FC2ブログ

鈴の音情報局blog

携帯関連の将来や最新の技術情報や業界の行く末などを適当に綴るblogです。 内容の信憑性は?余り信じない方がいいと思います。
本家の鈴の音情報局はこちら→http://suzunone.0g0.jp:8800/
スマホ・携帯端末アクセス[ランキング][アクセスシェア(グラフ)] (毎年10/1にログをクリア)

取り敢えず掲示板。[suzunonejh.bbs.fc2.com(取り敢えず対策w)]

ついに日本でも大きく流行りだしたChromebook&Chome OS

先日記事にしたように私はChrome OSに非常に期待しています。

【Chrome OSの各メディアの記事】
「ChromebookでWindowsアプリを使う」がソフトで実現 もうChromebookで十分? ~ TechTargetジャパン
Windows PCのヘビーユーザーこそテレワークでChromebookを使うべき理由 ~ DIME
第3のPC「Chromebook」 格安&低スペックでも実力発揮 ~ NIKKEI STYLE
ハイエンドChromebookは何もかもが軽快! 「HP Chromebook x360 13c」レビュー ~ PC Watch
Google、古いPCをChromebookにするOS「CloudReady」のNeverwareを買収 ~ ITmedia NEWS
Chromebook対応ワコムのペンタブレットは、低予算でデジタルアートを楽しみたい人にピッタリかも! ~ Gizmodo
5万円以下から買える格安ノートPC「Chromebook」を選ぶ前に知りたい5つのポイント ~ 文春オンライン


【Chrome OSへの各社プリンタの対応】
Chromebook を初めてご利用の場合 > プリンタを設定する ~ Google
Google Cloud Printをご利用のお客さまへ ~ Canon
製品OS対応情報 ~ EPSON
各種OS 対応状況複写機/複合機>OS別対応状況>Google Chrome 対応状況 ~ RICOH
HP プリンタ - Chromebook からの印刷 ~ HP


ここにも書きましたけど、私は割と本気でWindowsに次ぐ第二のOSにChrome OSがくるなと感じております。
Mac OSは三位後退と。

上記のように既に色んな形で動き始めており、各種記事もプリンタなどの周辺機器の対応も去年あたりから
急速に進展している感じです。

アメリカでは普及は少しづつ進んではいましたが、日本ではなかなか認知すら進まない感じでした。
それが去年一気に広がってきたって感じですね。
通販サイトや店頭での存在感が急速に拡大しているんですよね。

性能を選ばず貧弱でも良くて叩き売りなものなら1万円~2万円程度からありますし、そこそこまともに使いたいなら
3万円~5万円程度のものを選べばまず困ることは無さそうですし、この叩き売りで買った人も少なくないと思います。

私は手持ちのPCでWindows 10の対応が1909で終了しそうなものがあり、その1909のサポートが2021年5月11日で
終了してしまうのです。そのPCにWindows Insider Programのものを入れて延命させるか、それともCloudReadyを
入れてChrome OS化してしまうか悩んでいる所です。もう半年ないですしね。
ちゃんと見ると2004が着弾していました。
これで年末までサポートが伸びましたな。


とは言え、やっぱり持ち運びにはChromebookそのものを購入した方が色々便利なんだろうなということも頭には
有ったり無かったり。出先でこのブログの記事を書くには・・・とか考えると、古いWindowsノートPCよりも、
安いのでいいからChromebook一台あった方が重宝しそうに思いますしね。
やっぱり用途として一番多いと思われるのは、PCでのウェブアクセス用途なんですよね。

スマホじゃそれなりの文章量になってくると辛いラインがどうしてもありますから、それをカバーする意味での
Chromebookですかね、私の主な用途なら。そのウェブアクセスにWindowsマシンである必要はありませんし、
Macを選ぶ理由も当然ありません。強いて言うなら充電の為のポートはUSBのType-Cであってほしいというだけです。

Chromebookを使いたいという理由は人それぞれあると思いますが、PCでのウェブアクセスという用途は
思いのほか多いような気がしています。

TeamsもZoomもChromebookでの使い方に対して解説ページを公開しており、割とオンライン上の色々は
もう数万円のChromebookだけでも事足りることも増えてきたかもと、特に年が明けていこう思わせられる
事が増えてきました。それまでは動かないアプリとか有るんじゃないの?とかちょっと面倒くさいことに
なるかもという考えが有ったのですが、今はそれをChromebookの為に周囲が乗り越えつつあるなと
感じさせられることが増えてきました。

もうChromebookを生かす為にダメだったものも色々対応してしまおうという動きの加速が見えてきました。
そうならざるを得ない位Chromebookが流行ってきているんだろうなと感じている所です。

今年は日本でのChromebookの飛躍の年、色々期待したいところです。

関連記事
  1. 2021/02/01(月) 00:38:58|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<ワクチンの順番、医療>店>パリピ>会社員・・・ | ホーム | Snapdragon870搭載スマホのコスパだけでなく、実売価格が他の特価の時のような安さで驚き>>

コメント

日本って流行始まるまでが遅いんだよな。
Bluetoothだって海外じゃすっかり定着しても、日本じゃなかなか入ってこなくて、やっと入ってきて定着した。
  1. URL |
  2. 2021/02/01(月) 13:06:11 |
  3. ZEN #22s72cIM
  4. [ 編集]

仕事で使えないと難しいのでは?と思いますがその辺いかがでしょうか。
法人向けは個人の倍以上の市場があるので、企業に普及しないとシェアは取れない思いますよ。
  1. URL |
  2. 2021/02/01(月) 19:15:56 |
  3. 3.1 #-
  4. [ 編集]

教育現場にがっつり納入されたようですね。これがきっかけで子供が家でも同じ物で学習出来るようにという親心が発揮されれば家庭にも普及するきっかけになったり?(笑)

今年は更に普及させる為の起爆剤が出て来ないかなと期待してます。それが何かはわかりませんが、意外な所から出て来るかも知れませんね。

使わずに普及しないかなと言ってるのも何なのでそろそろ買おうかな(笑)
  1. URL |
  2. 2021/02/01(月) 22:06:43 |
  3. 空耳 #-
  4. [ 編集]

>日本って流行始まるまでが遅いんだよな。
ホンこれ。
日本って島国の特性というか、新しいものをうまく取り入れるのは下手なんですよね。
そうしているうちに「世界でみんな使っていますよ」で一気に日本に入ってくる。
船飛込w

>企業に普及しないとシェアは取れない思いますよ。
Macのシェアが頭打ちなのと同じ理屈ですわな。
その辺りはマイクロソフトがエクセルとワードを整備してくれますし、企業によってはウェブアプリで独自アプリを作るところも出てくるでしょうし、
PCの台数を揃えるのに安く上げたい需要とうまく合致すればMacよりもはるかに企業に選ばれる余地があると思います。

>教育現場にがっつり納入されたようですね。これがきっかけで子供が家でも同じ物で学習出来るようにという親心が発揮されれば家庭にも普及するきっかけになったり?(笑)
それ。
もうそれしかない。
親が選ばなくとも子が選ぶ。
その内家にあるPCやMacに被せるシェル形態版のCloudReadyも出てきて、親のパソコンを子が使う時だけ
Chrome OS化出来るようにするんじゃないかと思っております。
  1. URL |
  2. 2021/02/02(火) 00:20:30 |
  3. #GpEwlVdw
  4. [ 編集]

> 企業に普及しないとシェアは取れない思いますよ。

Enterprise環境用にマネージド状態になる事で、
Parallels Desktopがインストール可能となり、
企業が設定した仮想環境でWindowsが動作可能なので、
結構業務用途としても使える様になってきていると思います。
# ブラウザ版やAndroidアプリ版のOfficeアプリじゃ互換性が...

しかも最近はWindowsアプリをhtml5化する事が出来るツールがあるので、
企業用途であればChromebookで良いじゃん。
と言うかトラブルが少ない分、Chromebookの方が良いじゃん。
ってなる可能性はかなりあると思います。

因みにWindowsアプリのhtml5化ですが、
私が評価したのは Ericom AccessNow と Thinfinity VirtualUI です。

前者はRemoteDeskop プロトコル(RDP)をhtml5に変換するツールで、
RemoteAppとして動作可能なアプリであれば、
アプリに手を加えること無くhtml5化可能です。


後者はアプリのソースに数行のコードを追加するだけで、
html5 化可能という技術的にかなり面白いものです。
ただし、私が評価したときは日本語入力がタコでしたので、
ちょっと評価しただけで止めてしまいましたが、
最近バージョンアップしたので改善されていると面白いなぁと。


確かどちらも RDP を html5 化するのは変わらなかったと思いましたが、
Microsoft に RemoteDesktop 関連のライセンス料を支うのがちょっと重い。
# RDS CALは約30,000円/ユーザ、RDS SALだと約600円/ユーザ/月(あと、もちろん Windows Server CAL も)
# SALの方が一時的な負担は少ないけど、オンプレなWindowsには導入できない orz

そう言えばその昔 Azure に RemoteApps というサービスがあったのですが、
これはかなり安価に Azure 上に Windows アプリ実行環境を揃えることが出来たのですが、
数年で無くなっちゃったんですよね。

代わりに提案されたのが Citrix XenApp Essentials なんだけど、
Azure RemoteApps と同程度のパフォーマンスを実現しようとすると、
数倍も高くなってしまうと言う orz

なるほど、RemoteApps 安く設定しすぎたんだ (笑)
  1. URL |
  2. 2021/02/02(火) 10:14:05 |
  3. 生ぴーまん #bnistvpo
  4. [ 編集]

いくら海外で流行っていると言っても、例外はあります。
たとえばハイブリッド車やCVTが挙げられるでしょう。
渋滞が多くて発進停止が頻繁な道路事情があるので、内燃機関よりも有利。ただしリサイクルまで視野に入れるとどうなるのやら。
CVTは海外では見捨てられている存在で、DCTへの切り替えを進めている現実はありますが、同じく渋滞が多いとシフトチェンジに備えてエンゲージリングしてる時間が長くなってクラッチディスクの消耗が進んで故障を早めてしまう。
少なくともDCTは日本の道路事情にアンマッチと言わざるを得ません。

※DCTとは、デュアルクラッチトランスミッションの略で、奇数ギアと偶数ギアで別々のクラッチを備えている変速機。
 奇数ギアがミートしている状態で次の偶数ギアは切り替え直前に半クラッチ状態。
 偶数ギアがミートすると次の奇数ギアへ切り替え直前は半クラッチになる。
 渋滞の場合は1速がミートしている時に2速が半クラッチ。止まると1速が半クラッチ。
 これを繰り返して常時半クラッチ状態が維持され、摩耗時間が長くなり故障を引き起こす。
  1. URL |
  2. 2021/02/14(日) 07:44:43 |
  3. ZEN #22s72cIM
  4. [ 編集]

コメントの投稿(投稿時には必ず何らかの名前を付けてください)


管理者にだけ表示を許可する

(名前を入れないとクリックできません)

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://suzunone.fc2.net/tb.php/7939-60b41e7a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

機能リンク

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

ブログリンク

RSSフィード

QRコード

QR

月別アーカイブ



メールフォーム

お問い合わせ・ご質問はこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

suzunone.m(あっと)gmail.com に
直メでもOKです。