくなります。
3キャリアそれぞれの評価を10点満点で評価するような感じで答えてもらえばいいかなと思います。

ズル防止の為に、各SIM一枚当たり一票という制限をシステム側で課し、SIM番号で投票済みの判定をするように
すればいいかなと。キャリアにはSIM番号と入力したユーザー情報を付加して問い合わせれば、そのユーザー情報が
正しく存在するかの有無を回答するAPIだけ用意してもらえたら他の客のデータが外に漏れることもありませんから
セキュリティーも守られるでしょう。

とりあえず4か月~半年の期間と、3千万円~5千万円くれたらAndroid&iOS向けアプリの開発からサーバー機の発注、
回線の確保まで含めてシステム開発をまるまる請け負いますよ。(回線契約は総務省内に置くことで不要かもしれませんが)
一番の問題は大手三キャリアのAPIの部分でしょうね。それが無ければ2~3か月で納品できるんじゃないですかね。
アプリの部分だけなら瞬殺で出来るでしょうけど、恐らく他の調整やキャリアのAPIとの接続テストは大変でしょうから。

そんなわけで、現状の評価と値下げ後の評価の二回をこれでユーザーの意見を聞けば面白いことになると思いますよ。
総務省さん、予算が取れるなら考えてみてください。
いえ、別に私に発注しなくてもいいですよ。
上のは単なる例ですから。(あ、でも私に発注されたら本当に受けますよ(笑))


でね、私としてはこのコロナで今まで以上に儲けている所はちょっとは還元せいよって言いたいのですよ。
特に通信事業に関しては、特需と言っていい状態じゃないですか。
総務省も総務大臣も電波割り当てに関して実力行使の大鉈を振るうことを躊躇すべきではないと思います。
このKDDIのようなふざけたことを言う所は遠慮なく割り当て廃止してやればいいと思いますよ。
あくまで国によって認可されている側の事業者という自覚が無さすぎです。
とりあえずFR2の400MHz幅を割り当て廃止をチラつかせてやればいいかなと。

ただ言えることは、キャリアは値下げが恒久的に影響することに対して二の足を踏んでいる所は有ります。
なので先のように「コロナ割」ということでまずは期間限定でもいいのでとにかく早急に値下げ案を
まとめさせることは重要だと思います。そこにユーザーの声を当てていけばそのコロナ割が割引率を
下げて恒久化させるなど、色んな展望が見えてくるのではないでしょうか。

まずは早急にメインキャリアの割引を国民に届ける。
これが大事です。

特にふざけたことを言っているキャリア共、覚悟しろ。

関連記事
  1. 2020/11/30(月) 19:50:44|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7
<<ドコモがメインブランドで20GB 3000円を切るというFNNのミスリードに騙される人が大量発生 | ホーム | PCライクにAndroid端末を使う、DeX・PC Mode・デスクトップモード>>

コメント

茸値下げ報道(リークかな?)ジャンジャン出てる。

その中で内容濃い日経記事を
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO66833950Q0A131C2MM8000?unlock=1

【記事全文】
ドコモ、携帯料金下げへ 廉価ブランドも導入
携帯料金見直し
2020年11月30日 22:30 (2020年12月1日 5:27更新) [有料会員限定]



本体ブランドのデータ大容量プランを軸に価格体系を見直す
NTTドコモが、携帯電話の料金を引き下げる方向で最終調整に入った。主力ブランドのデータ大容量プランを軸に価格体系を見直す。データ容量20ギガ(ギガは10億)バイト分の料金が月額3000円前後の廉価な別ブランドも来春をメドに新たに導入する。主力ブランドでの値下げは大手では初めて。KDDIなどが追随すれば国際的に割高とされた日本の携帯電話料金の下落につながる。

菅義偉政権による携帯大手への料金引き下げ要請に応じる。近く値下げの方針を公表する。ドコモは現在、7ギガバイトを上限にデータ通信量に応じて毎月の料金が4段階に変化するプランと、より大容量のデータ通信を利用するユーザー向けに固定料金を設定したプランを展開している。これらを刷新し、使ったデータの量に応じて課金する方向だ。例えば30ギガバイトを使う場合、現在の7150円の固定料金よりも安くなる。

あわせて毎月20ギガバイトのデータ通信を使う人向けの新ブランドも導入する。料金は3000円前後とする方向だ。KDDIとソフトバンクはそれぞれ傘下の格安スマートフォンブランドで20ギガバイトの新プランを発表済み。いずれも4000円前後で、ドコモの新ブランドの方が割安となる。

新ブランドは手続きやアプリ導入などを利用者自らがネット経由で行う「セルフサービス」を打ち出す。コストがかからず、その分利用料を安くできる。ユーザーが本体ブランドから移行する場合も手数料は取らない。総務省による携帯料金の国際比較(世界6都市調査)では、20ギガバイトの日本のプランが世界で最も高いと問題視されていた。

携帯料金を巡っては11月27日に武田良太総務相が「メインブランドの価格を下げてもらわないと、国民に実感をもってもらえない」と発言。格安ブランドでの対応にこだわるKDDIとソフトバンクをけん制した。ドコモは政府の意向に沿い、主力ブランドも含めた値下げへと踏み切る。利用上限が100ギガバイトで月額7650円としている次世代通信規格「5G」の料金プランも引き下げを検討する。


KDDI、ソフトバンクの追加値下げ焦点に
 NTTドコモが主力の「ドコモ」ブランドを含めた値下げに踏み切ることで、菅義偉政権が求めてきた携帯料金の引き下げ競争は新たな段階に入る。KDDI、ソフトバンクはドコモに先行してサブブランドで値下げを発表していたが、主力ブランドの料金見直しを含めた追加値下げを迫られそうだ。
 ドコモは国内携帯大手3社のなかで、値下げ策を公表していなかった。9月に発表したNTTによるドコモ完全子会社化の手続きが終わる11月下旬まで、収益を左右する施策を対外的に打ち出せなかったためだ。
 ドコモが身動きがとれないなか、ソフトバンクとKDDIは10月末にそれぞれサブブランド「ワイモバイル」と「UQモバイル」で、データ容量20ギガ(ギガは10億)バイトで4000円前後の新プランを導入すると公表した。値下げ策で先手を打った格好となった。
 ドコモも水面下では値下げ策の検討を始めていた。他社の動向を横目でみながら、あるドコモ幹部は「うちは思い切った施策をとる」と話していた。今回、ドコモが踏み切る値下げ策は、現時点で菅政権の要請にできる限り応じる内容になるとみられる。
 20ギガバイトでの割安料金は政府がこれまで求めていたものだ。欧米、韓国など各国と比べ、データ利用が大容量の料金プランが日本は高いと指摘していた。特に20ギガバイトの各国プランを取り出して比較し、値下げを促した。
 ただKDDI、ソフトバンクの2社のサブブランドでの値下げ策を巡っては、11月中旬以降、武田良太総務相が「全く意味が無い」と批判した。サブブランドで割安な新プランを出しても、別ブランドでは高額の乗り換え手数料がかかるとし、主力ブランド「au」「ソフトバンク」での値下げを求めた。
 政権が主力ブランドの値下げを強力に求め始めた矢先、ドコモが検討している施策はこうだ。20ギガバイトの新プランは別ブランドで出す見通しだが、乗り換え手数料は無料にするとみられる。さらにドコモは大手3社で初めて主力ブランドでの値下げ方針を表明する見込みだ。
 ドコモが踏み込んだ対応をとることで、KDDI、ソフトバンクは主力ブランドでの値下げ策を検討せざるを得ない。ドコモが検討している「20ギガバイトで3000円前後」の新プランは2社の新プランと比べ、安くなる見込みだ。サブブランドでの追加値下げも必要となる可能性がある。
 3社に対抗する携帯電話の「第4極」として4月に市場参入した楽天も対応を迫られそうだ。楽天はデータ使い放題の「無制限プラン」で2980円を打ち出し、利用者を集めてきた。単純比較できないが、ドコモの新プランは、楽天のプランと料金水準があまり変わらない見通しだ。
 後発の楽天は、競合に比べて携帯基地局が足りず、携帯の「つながりにくさ」が指摘される。ドコモの新プランに対抗し、どこまで顧客を拡大できるか不透明さが増しそうだ。


↑末尾ちと切れたが大勢に影響は無い。

KDDI等が謳う「公正公平」な競争ってなんなのかと。

弱者の理論「業界最大手には足枷嵌めてハンディキャップ付けさせろ」的な理屈は既に破綻、だってもう茸にサブブランド出来ちゃうしぃ

WiMAXは新幹線で使いものになりません!
WiMAX2だってあの東海道新幹線ですら一部圏外(関ヶ原付近etc.)ありあり!

ワーワー喚いてる割に企業努力が足りないと思います(苦笑)
(^。^)y-~
  1. URL |
  2. 2020/12/01(火) 07:10:08 |
  3. どこも族 #c/PM1KLI
  4. [ 編集]

結局のところ、NTTグループを拘束している二本柱であるところのNTT法とドミナント規制を見直すべき、
ということなのでしょうね。先代のKDDIの社長が「気持ちのいいキャッシュバックの水準」なんて舐めた発言を
したのも、「NTTグループからは仕掛けてこられない」って高を括っていたからこそ出たものでしょうし。
ほかにも、光ファイバーだって結局はNTT東西地域会社が光コラボを提供するまではKDDIもソフトバンクも
遅々として進まなかったわけですし。

言い換えると、KDDIやソフトバンクがフルライン通信業者であることを放棄して特定の領域だけで営業できるよう、
法制度を整備するのもいいのではないかと思っています。
  1. URL |
  2. 2020/12/01(火) 12:56:19 |
  3. 普段はROM専門 #mQop/nM.
  4. [ 編集]

過去にもこんな事・・・

な、なんでauのサイトで・・・
なにこれ
https://article.auone.jp/detail/1/3/6/162_6_r_20201201_1606791822491264

対抗意識丸出しだね(他人事)
  1. URL |
  2. 2020/12/01(火) 20:09:30 |
  3. どこも族 #c/PM1KLI
  4. [ 編集]

あの発言でKDDIという会社が自分達がどうやって携帯事業をやれているのかを全く理解してないなと怒りしか感じませんでした。今後の周波数の割り当てで厳しい事してもいいと思います。本当にふざけてますよね。

鈴さんのこの記事を見て少し溜飲が下がりましたがあの野郎は絶対に許さんぞとは思います(笑)

大臣の言い方もやんわり過ぎるのかも知れませんが、キャリア側は今まで何か言われても見せ方を変えるだけの小手先のやり方で誤魔化して来た訳で、今回は思いっきり殴っていいと思います。

国民の財産を使わせてもらってるんだという意識がない人間をトップに据えてるKDDIには何らかの制裁すらして欲しいと思います。
  1. URL |
  2. 2020/12/02(水) 22:55:50 |
  3. 空耳 #-
  4. [ 編集]

高橋氏はアチコチで光分離とかエヌテーテー云々を言い出してる(呆)

ASCII
https://ascii.jp/elem/000/004/035/4035895/

日経クロステック
https://xtech.nikkei.com/atcl/nxt/column/18/00134/112600241/

昔柔らかの禿げ茶瓶が光の道構想をぶちまけたのと、大きく変わらない

通信インフラ事業者としての自覚が足らんのとちゃいますか?

光ファイバーだろうが携帯基地局だろうが自前でコツコツ・・・

100円が120円でエヌテーテー「グループ」に利益が?
部分的にでも借りてる身でそんな発言するの?

議論云々以前にインフラ事業者としてやるべき事やってからだろうと
(^。^)y-~
  1. URL |
  2. 2020/12/03(木) 09:23:44 |
  3. どこも族 #c/PM1KLI
  4. [ 編集]

しかし、どの分野もジャーナリストと呼ばれる方々の質の下楽が激しい事…
助詞・接続詞が読めないのか?行間が読めないのか?
記者の中で「結論有りき」で話を聞いてるから、
自己都合の良い様に、話を切り取って並べ替えてるのかなぁ…
  1. URL |
  2. 2020/12/03(木) 11:38:15 |
  3. GIN #-
  4. [ 編集]

>NTT法とドミナント規制
これ、そろそろ河野大臣案件に上げて検討をするべきですよね。
KDDIはなんだかんだとトヨタまで絡んでいる巨大グループのくせにそんなこと言っちゃっているし、
ソ가バンクはソフトバンクグループとしてあれだけ世界3位がどうのと言っておきながら、
国内では「弱い立場にだー、NTTは巨大すぎるにだー」とか言ってますから。
だったら世界でどうのこうのという意見はおかしいってことになりますよね。
NTT&ドコモはやっと一つに戻って他社と同じステージに立たせてもらえた状況だと認識しております。
もう20年ぐらいはNTT&ドコモを縛り上げて制限をしてもらってきたんだから、
そろそろKDDIやソフトバンクは補助輪は必要ないでしょう。
まだ補助輪が欲しいなら、20年の優遇期間は何をしていたんだと400字詰め原稿用紙5枚程度でレポートするべきですね。



>キャリア側は今まで何か言われても見せ方を変えるだけの小手先のやり方で誤魔化して来た訳で、今回は思いっきり殴っていいと思います。
本当にそう思います。
もう小手先は効かない、本質的な変革が必要だと思えるキャリアかどうか、
今回の騒動でよおーーーく分かったかと思います。
NTTとKDDI・ソフトバンクに分かれて違いが明白ですね。



>高橋氏はアチコチで光分離とかエヌテーテー云々を言い出してる(呆)
よし、ではそれを叶えるためにはKDDIにも「元々のKDDの部分を切り離せ、話はそれからだ」と言ってやりたいですね。
自分達は固定・無線一体企業、ドコモだけ無線単体企業、且つ次世代技術開発で世界を引っ張るというハンデを
担ぎ続けろとかちょっとおかしいです。
こういった時代の移り変わりを理解できない社長にこそ政府は全力で実力行使してお灸をすえるべきだと思います。
考えが古すぎるんですよ。
NTTがドコモを抱え込んで値下げさせた方がよっぽど日本の未来を考えていると言えると思います。



>記者の中で「結論有りき」で話を聞いてるから、
>自己都合の良い様に、話を切り取って並べ替えてるのかなぁ…
ある意味マスメディアという力を得て、それが自分の力と勘違いして強力な力の使い方を個人の思想の流布に使っちゃう。
マスメディアで働く人たちが幼稚なんですよね。
ネタを探してくる能力だけではなく、理解して伝える部分の知性と、情報をいかに正しく伝えるかという意識の高さを
持った記者が本当に少ないのを実感します。
  1. URL |
  2. 2020/12/03(木) 13:45:52 |
  3. #GpEwlVdw
  4. [ 編集]

コメントの投稿(投稿時には必ず何らかの名前を付けてください)


管理者にだけ表示を許可する

(名前を入れないとクリックできません)

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://suzunone.fc2.net/tb.php/7901-12e4af21
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

機能リンク

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

ブログリンク

RSSフィード

QRコード

QR

月別アーカイブ



メールフォーム

お問い合わせ・ご質問はこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

suzunone.m(あっと)gmail.com に
直メでもOKです。